読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金がない時に心が安心する場所【クレジットカード、キャッシング、稼ぐ】

お金がない・・・どうしよう。から脱出したいなら役立つはずです。お金に関する安心を求めるならここしかない!行動を起こすなら今しかチャンスはない!

キャッシングとは?カードローンの違いなど18項目で解説

キャッシングとは?カードローンの違いなど18項目で解説

 

キャッシングとはお金を借りる事です。厳密に言えば色々な種類がありますが、

「キャッシング=お金を借りる事」の意味になります。

 

【目次】

スマートフォン、パソコン(PC)でも手続き可能

・何種類のキャッシング方法があるのか?

消費者金融でキャッシングする

消費者金融のメリット

消費者金融のデメリット

・ATMより手数料がお得とは?

・銀行でキャッシングする

・銀行でキャッシングするメリット

・銀行でキャッシングするデメリット

・クレジットカードでキャッシングする

・キャッシングとカードローンの違い

・有名企業の返済方式

・キャッシングするための審査

・キャッシング審査が甘い場所と通りやすい場所

・結局、何で大手企業が審査が甘いと言えるのか?

・コールセンターなどサポート体制も豊富で安心できる

・キャッシングする際の注意点

・利子計算と月率、年率についての簡単説明

 

クレジットカードやキャッシュカードを利用して、消費者金融やATMから

お金を借りる事ができます。

 

スマートフォン、パソコン(PC)でも手続き可能】

ここに記載してある事はスマートフォンでもパソコンでもOKです。最近では

多くのキャッシング会社から借りている人が管理が大変になる人もいます。

 

しかし、その管理もスマートフォンからでもパソコンからでもOKです。

外出中でも家でも審査から管理まで何とかなるのが今の時代です。

 

 

iPhoneAndroidに対応していない場所もありますが、ウェブ完結する企業も多い

です。(ウェブ完結とは店に行かなくても借りる事から返済までできる事)

 

スマートフォンでも各インターネットサイトでモビットアコムが押されています。

ここでも大手企業が強いのです。

 

【何種類のキャッシング方法があるのか?】下記に簡単にまとめてみました。

消費者金融から借りる方法(アコム、プロミス、モビット等)

・銀行からのキャッシング(カードローンとも言います。)

・クレジットカードのキャッシング枠で借りる

 

他に借りる場所はありますが、主に上の方法が一般的です。もちろん、友人から

お金を借りる事や企業が融資してもらう事はキャッシングとは言いません。

 

個人が消費者金融、クレジットカード、銀行から借りる場合、キャッシングと

言います。下記に詳しく説明しますが、まずは簡単解説からいきます。

 

キャッシングは3つの種類に大きく分けられ、利用次第でお得になる

 【消費者金融でキャッシングする】

大手消費者金融であるプロミスやアコムモビットとは言っても抵抗がある人も

いるでしょう。しかし、昨今の時代、実はATMから引き出すよりも手数料分

お得になる場合もあります。※1下記に掲載。

 

利息とは・・・一万円借りたら借りた日付に応じてお金をプラスして返さないと

       いけません。これは、どの企業もそうなのですが利息「10%」など

       と書いてある場合、かぎかっこの部分の数字が低ければ低金利です。

 

消費者金融のメリット】

消費者金融は最短即日と電車などで広告を出す程に有名であり、テレビでCMも

やっているので、信頼感は満足できるはずです。更に無利息キャンペーンを利用

すれば、30日間無利息でお金を借りる事が可能です。

 

無利息とは単純に1万円借りたら1万円返せばいいと言う意味です。企業によって

は行っていないサービスですが、初めての方は安心です。

 

消費者金融のデメリット】

金利でない事。無利息キャンペーンは一度だけのボーナスです。2回目以降借りる

場合や長い期間借りる場合にはオススメしません。この場合、明らかに低金利

銀行のキャッシングの方がよくなります。

 

どんな時に使うものなのか?と言うと

・冠婚葬祭や友達との約束でお金が無い時(急な出費)

・祝儀を用意するのを忘れた時

・お金を引き出すのを忘れ、ATMで夜に引き出す場合

 

 ※1【ATMより手数料がお得とは?】

ATMでお金を引き出す場合、利息が216円など掛かるはずです。

しかし、利息の低い(金利の低い)

 

これらは利用するとお金の感覚が崩れ、莫大な借金を抱えてしまう

と言われています。

 

しかし、使い方をしっかりと把握し、何が目的で何が欲しいのか?

