お金がない時に心が安心する場所【クレジットカード,キャッシング,稼ぐ】

楽天カードが7000pに緊急アップ!2018年12月17日(月)10:00まで!7日間限定上昇!最後かも!yahooカードが10000pにアップ!リクルートカード限定8000p!記事更新情報:新記事毎日:ビックカメラSuicaカードが過去最高8000p!イオンカードセレクト8000pに上昇中♪

ネットショッピングでお得なクレジットカード6選!通販やお買い物でポイント獲得!

f:id:tuieoyuc23:20181009181427j:plain

ネットショッピングでお得なクレジットカードは様々にありますが、基本はポイントアップモールを使う事が前提です。

 

REXカードやオリコカードが良いとされますが、還元率を極めるのも至難の業です。還元率を極めたい場合は、「TheGoal」さんがいるので、そちらを。

 

私の方では簡単に還元率をUPできる手法を記載します。

もちろん、年3万円節約の実力があって、の事です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

1、ポイントアップモールはネットショッピングの基本的なお得

f:id:tuieoyuc23:20181009161359p:plain

「はじめてのクレジットカード」様でもありますようにとっくにご存知かと思いますが、ポイントアップモールは基本還元率を爆発的に上げます♪

 

やる事は単純です。人気のオリコカードで行きましょう。

1、オリコカードを発行

2、専用のオリコモールを経由

3、普通に決済

 

これでクレジットカードポイント、オリコモールのポイントが入ります。ストアポイントも入ればトリプルポイントです。

 

どのカードがどの還元率になっており、最大15倍と最大25倍なら最大25倍の方が良い、と言う簡単な考え方は通用しません。

 

理由は「お店による」からです。オリコモールでは扱っていないお店が「最大25倍」のお店になっている事があり、簡単に記載できません。

 

ここは実際に各ポイントアップモールで見てもらい、カードを決めて下さい。

ネットショッピングでお得になるにはまず、使うお店検討です♪

 

WEB上では、「複数枚持つ方がお得」「還元率重視」の方がお得であると記載。

確かに複数枚持ち「固定費はこれ」「ネットショップは・・」の方がお得です。

 

例を挙げると、REXカードが固定費がいいです。ですが、ネットショッピングの還元率を見るとまた違う、このイメージです。

 

どっちもお得になるには、2つ必要です。「どちらか」って事は出来ないのが、現在のクレジットカード市場です。

 

通販で最大にお得になるには、間違いなく比較の上で複数枚必要。こうなります。

 

2、楽天カード

f:id:tuieoyuc23:20181009162308p:plain

出典:楽天カード

楽天カードは基本的に楽天サービスを利用しないとお得にならず、ネットショッピングにおいては微妙との声もあります。

f:id:tuieoyuc23:20181009162901p:plain

私は微妙カードと言われても普通に節約出来ていますし、年会費無料なので現金の損失もありません。

 

カード料金は楽天ポイントで支払える様になり、現金が減らないのがすごいお得です。

はっきり言えば、楽天市場は別カードの方がいいと言われますが、私は特に、です。

 

普段から使うと言うのであれば、オリコカードの方がネットショッピングは還元率が良く、最強と言われます。

 

通販好きであれば、オリコカードの年間利用額を超えるはずなので問題ないです。

 

もし、「年にそこまで楽天市場利用しない」のなら、1p=1円で使えて、利用料金を楽天スーパーポイントで支払う方がお得です。

 

何故かと言えば、実際に年3万円節約出来たからです。逆にオリコカードは年500円=5万円消費しないと最低換金額に到達しません。

 

499円でも「何も還元しなかった」事になります。ネットショッピング&普段のお買い物で5万円利用前提で作って下さい。

 

私はカード支払いを楽天スーパーポイントに充当しています。現金消費を抑えると色々と優位性が出ます。

 

tuieoyuc23.hatenablog.jp

 

楽天カード新規入会キャンペーンのお申し込みはこちら

 

2、オリコカード

f:id:tuieoyuc23:20181009163720p:plain

出典:オリコカード

オリコカードはネットショッピングでAmazonがお得になるカードで、2、0%の還元率を誇ります。

 

私は今のところ、AmazonユーザーであればAmazonクラシックカードをおススメ。

年1回の利用で年会費無料。更に使い慣れたAmazonのカードです。

「換金」の事も含めて1年に1回500円でも使えばOK。

 

年1回の利用で年会費無料になります。更に1p=1円でAmazonポイントでいつでも利用可能。

 

 使い勝手は抜群で、1、5%還元。プライム会員なら2、0%還元です。オリコカードより、Amazonクラシックカードの方が分かりやすいと言う面ではおススメ!

