お金がない時に心が安心する場所【クレジットカード,キャッシング,稼ぐ】

yahooカード毎週末10000Pにアップ!リクルートカード毎週末限定8000p!記事更新情報:新記事毎日:ビックカメラSuicaカード(4月26日)上級者愛用の理由は?等。VIASOカード更新(4月27日)、リクルートカードは2018年最高は9000円。公式で確認♪楽天カードは現在、5000p。月間アクセス3万2千突破!

吉野家でクレジットカード払いはできる?吉野屋が驚く程、安くなる5つの方法を掲載!

f:id:tuieoyuc23:20180812183105p:plain

出典:吉野屋

吉野家でクレジットカード払いはどのカードでも出来ません。

2018年8月現在も変わっておらず、最新記事でまとめておきます。

 

既出情報が多く、まだまだ極めていないかも知れませんが、現時点で吉野家を使う時、クレジットカードで悩む必要はないでしょう。

 

現在は「電子マネー」や「ギフト券」等で安くできます♪

 

 

スポンサーリンク

 

 

1.吉野家で使える電子マネーは「WAON

WAON」が使える=電子マネーWAONにチャージする事でポイントが付くイオンカードセレクト。

 

「クレジットカード払いできないっていったじゃん!」と言われそうですが、WAON一体型であれば、電子マネーを使っている事になるので、可能です。

 

後、作業が必要ですがWAONにチャージする事でときめきポイントが入手可能。

オートチャージ等でイオン銀行金利を上げたりとなかなかに「イオンカード」は最適。

 

私は「イオンカードセレクト」でイオン銀行WAON一体型にしております。

銀行金利吉野家WAONと来たらイオンカードセレクトです。

 

吉野家ではイオンカードに付帯のWAONと言う電子マネーが使えます。

 

1、イオンカードセレクト(WAON一体型でもOK)を発行

2、WAONにチャージ

3、吉野家で支払う

4、ときめきポイントが入る♪

5、ついでにTポイントカードが出せればもっといい

 

Tポイントカードの合わせ業はまた別記事にしますが、基本はTポイントカードを持っていた方がいいです。

 

吉野家も使う方が多く、私も時々利用します。

Tポイントカードは基本中の基本で還元率のスタート地点。

 

広く知れ渡っているカードですが、Yahoo!JAPANカードは残念ながらNG。

吉野家の場合、まずWAONが使えるので「イオンカード」がいいでしょう。

 

例外として「モバイルWAON」のおサイフケータイもいいですよ♪

 

イオンカードセレクト

イオンカード(WAON一体型)

 

2、ヤフーオークション株主優待券を狙い撃ち!

ヤフーオークションフリーマーケット、金券ショップでは吉野家株主優待券を見る事があるかも知れません。

 

特にオークションが「苦手」「ええ・・・」と言う方は金券ショップが最高にいいです。私も経験済みです。

 

ヤフーオークションの場合

登録やら、個人間の取引で問題やらとなかなかに怖い思いをする事もありますが、慣れている方はぜひ吉野家株主優待券をゲットして下さい。

 

安く入手する事ができれば今まで大盛りで570円と記載がありますが、250円程度で300円券を入手できるでしょう。

 

手数料、送料を計算に含めても250円で300円券が買えれば実質50円安く吉野家を食べる事が可能です。

 

吉野家を安く購入できた!」だけではまだ足りません。すかさず、TポイントカードとWAONの併用ができるか?

 

ここも重要なところ。

Tカードは基本的に吉野家に行く時は所持しているとお得です。

 

又、ヤフーオークションを少しでも緩和したい方はYahoo!JAPANカード。

補償が付くのはYahoo!JAPANカードだけです。

 

 

金券ショップの場合

後に記載しますが、恐らく吉野家に行く直前でも利用できる最高の節約方法。

金券ショップは私も経験があり、3店舗、4店舗と橋渡ししています。

 

中でも吉野家株主優待券が売られている事が多く、非常にお得。

ヤフーオークションが怖い場合、金券ショップで買うといいでしょう。

 

吉野家株主優待券は280円程でしょう。

手間や個人間の取引の問題を抱えた場合、金券ショップが最高にお得。

無難な線とも言えるので、まずここから行動を開始しましょう。

 

金券ショップは微妙なイメージがありますが、特に問題なかったです。

売った事もありますし、買わないといけない雰囲気もありません。

少なくとも私が行ったところは安全でした。

 

商品も並んでいて、QUOカード1万円分がお買い得だった事を覚えています。

吉野家の優待券までは見ませんでしたが・・・。

 

確かに安かったです。節約に興味があればぜひ寄ってみて下さい。

 

東京にお住まいの方は、「アクセスチケット」や新宿とか渋谷の駅構内がTVでおすすめされていました。

 

帰り道に寄る方も多いそうです。

意外に役立つ事もあるので、節約したい場合は本気でおススメです。

 

3、吉野家ホールディグスの株主優待券を入手し、無料でご飯!

