お金がない時に心が安心する場所【クレジットカード,キャッシング,稼ぐ】

楽天カードが新規入会キャンペーンで8000p+1500p!!Yahoo! JAPANカードが10000pにアップ!リクルートカード限定10000p!ビックカメラSuicaカードが過去最高7000p!イオンカードセレクト6000p♪

ブラックカードの保有率など「興味ない」だって・・・?実はカードを意識するのは庶民の証拠だった!

f:id:tuieoyuc23:20190303204611j:plain

ブラックカード保有率はどのくらいだろうか?と言う疑問はありますね。

まず最初にブラックカード保有率を気にするのは庶民の証拠と言われます。

 

実際、ラグジュアリーカードとかアメックス・ゴールドとかお金持ちがカードの種類など気にしている様子がまるでないです。

 

1.クレジットカードは便利なもの

2、クレジットカードはあって当然のもの

3、中身とかあるのか?

 

と言うのが本当のお金持ちと言います。

ブラックカードだからモテると言う伝説を信じ、確かめてみました!

 

スポンサーリンク

 

 

 

1、ブラックカード保有率は庶民しか調べない

f:id:tuieoyuc23:20190303204600j:plain

ブラックカードを持てばこの様な人にモテても仕方ない!

上の画像の様にあなたを見る目が違くなる!

そう信じた結果、庶民しか興味を示さない事実を発見。

 

結論では1、4%と統計結果があるそうです。

一般カード保有率が90%程度なので、ゴールドカードは残りでしょう。

やはりブラックカード保有率は非常に低く、まだまだ狭き門です。

 

保有率が低い=持っている人は少ないと言う事になりますね。

お金持ちの証拠の一つではないでしょうか?

 

・・・・と言いたいのですがお金持ちはブラックカードやプラチナカードの種類すら知らないと言う事実です。

 

庶民しかカード保有率など興味はなく、ブラックカードを始めから持つ様な人間でないとモテないのかも知れません。

 

2、ブラックカード保有率的に自分が持つ確率を計算!

f:id:tuieoyuc23:20190303205248j:plain

「いつか見る世界だろう」と自分に言い聞かせ保有率1、4%なら可能性はあるのではないか?と思い、保有している人のお金を計算しました。

 

審査は謎=年収など関係なく、意外に方法があるのではないか?

そう思います。

実際、ゴールドカードはインビテーション祭りです。

 

ダイナースクラブカードも昔はすごかったのですが、今は専業主婦が通るカード。

と言う事はですよ?

 

ブラックカードも年収300万円で行けるのではないか?」

こう思いますよね。

 

ブラックカードの平均年収は1000万円~2000万円

・年間利用額600万円以上

・月間100万円以上自由に使えるお金がある

 

これを計算するに年収300万円の人が4人必要です。

 

シェアハウスでお金を1人に渡し、「君はブラックカードを持つべきだ!」と言う友人を集める事で可能な計算です。楽勝ですね!

 

所詮は個人。

集まればいいのです。

こういう方法を使えばブラックカードの年会費で2ヶ月吹っ飛ぶ訳です。

 

冗談はさておき、1、4%の年収率で保有率を逆算します。

大体、「地球に3回か4回生まれれば或るいは」くらいでしょうか?

それでも無理ではないか?

 

確かに人生終える時の保有資産でもう一度人生を繰り返し

資産を貯め続け、とりあえず無理やり発行です。

これで2度目ですね。

 

3度目の正直で資産で食い繋ぎ、3度目の人生でお金を貯める勉強はなっているはず。

もうほぼ失敗はなはずです。

 

1度目を犠牲に2度目、3度目でそのままの知識でとうとうブラックカードを「普通に」保有出来ます。

 

ここまでやれば誰でもブラックカードが持てますね!

これはいよいよ1、4%も100%の確率です。

・・・・何を言っているのでしょうか?

 

3、ブラックカード保有率に本気で入りたいなら、未来のお金を計算!まとめ!

最後にまともな計算を言います。

ある程度の情報はインターネット上にあります。

その上で「招待」以外でほぼ無理なブラックカード保有率に入る方法はあります。

 

1、年収~円で年間で何円貯まっているか?

2、「今」のまま、月間100万円使える様になるのか?

 

破産の道も入ってしまいますが、変な気は起こさない方がいいです。

会社員で3億~5億が22歳~年金を入れてです。

 

これで月間100万円使うにはかなり無理があります。

興味があれば計算してブラックカード保有者になって下さいね!

 

スポンサーリンク