を整理し、何のキャッシングを利用すればいいか理解すれば

怖さは少しだけやわらぎます。

 

ここでは、キャッシングとはそもそも何を指すのかを説明し

危ない使い方と利用の仕方など基本的な情報をまとめて

います。

 

【銀行でキャッシングする】

みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行横浜銀行楽天銀行など有名な銀行

だけでなく、数多くの銀行がお金を貸してくれます。自分の知っている銀行なら

安心感も強いですし、気にする人にはおすすめです。

 

【銀行でキャッシングするメリット】

安心感と金利が低い事です。金利が低いと言う事は返済するお金が減る意味になり、

お得です。急いでいる訳でもなく、将来的に使うかも知れない考えで審査を通す

なら、銀行に大きなメリットがあります。

 

お金を貸す時に消費者金融だと4%を超えていても、銀行なら低くて3%です。

「上限金利」と言うお金を貸す時に借りる方にかけてよい負担の金利

銀行は低く設定されています。

 

【銀行でキャッシングするデメリット】

審査の時間が長く、借りるまでの待ち時間が長い事です。

「本当に手続きは上手くいったかな?」と考えてしまう

なら銀行はおすすめしません。

 

心に余裕がある時に「そういえば」の感覚で試してみるのはありです。

本当の低金利なので、待っている時間なんてどうでもいい人にはピッタリです。

 

手続きもちょっと多く、急いでいる人は消費者金融やクレジットカードの

キャッシングがおすすめです。

 

【クレジットカードでキャッシングする】

 

キャッシングは非常に便利だからこそ、自分を壊しかねない

危険な面も持っています。きちんと利用方法を理解した上で

借金を持つ人の典型的なパターンにはまらない様にしましょう。

 

【キャッシングとカードローンの違い】

返済方法が一番の違いと言えます。キャッシングの返済方法は一括払い。

カードローンの返済方法は分割払いが基本です。

 

しかし、「アコム」は分割払いでOKなど企業による違いがあるのは事実です。

下記に有名企業の一括払いと分割払いを記載しておきますので、参考までに。

 

【有名企業の返済方法】

アコム・・・一括払い、リボルビング支払い、追加入金

・プロミス・・追加入金、全額返済、残高スライド元利定額返済方式

モビット・・一括返済、分割返済、返済金額の変更(コールへ連絡)

 

【キャッシングの返済方式】

上記で出てきた返済方法の中で良く分からない返済方式があると思います。

・残高スライド元利定額返済方式

・定率リボルビング方式

・借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式

 

この返済方式は大手キャッシング企業のどこも使っています。

ざっと説明しておきますので、ご参考までに。

 

一括払い(全額返済・・・・・・・借り入れした金額を全て返済する方法

リボルビング支払い・・・・・・・毎月の返済額を一定に決めて返済する方式

追加入金・・・・・・・・・・・・返済した後に追加で返済する方式

返済額の変更・・・・・・・・・・自分の返済する方法などを変える事

 

【キャッシングをするための審査】

大手消費者金融であるアコムモビット、プロミス、アイフルならお試し審査と

言うものがあります。いきなり審査にかけるのがドキドキしてしまう人は

こちらがおすすめです。

 

キャッシングの審査に通過するための要素は様々です。

 

 

キャッシング審査が甘い場所と通りやすい場所】

モビットアコム、プロミス、レイク、アイフルなどの大手がまず良いです。

理由は下記に掲載しますが、中にはサギローンなら極甘審査!ブラックでも

OK!って言う会社は初心者は知らなくていいです。

 

何故審査の甘い場所と言われるのかは、審査をきちんと通し、年齢や人柄、

勤務先を見てくれて、返済方法も説明してくれます。もちろん、大手だから

こそ安心と思うかも知れませんが、社会的に「大手」の会社は違います。

 

記載した通り、しっかり審査してくれる場所が大手企業でそれだけ信用も高く

審査も甘くしてくれる限界にいるのです。

 

ブラック情報に登録されたとか、大手は駄目!と言っている人になってはいけ

ません。何だかんだ理由を付けるよりもまず返済方法でいくら掛かるのか?

