お金がない時に心が安心する場所【クレジットカード,キャッシング,稼ぐ】

楽天カードが新規入会キャンペーンで5000p!Yahoo! JAPANカードが10000pにアップ!リクルートカード限定10000p!ビックカメラSuicaカードが過去最高18000p!イオンカードセレクト6000p♪

ブラックカードは日本で6枚しか発行出来ない!本当に自慢出来るカードはどれか!?

f:id:tuieoyuc23:20190301213820j:plain

ブラックカードのランキングはありますが、実は日本では6枚程しか発行できないです。ブラックカード程なら海外に行く人が多いと思いますが、日本発行は数枚。

 

そこでここではブラックカードの6枚を解説しておこうと思います!

将来的に目指す方もいると思うので、その魅力と自慢出来るカードを明記。

 

スポンサーリンク

 

 

 

1、ブラックカードで日本国内で発行出来るカードはたった6枚!紹介

ブラックカードと言えば最上級ステータスのあるクレジットカードですが、その途方もない入会難易度や届く事のない領域は「人生の極め」と言う人もいます。

 

一般人の中では類稀なる「天才」のみが持つ事を許され、普通の人では入手に至らずに人生を終えます。

 

そうならない様に画像だけでも見て、「あやかり」を受けた方が未来に繋がるかも知れません。知識があるだけでもブラックカードに近いか?

 

1、アメックス・センチュリオン

f:id:tuieoyuc23:20190301193648p:plain

出典:アメックス・センチュリオン

アメックス・センチュリオンは入会だけで91万円の難易度があり、本当のお金持ちしか持つ事が出来ないカードです。

 

2019年の現在でもセレブ的な存在しか持つ事が出来ず、ブラックカードの中で世界最高峰のカードと言われています。

 

インビテーションの条件は不明で、年間1500万円とかある程度の位置にいないとダメだとか色々あるそうです。

 

身近なところではTwitterでインビテーションを受け取った人がいるらしく、本当に高い年会費や入会費を支払って入会するそうです。

 

特別なパターンしかインビテーションが来ないと言う事で不明とありますが、予想は出来ます。クレジットカードをよく知る人は「不明」「ハードルが高い」とありますが、どちらも正解です。

 

●インビテーション=全部同じです。

と言う考え方で大丈夫です。

 

恐らくの条件ですが、情報を整合すると下の様になります。

1、アメックス・カードのプラチナ以上を持つ

2、アメックス・カードの年間利用額が~以上

3、アメックスカードの保有年数が~年以上

4、事故・延滞等が一切ない

5、サービス等をよく利用する

6、必ずアメックスに頼る

 

下の方は微妙ですが、アメックス・センチュオンも「インビテーション制度」だけで予想が付きます。

 

要するにインビテーションと言うのがどの様な状態で来るのか?

と考えると簡単です。

ゴールドカードは普通カードを~年以上持つ、等で来ますね?

 

センチュリオンカードも一歩手前の共同会社ではない(セゾンはダメだと思います)アメックス自体のプラチナカード辺りを持つ事が第一条件でしょう。

 

大体は「この人はプラチナではもったいない」と判断された時、インビテーションです。私も別カードでインビテーションをもらった時、調べた時に以下の条件がありました。

 

1、年間利用額が1年以内に~万円以上

2、2年間保有して合計~円以上使う

 

保有と合計金額が関わっているインビテーションが多いのでアメックス・センチュリオンもそうだと判断出来ます。

 

当然ですが、アメックス・ゴールドでセンチュリオンが来る事はないでしょう。

一歩手前のカードでいよいよセンチュリオンだと予想出来ます。

 

2、ダイナースクラブカードのプレミアムカー

f:id:tuieoyuc23:20190301195438p:plain

出典:ダイナースクラブプレミアムカー

年会費10万円のブラックカードの中でアメックスと来たらダイナースもそうです。

順不同ですが、日本で発行出来る1枚ではあります。

 

ポイントやマイルが貯まりやすいらしいですが、「それは嫌」と言う人は選ばない方がいいでしょう。「ポイント重視とかなりそう」とか嫌ですよね!

 

ブラックカードのステータス性はあり、10万円の年会費でポイント還元率がいいって事で私的にはかなりいいです♪

 

個人的には庶民感覚でまず間違いないだろうな、と言うブラックカードです。

ただし、その逆の方はアメックス・センチュリオンの方が上です!