 

年5万円以上をバンバン使うと言うのであれば、通販やネットショッピングではオリコカードがおススメです。

 

基本的にポイント還元を意識せず、パッと交換できる1p=1円は利便性が高く、節約に向きます。

 

コツコツ使う事で一度は1000万円に到達したので、結果は十分です♪

「1p=1円も悪くない」「年会費無料も悪くない」そう思いませんか?

 

3、Yahoo!JAPANカード

f:id:tuieoyuc23:20181009164443p:plain

出典:Yahoo!JAPANカード

私もTポイントは大好きで、子供の時からある制度なので認知度も高いです。画像では、8000pってなってますが、週末限定で1万ポイントです♪

 

Yahoo!ショッピングでは、最大17倍になる制度を取り入れており、かなりお得です。賢人によると、「オリコカードの方がいい」と言われますが、こちらもTポイント制度で1p=1円で使えます。

 

最初の入会ポイントも含めて、楽天カード同様即お得になるカードです。

ネットショッピングの還元率的にはオリコカードの勝利。

しかし、1p=1円で節約した時、なかなかの効果を発揮。

 

1年間絶対無駄にならないTポイント、1p=1円で使えて利便性が高い。

これはTポイントの絶対的な優位性だと思われます。

 

tuieoyuc23.hatenablog.jp

 

実際にnanacoチャージも出来ますし、還元率はどこで使っても1%。

もらったポイントが1pでもすぐ使えます。

これが大きいですね!

 

私はお金に本気で困った時、いかに年会費無料が節約出来て1p=1円で使える大きさを知りました。そのためもあって、1000万円まで貯める事が出来ました!

 

これからもTポイント&楽天ポイントは確実にお得!こう言えるでしょう。

 

Yahoo! JAPANカード のお申し込みはこちら

 

4、VIASOカード

f:id:tuieoyuc23:20181009170734p:plain

出典:VIASOカード

私が個人的に「惜しいな・・・」と思っているカードがVIASOカードです。

簡単に言うと、ポイントバックではなく現金キャッシュバックです。

 

年間利用額20万円以上、月額にすると2万円弱を利用する時のみ適用カード。

これが100円でキャッシュバックなら超おススメしたかったです。

 

f:id:tuieoyuc23:20181009170932p:plain

出典:VIASOカード

ネットショッピングは公式だけ見ると、微妙な還元率ですが中身を見ると0、5%~最大10%還元になるカードです。

 

ネットショッピングを利用する方にとって現金キャッシュバックは嬉しいです。

ただ、別の方も言う様に年間20万円がネックです。

 

「ポイント制度が分からない」方におススメしたいのですが、年間20万円がネックでどうしてもあと一歩なのです。

 

ポイントも現金も好きな私ですが、今一歩なのがVIASOカード。しかも、2年、3年貯められる訳ではなく、「1年間で」と言うのもデメリット。

 

現金キャッシュバックの数少ないカードなのですが、利便性的には実質現金消費のない「楽天カード楽天スーパーポイント払い」で十分になってしまいます。

 

tuieoyuc23.hatenablog.jp

 

VIASOカードの唯一の優位性である現金キャッシュバックが楽天カードのポイント払いが出来る様になった事で微妙に。

 

私的にはVIASOカードは1年に1回、キャッシュバックされるお得感と楽しみがあると言えばありますが、どうしても楽天カードの実質現金消費抑えが目移りします。

 

還元率もさほど高くなく、楽天カードを利用していて、年間3万円節約出来た事も含めて、楽天カードがおススメとなってしまいます。

 

「あと一歩」と言うところのカードなのですが、残念ながら楽天カードをおススメ致します。

 

楽天カード新規入会キャンペーンのお申し込みはこちら

 

5、Amazonマスターカードクラシック

f:id:tuieoyuc23:20181009172324p:plain

出典:Amazonマスターカードクラシック

AamzonマスターカードクラシックはAmazonユーザー向けのカードです。私の知人も使っているカードで、Amazonポイント」の導入以降、利便性が格段に上がったカードです。

 

「オリコカード」の欄でも記載しましたが、1p=1円で使えるのが非常にいいです。

実際、Amazonプライム会員であれば、還元率は2、0%です。

Amazonのみを使うネットショッピングであれば確定的にお得です。

 

出来ればプライム会員で2、0%にしたいです。基本は1、5%なので、0、5%分、オリコカードの方が優位性があります。

 