株主優待券は9861の株を購入する事で年に何回かもらえる制度です。

年2回3000円分がもらえる仕組みです。(2018年8月)

 

超お得過ぎる優待内容はインターネットでも有名そのもの。

クレジットカードと全く違いますが、株主優待券次第です。

 

株=損のイメージで吉野屋=男性のイメージ。

ただ、今は違います。

少なくとも、株主優待に関しては男性、女性関係なし。

 

1、株を知っているなら20万円の投資で年6000円分配当

優待利回りも素晴らしい限りで、最近は回復傾向。

 

牛丼チェーンも復活の兆しがありますが、「20万円で6000円か・・・」と伝わらない方には伝わらないでしょう。

 

しかし、結果的に言えばプラスになる可能性も高く、20万円を放置で稼げる可能性も十分。さらに優待特典で年2回3000円分。

 

6000円相当とは言っても、売る事もできますし、食べる事もできます。

年に15回無料で食べられますね。

 

正直、株は損する可能性も大きいので慣れてない方にはおススメしません。

私は損しても取り戻す傾向が強いので、全く気にしません。

 

「もし」「将来的に」の可能性の1つとして吉野屋でお得になる方法はたくさあるって事を知っておいて損はないでしょう。

 

お金が儲かると同時に株主優待券等を忘れがちです。

ふるさと納税と同じ感じですね。

 

4、結局、ジェフグルメカードが一番お得?

ジェフグルメカードは全国で使える金券です。

私も知人からもらうまで全く知らなかったのですが、超お得になるカードです。

 

カードと言うより、商品券です。

ジェフグルメカードはお釣りが出る事が最高にいい感じです。

 

全国共通お食事券がジェフグルメカードです。

f:id:tuieoyuc23:20180812171834p:plain

出典:ジェフグルメカード

色々な場所で使えるため、何枚か確保しておいてもいい商品券です。

お釣りが出る事が魅力で、金券ショップにありました。

 

前に吉野屋ではないですが、「モダンパスタ」で使った事があり非常にお得。

会計前に出して、500円引きました。

500円分のジェフグルメカードを465円だった気がします。(480円かな?)

 

単純に前払いの様な感じでまず35円節約。

更にクレジットカード払いで節約。

 

2000円程度掛かるなら、ジェフグルメカードを2、3枚使った方がお得ですが、1枚しか使えない可能性もあったもので、1枚にしました。

 

何回か行く予定があれば、全国共通お食事券なので節約のために購入しておいてもいいでしょう。

 

もちろん、吉野屋やモダンパスタデニーズ、ガスト・・・。

ジョナサン、ロイヤルホストとこの様にファミリーレストランであれば余裕です。

 

「魚民」や「世界の山ちゃん」などなどやきとりのお店等もお得。

できる事であれば、ジェフグルメカードで思い切り節約した方がいいでしょう。

 

吉野屋に限っても、1回500円分が480円で購入できたとして、お釣りが出ます。

1000円分買って、40円お得で10回で400円。

基本手段なので、500円をいかに安く購入できるかが勝負。

 

私もQUOカードJCBプレモ、ジェフグルメカードを用いてガストやモダンパスタ、吉野屋でお得になっています。

 

慣れるとカンタンで生活の質を見直すチャンスでもあったので、やりました。

結果はモダンパスタで45円。

ガストでクーポンなどなどで1回300円。

 

吉野屋でTカードとクーポン券で50円は基本的に安いです。

 

この様に外食次第では、何かしら方法があるので、好きな場所のクーポンは極めた方がいいでしょう。

 

この応用でスーパーやコンビニで節約方法が使えます。

 

実際に1年間に楽天スーパーポイントを3万円以上貯めたので、節約がいかに意味があるか分かってもらえたら嬉しいです。

 

5、吉野屋公式アプリで歩いて稼げ!クーポンもらえる!

f:id:tuieoyuc23:20180812173224p:plain

出典:Googleplay

限定クーポンやイベントクーポンも配信決定は間違いありません。

今の時代なので、アプリ節約は当然のレベル。

 

「歩く割」等のイベント参加で特別なクーポン券を取得できたりと普段から入れておいて間違いはないでしょう。

 