 

クレジットカードを良く知る人もポイント還元率においてブラックカードの中で狙い目の部類に入ると発言。

 

年間1000万円以上で年会費の元を取れるとの事。

最高峰のラグジュアリーカードとも言われます。

マイル付与率が2%で一般会社員が持つならこのカードらしいです。

 

「らしい」とか先程から多いですが、やはりポイント還元率を意識する人は一般的視点で年会費10万円、還元率共に一番現実的です。

 

ポイント還元率を普段から言う私の感覚は合っていた様です!

 

3、JCB・ザ・クラス

f:id:tuieoyuc23:20190301201955p:plain

出典:JCB・ザ・クラス

JCB・ザ・クラスはJCBカードの最高峰のカードですので、JCBの最後を目指す人はこのカードでいかがでしょうか?

 

ブラックカードと言う括りはないそうですが、JCB・ザ・プラチナ、JCBゴールドと言うのが他にあるので、ブラックカードだと思います。

 

年会費5万円でブラックカードの中では年会費が安いです!

JCBゴールドとJCBプラチナ の履歴を磨くと入手出来る審査基準があります。

前に記載した事がありますね!

 

JCBゴールドは女性人気もあり、男性が目指すには最高に良いカードでしょう。

個人的にはJCB・ザ・クラスはなかなかです。

JCBゴールドは分からないです。

 

このカードは「JCB」の名前の通り日本の様な気配ですよね!

何と本当に日本が発行する国際ブランドで東京ディズニーリゾートUSJの優待です!

日本人であれば、惹かれるカードではないでしょうか?

 

実はJCB・ザ・クラスの優待であるディズニーランドの隠しレストランのCiub33は夢を見る人が多く、入手を密かに狙う人も多いそうですよ。

 

4、スルガ銀行のカード、SBIワールドマスター、LUXURYCARD

他に3枚ありますが、3位までを紹介致しました。

ランキング的には違う部分もあると思いますが、残りは3枚。

 

目指す人が多いカードを選出した方が分かりやすいでしょう。

どんな時もJCB・ザ・クラス、センチュリオンダイナースと入ります。

 

入手したい人はぜひ調べてみて下さい。

 

2、ブラックカードを比較!おすすめの1枚はどれか?

さすがに1枚しか発行予定になかなか組み込めないブラックカードだと思いますが、sの中で失敗はしたくないはず。

 

私の選出したブラックカードも注目を浴びるカードですが、本当にそうなのか?

と比較してみました!

 

1、年会費では2万円~40万円程の幅があり、同じではない

ブラックカードと言っても、中身を比較すると年会費だけで大きく変化します。

一番高いブラックカードとなると91万円の初年度費用が掛かります。

 

一番安いとポルシェカードの2万2千円くらいです。

上位に君臨するアメックス・センチュリオン等は91万円の初年度費用です。

アメックスが40万円のカードです。

 

年会費的に考えて、出費を抑えたい場合は年会費もしっかりと比較した方が良いです。

比較しないとその差は90万円程になります!

 

2、ポイント還元率

ポイント還元率で一番良いとされるのがダイナースクラブカードです。

ビジネスや法人の方は「ビジネスカード」「法人カード」が優先でしょう。

 

会社のビジネスに合わせた還元率やサービスがメリットが利くと思います。

残念な事に夢のブラックカードでも還元率は3%程度が限度です。

年会費が30万円掛かる時、1000万円以上を一括で支払い、ようやく30万円。

 

年会費無料で支払えるなら1000万円で10万円。

これでもまだ年会費無料の1%の方が強いです。

サービス内容は抜きますね!

 

1000万円では年会費が限りなく低いカードで払えた方がお得になってしまいます。

ポイント還元率はブラックカードに求めない方が良さそうです。

「取り戻す」と言いますが私の考えは逆です。

 

1、年会費30万円払う=30万円の損から始まる

2、1000万円で取り戻す=ようやく0円

3、年会費無料の1%は最初が0円

4、1000万円支払うと=10万円プラス!

 

この様に本当にお金持ちで1億程度を支払うなら限度額の問題もありますので、ブラックカードの方が遥かにお得です。

 

ただし、私の様な一般庶民がバラバラに100万円を12ヶ月連続で使う程度なら0円からプラスして12万円のお得です。

 

例えばの例を出します。

 

1200万円程度だと200万円分のプラスしか3%に働きません。

12万ポイントと比較して、6万ポイントです。

1200万円の場合、半分も損してしまいます。

 

使う金額、使うお店によりポイント還元率はずれると普段から記載しますが、これが良い証拠ですね。1200万円程度の年間支出なら(月間100万円)年会費無料の方がお得、となりますね!