ちゃんと返済できるのか考えて下さい。

 

自分がおかしいお金の使い方をしているなら、ブラックでも何でもそこから脱出

する事が大事です。有名な企業なので、個人からも社会からも監視の目が強いと

言う訳です。

 

【結局、何で大手企業が審査が甘いと言えるのか?】

サービスの充実と返済方法が限界レベルに理解しやすいからです。

更に使い方によっては、お得になるまでいきます。

 

審査基準も元社員が語る様に「まず、大手から」だそうです。

考えるのはその後と言う意味ですね。

 

そして、裏の情報を言うと、株主向けに公開されている審査通過率や金利

高さです。

 

通過率を知ってもあまり意味がありませんが、金利の高いところは何故高いのか?

気になりませんか?

 

顧客なんて金利=返済する金額が大きくなる、では誰も寄りません。

しかし、金利が高い分、審査を甘くしているのならどうでしょうか?

 

大手でも一番金利が高い場所はちょっとだけ有利なのです。

そして、30日間無利息キャンペーンがあれば・・・なのです。

 

【コールセンターなどサポート体制も豊富で安心できる】

無利息キャンペーンなら、30日間借りたお金そのままで返済すればOKですし、

(利息と言うのは借りたお金に掛かる手数料の様なものです。)女性向けの

キャッシングなんて言うのもあります。

 

使いやすい様に日々進化しているからこそ、大手企業は安心です。

 

サポート体制もしっかりしていて

「借りたはずなのに振り込まれていなかったら」に強いです。

 

すぐにコールセンターに言えますし、更にもしも家族にばれたとしても

大手企業なら何とか説明可能です。

 

しかも、来店不要サービスや審査の時間が何分なのか?と言うサービスまで

利用できます。なおかつ「これ以上ない借りやすい企業」が大手な訳です。

 

お金を借りようと思った時にCMを見て、「初めての♪~」だったら安心

しませんか?これが大きいのです。

 

最初は3秒診断など軽い審査もあるので、ちょっとだけ試してみるのもありです。

 

【キャッシングする際の注意点】

必要事項の入力は必ず必要です。どんな企業でも必要になるので、これは覚えて

おきましょう。必要事項はあなたに返済能力があるかどうかを見ています。

 

借りる目的をはっきりとし、返済できるかはやはり重要です。無理なく返済する

事も大事ですし、手数料などの細かい情報を把握しておく事も大事です。又、上記

に記載した様に自分がどこでキャッシングするか?も重要です。

 

と、脅してみたものの要するにきちんと返済すれば怒りませんし、何もありません。

後は休日休み、その日の内に欲しければそういう場所もある、申し込み時間に

注意する、などです。

 

借りる場所によらず、必要書類は傍(かたわ)らに置いておきましょう。

 

 

そもそも、キャッシングとはお金を借りる事

 簡単に言えばお金を借りる事です。

 

色々なサービスはありますが、まずお金を借りる=ちょび借金を持つ事

になります。借りるお金が多ければちょびでは済みませんし

もちろん、返す事前提です。

 

【利子計算と月率、年率についての簡単説明】

借金をするのですから、返すのは当然です。借りたものは返すが自然

な流れです。更に「利子」が何%か追加されます。

 

慣れれば怖い事はなく、便利で時間の無い時や急な出費の時に

大変役立つものです。しかし、「利子」の部分が問題でもあります。

 

あなたが例えば、3万円借りるとします。

「年率」で計算する事が多いですが

「月率」に直してからの方が計算しやすいでしょう。

 

年率が18%なら一年は12ヶ月ですから単純に一ヶ月1.5%です。

(1.5(一ヶ月です。))×12(一年12ヶ月ですから)をやると

=18ですね!

 

なので、3万円借りるとすると

30000×0、015で計算すると450円ですね。

 

これが月率と言う事になります。

「何だ450円か」で終わりだと危険です。

 

「3万円なら」の話しです。10、20、100、200万

となると%計算した時、冷や汗かきます。

 

しかも借りている金額にプラスされる金額を計算している

訳ですから、非常に厄介です。

 

実質年率などと言っていますが、重要なのは月率です。

 

キャッシングには中身があり、どれも年率が「この程度」

で終わるとは限りません。