お金がない時に心が安心する場所【クレジットカード,キャッシング,稼ぐ】

楽天カードが新規入会キャンペーンで8000p+1500p!!Yahoo! JAPANカードが10000pにアップ!リクルートカード限定10000p!ビックカメラSuicaカードが過去最高7000p!イオンカードセレクト6000p♪

ふるさと納税の家電製品で還元率を狙うならクレジットカードや電子マネーと徹底比較!1円でもお得にしよう!

f:id:tuieoyuc23:20190210165500p:plain

出典:ふるさと納税

ふるさと納税で家電製品で還元率は聞くところによると2019年で69%と言う噂があります!クレジットカードや電子マネーの還元率が良いかも知れません。

 

相当お得ですが、ふるさと納税の2019年6月改定をご存知でしょうか?

後の記事に記載しますが、還元率69%も見落としが悪いです。

 

ふるさとの納税で家電製品を狙う時、「お得じゃない!」とかならない様にクレジットカードと電子マネーの還元率も見ておきたいですね!

 

スポンサーリンク

 

 

 

1、ふるさと納税の家電製品の還元が不安ならクレジットカード

f:id:tuieoyuc23:20190210162553p:plain

出典:ふるさと納税

ふるさと納税の中には家電製品の返礼品もあり、2019年でも賑わっております。

住民税関係を理解しているなら家電製品も69%還元。

 

・ホットリベットの還元率は54%

IH商品としては、還元率も高く元々の4万円程度では手を出す気が起きません。

 

ふるさと納税品として入手するなら還元率が54%です。

計算すると相当お得で、家電製品も捨てたものではないです。

2019年のみ、6月に改定法案。

 

トラブルになる可能性もあるので、家電製品をふるさと納税する時は要注意。

 

1、ふるさと納税関連でトラブルが嫌な人はクレジットカード推奨

ふるさと納税関連でトラブルが嫌な人はクレジットカードの還元が推奨されます。

私はクレジットカード還元です。

ふるさと納税は完全にシカトして別の稼ぎに注力してます。

 

家電製品の還元率のみを考えるなら、0円になる事もあります。

私は非常に嫌なので、避けます。

 

「ちょっと微妙だな」と思う方は家電製品の還元率はスルーしましょう。

私は今年に限りスルーします。

12月の半ば頃に判断しようかな?と考えております。

 

tuieoyuc23.hatenablog.jp

 

tuieoyuc23.hatenablog.jp

 

上のクレジットカードだと例が違いますが、入会+使ってキャンペーンポイントであれば、実質の還元率は大幅にアップします!

 

f:id:tuieoyuc23:20190210164400p:plain

出典:PayPay

例えば最近コラボレーション中のPayPay。

最大5万円相当(20%)が戻ります。

 

時期によるキャンペーンで確定で20%戻った方がお得ではないでしょうか?

還元率69%もすごくメリットですが、6月改定以降に「該当しない」の商品になったら、最悪ですよね!

 

私なら家電製品を買うなら20%還元を狙い、更に新規入会をこなします!

改定後の7月~12月にゆっくりとふるさと納税でお得になる意気込みです♪

この様な見方も出来ますよね!

 

2、ふるさと納税の家電製品は還元率を抑えると逆にお得!

f:id:tuieoyuc23:20190210163508p:plain

出典:ビックカメラSuicaカード

仮に改定後、30%を超える家電製品に関してふるさと納税が出来ない場合、0円還元です。単純に買った事になってしまいます。

 

私の場合、クレジットカード還元やPayPayが今年は必要なのかな?と思います。

大体はふるさと納税の様に目を付けられると一気に還元額が減少。

トラブルに巻き込まれる、と記載する人がいましたが、正解でしょう。

 

もし、ならなかったとしても運が良いだけ。

すでに国会では「30%を超える商品、無視する自治団体は・・と言う、言葉。

なかなか厄介になったので、不安な人は2019年は6月以降が無難。

 

逆に新規入会キャンペーンを狙い、更に家電売り場で還元率を狙うと超お得。

今年だけであれば、1回は1回。

新規入会特典で超お得になると、年会費無料カードであればものすごいお得。

 

3、ふるさと納税の家電製品でお得終了か!?まとめ!

ふるさと納税でお得!はちょっと面倒になったので、毎年12月頃にゆっくりとやろうかな?と思い始めました!

 

私の意見に賛同かどうかは置いておき、SNS等で広めてしまって下さい。

12月では国も手出し出来ません。

12月下旬ですね。

 

1年の終わりなので、そこで確定されてしまいます。

年を越して改定と言う真似をすると散々言われそうですし、やらないでしょう。

 

最後の最後まで引っ張って12月に納税♪

去年はギリギリ10月で旅行券終了のお知らせがあったので、即やりました。

その後は知らないですが、正解でした!

 

2019年以降は「ふるさと納税に目を付けられた」と考えて別を見付けましょう♪

先取りした人が勝つ世の中!

私は早速、この様に確定情報で別のお得を見付けております!

 

決め兼ねる様な記事で申し訳ないですが、「あれ?」と思う方はよく考えてみて下さいね!博打覚悟で納税なんて、私には無理。

 

今年は6月以降にしよう!と

考える人も多いので、ぜひ参考にして下さいね!

 

スポンサーリンク