読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金がない時に心が安心する場所【クレジットカード、キャッシング、稼ぐ】

お金がない・・・どうしよう。から脱出したいなら役立つはずです。お金に関する安心を求めるならここしかない!行動を起こすなら今しかチャンスはない!

キャッシングもできるって知ってた?楽天のカードローン

キャッシングもできるって知ってた?楽天のカードローン

 

楽天カードマン」でおなじみの楽天カードはキャッシング機能も備えており

カードを発行して設定をすれば、すぐにカードローンとして使えます。

 

楽天カードはクレジットカードなので、ショッピング利用しかできないと思われ

ますが、実際にはキャッシングも使えます。

 

混乱しがちなのは、楽天銀行のカードローンとの違いです。今回は楽天銀行

カードローンと楽天カードのキャッシング枠について説明しています。

楽天カードのキャッシング機能は設定で可能

楽天銀行のカードローンとは何なのか?

楽天銀行楽天カードのどちらを使えばいいのか?

 

楽天カードのキャッシング機能は設定で可能

楽天カードを新規で作る時にチェック項目が何個かあります。その中に

キャッシング機能を使うか?を聞かれる項目があります。

 

楽天EdyやらETCカード機能やらで混乱している時に項目が出てくるので

見逃してそのままにしている人もいます。

 

よく確認せずに「とりあえず」の形で適当に個人情報を入力していると

キャッシング機能が使えない、なんて事になります。

 

パソコンで入力していて、キャッシング機能を必ず求めるなら 「Ctrl」と

「F」を同時に押してみましょう。(Ctrlは左下の方にありませんか?)

正しくは「Ctrl」を押しながら「F」です。

 

上に窓みたいな物がでてくるので、そこに「キャッシング」と入力して下さい。

そして、キャッシングの場所まで一気に飛べるので、見逃す事なくチェック

する事が可能です。

 

ちなみにもう一度窓の様な場所をクリックして「Enter」を押すと更に

色々な場所に飛べます。

 

話しを戻しますが、設定をしないと楽天カードはキャッシング機能が使えません。

カードを発行した後でも設定は可能なので、安心して下さい。

 

しかし、カード到着と同時に一日でも早くキャッシング機能が使いたい人は

カード発行の設定の時にきちんと入力して下さい。

 

楽天銀行のカードローンとは何なのか?

楽天カードとは違い、クレジットカードではありません。単純に銀行のカードローン

です。一見して見ると、同じ様に見えますが、カードも違いますし会社も違う

と思いましょう。

 

楽天カードを持っている人が楽天銀行のカードを同時に持つ事はできません。

更に新規で楽天銀行カードに変える事はできません。

 

しかし、楽天銀行カードに切り替える事は可能で「楽天e-NAVI」で変更手続きが

可能です。

1、楽天カードの「楽天e-NAVIへ行く

2、各種申し込み欄から楽天銀行のカードへの切り替えを押す

3、必要項目を入力の後にカード申請

 

でOKです。

 

デメリットは楽天銀行以外の引き落とし口座が使えない事です。

他の銀行で引き落としをしたい、と言う場合には迷わず楽天カード

を選びましょう。

 

楽天銀行楽天カードのどちらを使えばいいのか?

どちらがいい!?と言えば、楽天カードで5000ポイント以上の

ボーナスポイントをもらいつつ、「楽天カード」を発行しましょう!

としか言えません。

 

しかし、キャッシングの使い方にもよるのが現実です。下記を見てください。

楽天カードのキャッシング・・・・年率18.0%

楽天銀行のカードローン・・・・・年率1.9%~14.5%

 

楽天カードだと一万円を30日借りた時、147円掛かります。

利息の計算は簡単です。

 

計算機があればいつでも可能な様にここに記載しておきます。

先に1万円を楽天カードで借りた場合です。

 

10000×0.18(18%)÷365日×30日か31日(一ヶ月)

=30日で計算すると147、945・・・・・です。

 

上を説明すると

借りた金額×年率%÷365日(年率なので一年間です)×30日か31日か29日。

 これで計算できます。

 

年率%はややっこしいので、下記に掲載します。

10%(0.10)

20%(0.20)

30%(0.30)と40%なら0.40、50%なら0.50です。

 

11%なら(0.11)

57%なら(0.57)となります。

 

結局、これで見ると

楽天カードは年率18%

楽天銀行は最高で年率14.5%となります。

 もちろん、数字の低い方が低金利となります。

 

14パーセントで計算してみますか?下記が答えです。10000円でいきます。

 

18%の場合・・・・・147円

14%の場合・・・・・115円です。

 

どちらも30日で計算しているので、これで楽天銀行の方がキャッシングに

有利と理解できたでしょうか?

 

キャッシングの機能が付いていたらもしもの時いいな?と言う理由でない限り

キャッシングを専門とした場所の方が有利です。覚えておきましょう。

 

金利はとても大事で30円、40円ずれるだけでも最悪なパターンになります。

これが10万円なら1万円で計算したお金の10倍になります。

 

楽天カード楽天銀行のカードの違いをしっかりと踏まえて失敗のない様に

しましょう!