オリコカードの場合はAmazonで年2万5千円で済みます。ここはオリコカードの最低換金額に依存しています。

 

私が何故、Amazonマスターカードクラシックをおススメするかと言うと、突然オリコカードの方で2、0%が無くなりました、とか年2万5千円を計算するのが面倒、とか意見があります。

 

最終的に1年に1回使う事で年会費無料のAmazonマスターカードクラシック、更に1p=1円で使えるAmazonポイント制度。

 

ポイント交換や「無くなる心配」もないので、無難にAmazonマスターカードクラシックでいいと思われます。

 

「いや!それは違う!オリコカードだ!」と言う方はオリコカードで500ポイント以上の最低換金額を狙ってみて下さい♪

 

上手く利用出来れば、「オリコモール」も含めてお得です。やはり、いつも通りクレジットカードは「使い方」による訳です。

 

6、dカード

f:id:tuieoyuc23:20181009173321p:plain

dカードは、ポイントUPモールがあり、単純にamazonの還元率は1、5倍になります。

 

ファッションの場合はポイント5倍になるので、docomo携帯を持つ方はdカードゴールドも含めて相当お得になるはずです。

 

他に楽天トラベルで1、5倍、楽天市場1、5倍とdocomoの方はぜひ知っておきたいのがdカードのポイントUPモールです。

 

「基本的に経由するだけ」のお得は慣れると簡単に出来ます。

1、dカードを持つ

2、dカードポイントUPモールにアクセス!

3、経由していつも通りショッピング!

4、dカードポイントとポイントモールポイントゲット!

 

f:id:tuieoyuc23:20181009173804p:plain

dカードポイントアップモールの基本的な考えは上の様になります。

 

もしも最大10、5倍になるショップがdカードポイントUPモールにあり、dカードポイントUPモール経由で決済しなかったとします。

 

すると。

 

使わない場合

1、dカードで1万円利用して100pゲット!(1%還元)

 

使う場合(経由する場合)

1、10.5倍還元なら1万円利用して1050pゲット!

 

こうなります。画像の説明をしただけですが、イメージは付いたでしょうか?

簡単ですね♪

 

この様にポイントUPモールは還元率を大幅に上げる事が可能です。一般的にショッピングすると言うのであれば、ポイントUPモールでほぼ確実です。

 

「ほぼ」と言うのは「稼げるサイト」がありまして、「ほぼ」になります。記事に関係ないので、スルーします。

 

結果的にポイントUPモールがあるクレジットカードはお得が満載ですが、基本還元率、ポイントUPモールを含めて考えるととてもお得にお買い物が出来ます。

 

ネットショッピング好きであるなら覚えておいて損しません。

ここまででカード紹介は終了です。

 

7、各ネットショッピングで本当にお得になるには?期待して下さい♪

ネットショッピングはポイントUPモールが重要。ここはいいです。

理解すると相当にお得になるので、少し難しく行きます。

 

同商品の場合

1、Amazonで1000円

2、楽天市場で1200円

3、Yahooショッピングで1100円

 

この時、Amazonでオリコカードで支払うのが正しい方法です。カードの中身、年会費、年2万5千円を使う前提ですが、還元率的には合っています。

 

では次はどうでしょうか?

もし、「楽天市場」のポイントが25倍だった場合、計算がごちゃごちゃになります。

 

その上、上の様な金額である場合はいいですが、2000円クーポンが使える金額であぅた場合、単純に「クーポン」で引いた方がお得です。

 

お分かりになりますか?何故かと言えば、「還元」よりクーポンの方がお得な場合があります。大体は併用出来るので、注意点を見れば問題ないです。

 

しかも楽天スーパーポイントはカード料金に充当できるため、「楽天カード」で支払うと超お得になる事もあります。

 

しかし、この世には「稼げるサイト」が存在します。

前に下の様なパターンがありました。

 

1、Amazonで1000円

2、楽天市場で1200円

3、Yahoo!で1100円

4、あるサイトで1500円

 

あるサイトが問題で、1500円使った時、キャッシュバック率が半分だった事があります。要するに還元率2、0%などどうでもいい事になります。

 

商品自体が実質750円になります。しかし、払っている金額が1500円なので、クレジットポイントはしっかり1500円分で1%還元でした。

 

とてつもない還元率を叩き出して「お得」の形は1つではない事を学びました。

還元率は何と51%です。

同商品でも「買う」と「還元する」では話しが違います。

 

ネットショッピングを極めるならこれはぜひ覚えておきたいところです。

クレジットカードの還元率などどうでもいい瞬間ですね。

 

スポンサーリンク