突然のキャンペーンが多く、クレジットカードと同じ様に常に使うお店は構えておいて問題がありません。

 

結局、意識せずに「とりあえず」の形でもポイントは貯まるものです。

意識する方ならいかにポイントカードがお得であるか分かるはず。

 

吉野屋をお得にする時、アプリやジェフグルメカードは基本中の基本。

Tカードはスタート地点と言いました。

 

同時に全てを使う事で吉野屋を超お得に利用する事ができますよ♪

 

6、キャンペーン利用は欠かせない!毎日80円割引を知っているか?

f:id:tuieoyuc23:20180812173805p:plain

出典:吉野屋

私は吉野屋についてそこまで詳しくないので、聞きました。

定期券の販売があり、2018年3月12日からありました。

 

期間は4月1日~5月7日で毎日80円引き定期券。

毎日80円引きにも関わらず、定期券自体は300円で発行可能。

 

500円も掛からないので、1ヶ月で10回行く方は飽きる程、お得に食べる事ができました。

 

みんなで使える、テイクアウトで使えるが醍醐味で1回で4人なら一気に4回分。

1ヶ月に数回家族で食事する事で余裕で元を取れます。

 

2018年で終わったキャンペーンですが、いつかやる可能性は十分。

定期券の存在は知っておいて損はないでしょう。

 

お金が儲かった時、飽きる程食べるために300円定期券は欲しいところですね♪

これは私の知識ではなく、別の方の知識です。

Webでしか見た事がないので、あんまり信用してないです。

 

7、ある意味お得!裏メニューで増量!増量!

まず、つゆだく。基本中の基本でつゆをダクダクにする事ができます。

・・・要するにつゆを多くする事が可能です。

 

2つ目につゆぬき。

損の様で「いらない」方も多いメニュー技。

 

3つ目にねぎだく。

その名前の通りねぎが多いメニュー。

 

4つ目につゆだくだく

更につゆが多いメニュー。やり過ぎると、つゆがこぼれます。

 

5つ目。アタマの大盛り。

女性や子供に人気の裏メニューです。ご飯を少なく、牛を多く、牛丼並み盛りの料金。

 

6つ目にアタマの特盛り。

アタマの大盛り進化版。

 

7つ目にトロだく、脂多め。

脂の多い牛をたくさん入れる方法。ズルイとも言えます。

 

トロ抜き、脂抜き、白少なめ(ご飯少なめ)肉下(ご飯と肉が逆に乗ってる)などなど、裏メニューはたくさんあります。

 

ねぎだけ、お湯割り。更に特盛りを1つ食べるくらいなら並盛り2つ。

値段は特盛りで720円。

並盛りが420円で840円ですが、お得感満載。

 

一度試した事がありますが、並盛り2つの方がご飯の量、牛の量共に上。

値段以上にお得感がありました。

 

裏メニューで驚く程安くなると言えばそうかも知れません。

 

8、最終手段「Tamecco」でスタンプを貯めると・・・?

来店ポイントが貯まって、勝手にクーポン券がもらえる形です。

アプリです。

 

クーポンなので、無料で食べるって事はできませんが、ある意味、吉野屋アプリと併用関係にあります。

 

AndroidIPhoneどちらも利用可能ですが、設定はバラバラ。

アプリストアーで見たらすぐに理解できると思います。

 

吉野屋に来店して、スタンプを貯めてクーポン券を取得。

よく行く方には確実に有用手段となるでしょう。

 

50円クーポンが初回にもらえるため、今スグにもらうとすぐお得。

 

9、吉野家でクレジットカード予想するなら?

なかなかに面白い記事になって結構、満足された方も多いのではないでしょうか?

まだまだ吉野屋には隠された秘密がある様で何より。

 

最後には「Yosinoya Gold Card」なんて言うのが登場したら面白いですね。

将来手に予想した時、WAONに対応しているので、イオンカードが有望。

 

後はSuicaでしょうか?

 

現在でもWAONが使えるため、電子マネーと同時に貯める事ができるイオンカードが有効手段です。

 

残念ながらクレジットカードで直に支払いはできませんが、WAONでも十分でしょう。

この記事をよく読んで、吉野屋で一番お得になる方法を見付けて下さい♪

 

自分なりの方法があればそちらの方がお得かも?

多分、ほぼ吉野屋でお得になる方法を全部記載したので、間違いはないと思います♪

 

クレジットカードならイオンカード(WAONで支払い前提)。

ぜひ、吉野屋でお得になって下さいね♪

 

イオンカードセレクト

イオンカード(WAON一体型)

 

スポンサーリンク