 

あまり求めない方が良いですし、ブラックカードの還元率は2%程度が多いです。

3%は楽天ブラックカードなので、センチュリオンの様な人気カードではないのです。

諦めましょう。

 

ポイント還元率についてあまり記載する気がないです。

ブラックカードは別のところにメリットがありますよ!

 

3、付帯サービス

ブラックカード毎に付帯サービスは大幅に変化しますが、本当にすごいのがブラックカードってだけで付帯サービスが使えない程ある事です。

 

一番簡単な言い方が「全部ある」と思っていい事です。

ここまで来ればデスクのサービス対応がいいとか、昔から使っているとか、気に入っている人がいるとか、別視点になります。

 

グダグダ記載する事もありますが、本当はブラックカードの付帯サービスは全部惜しいのです。全部あれば一番良いって事ですね。

 

全部欲しいくらいです。

しかし私は庶民なので、全部を持つととんでもない年会費になります。

とても無理です。

 

どれを選んでも付帯サービスで損はないでしょう。

 

●サプライズな個人的な相談に乗ってくれる!

●365日いつでもお祝いをサプライズ!

●メンバー専用のギフトセレクション

●~コースで家族サービスが優雅

●何も言わず全員の態度が変化

●VIP対応

 

「VIPって未だにあるんだ」と言う感覚になるブラックカードですが、世界が違う様に感じるでしょう。

 

今までは家に帰って歯を磨いてと言う日常だと思います。

お祝い事に悩み「今日どうしようかな?」と言う満喫です。

 

しかし、ブラックカードを持つと使い方にもよりますがVIP対応が多くなります。

オリンピックの試合チケットは優先どころか特別席。

夕食ではなくディナー、テーマパークもVIP対応。

 

レストランも違う、レストランの席すら違うと言う対応です。

本当に未だに存在するので、急に「レッサーパンダが近くで見たい」と言うとサプライズで目の前に持って来ると言うサービスと考えると良いでしょう。

 

当然ですが、悪い事と言うより「いえ、当然ですよ」と笑顔で言われます。

態度も横柄な人はいません。

全員があなたを見る目が違う、と言う感覚で間違いないです。

 

4、空港ラウンジ

空港ラウンジもブラックカードとなると一味も二味も違います。

最上級カードなので、空港ラウンジのVIP待遇はもちろんですが、拠点も違います。

 

4つとか5つではなく、ほぼ全部です。

「大体は大丈夫だな」と言うイメージに変わると思います。

空港ラウンジはここまで来れば使う場所、と言うよりいかに数を揃えるかの方が大事か。

 

ブラックカードでも全部とは行かないので、数枚必要になるかも知れません。

空港ラウンジがなかったら追加です。

1枚、2枚、3枚と揃うはずですね!

 

5、ブラックカードを2枚、3枚持つメリット

ブラックカードは1枚で十分と言う訳ではないのです。

2枚目で先程の際の通り空港ラウンジを埋める、サービスを多くする等で問題ないです。

 

ポイント還元率のカードを持っていれば更に使いこなす事が出来るでしょう。

「カード1枚で全部」は今のところありません。

 

1、ポイント還元率

2、空港ラウンジ

3、サービス内容

 

これで2枚目や3枚目が決まる事でしょう。

年会費が気にならないなら、ブラックカードを2枚、3枚持つ意味もあります。

 

サービス内容が世界各国に一気に広がるので最後の言葉になります。

「クレジットカードで出来る事の限界」

です。

 

こうなれば、もはやクレジットカードを極めたと思って良いのではないでしょうか。

私は庶民なので、ポイント還元率は気にすると思います。

出来れば年会費を取り戻しつつ、損のない様にしたいですね!

 

3、ブラックカードは日本で6枚しか発行出来ない!まとめ!

ブラックカードの種類が6枚と言う訳ではないですが、日本で発行出来るブラックカードのなかなか上位3つで感じです。

 

ダイナース、アメックス、JCB・ザ・クラスでほぼ十分です。

後はVISA、Mastercardがないですが、海外です。

ラグジュアリーカードがやはり金属製のカードで人気を集めている気配もあります。

 

将来的にブラックカードを発行するには一歩手前しか方法がありません。

JCB・ザ・クラスはゴールドでもいいのですが、プラチナの方が有利です。

基本は一歩手前のカードでインビテーションの条件を見て、挑戦しましょう!

 

いつかあなたにブラックカードを。

 

スポンサーリンク