お金がない時に心が安心する場所【クレジットカード、キャッシング、稼ぐ】

お金がない・・・どうしよう。から脱出したいなら役立つはずです。お金に関する安心を求めるならここしかない!行動を起こすなら今しかチャンスはない!

審査に通らない理由は何?キャッシングの対策とテクニック

審査に通らない理由は何?キャッシングの対策とテクニック

 

キャッシング審査に通らない理由は一体何なのか?

対策やテクニックが必要なのか?

 

もちろん理由はあるはずです。しかし、分からないのが

普通の考えです。下記一覧に果たしてあなたが

審査に通らない理由はあるのか?

 

今回はこれについて一覧記事にしてあります。

 

キャッシング審査に通らない理由は下記のどれか!

 【意外と頭に浮かばない理由】

・虚偽の理由や申告内容を記載している

・居住年数が少ない

・賃貸物件に住んでいる

・リボ払いを使っている

・現住所が身分証明書と違う

・印鑑が違かった(以前と違う印鑑で押している)

ブラックリスト(金融事故)に載っている

 

【誰でも引っ掛かる程度の理由】

・勤続年数が短い

・年収が低い

・雇用形態が安定していない

・カードを多く持っている

・家族構成に問題がある

 

【覚えていても意味があるのか?と勘違いしがちな理由】

・過去に返済遅延がある

・自己破産や任意整理などの債務整理を行った

 

実はある程度の預金があれば例外的にクレジットカードの

審査に通るなど昨今の時代では無職でも大丈夫な方向に

移り変わっています。

 

実際にデビットカードは審査に通ります。(証明済み)

それ以外のカードでも、と言う話しの様です。

 

「お金があるのに審査に通らないなんてあり得ない」

 と言った人でもいるのでしょうか?

 

今回はクレジットカードではないので話しは省きますが

上記に挙げたキャッシング審査に通らない理由は実は

カードと同じ様な審査です。

 

キャッシング審査に通らないと言うのであれば、

必要ならクレジットカードの審査方法も見て

下さい。

 

大体が信用で通るのがこの2つなので、知らない

知識があるかも知れません。

 

下記に記載する事は理由の一つ一つです。

本当の事を言うなら無職でも資産が1000万円

ある人、無色でも貯金が2000万円ある人なら話しは別なのです。

 

例えブラックに載った、カードを複数持っている

居住形態がしょっちゅう変わる人でも資産や貯金

が5000万円の人と50万円の人では立場が違うのです。

 

そこは、覚えておいて下さい。

 

虚偽の理由や申告内容を記載している】

虚偽の理由と言えば、一番最初にお金(年収)次に

今までいた職業を書く事が当てはまります。

 

「カード会社は騙した罪」に問われ、法律で罰せられます。

これは間違いありません。一応、法学を学んでいるので

信用して下さいね。

 

記載する欄には借金があるならきちんと説明する事です。

もちろん、借り入れ会社が複数あるならそれも記載

するのです。

 

お金を借りる時にシミュレーションがありますが、

10社から借りていても、審査に通る場合もあります。

きちんと記載しましょう。

 

居住年数が少ない】

明らかに住居の移動が多い人は信用に値しません。

何か問題がある、借金から逃げているなどが

疑われる訳です。