お金がない時に心が安心する場所【クレジットカード、キャッシング、稼ぐ】

お金がない・・・どうしよう。から脱出したいなら役立つはずです。お金に関する安心を求めるならここしかない!行動を起こすなら今しかチャンスはない!

ライフカードを解約したい!7つのポイントで不安をばっさり切ろう!

ライフカードを解約したい!7つのポイントで不安をばっさり切ろう!

f:id:tuieoyuc23:20170428013753j:plain

ライフカードを解約する時に注意したい事

やポイントを7つでまとめています。

 

即解約する方法や不安に思っている人にも

役立つはずですし、後々面倒にならない様

に記事内で解決していきましょう!

 

【目次】

 1、ライフカードを1分~5分で解約

 2、解約できないってどういう事?

 

1、ライフカードを1分~5分で解約

 解約方法は簡単ですが、重要です。

1、LIFE Web Deskにログイン

2、ログイン後の一番上の方のユーザーサポートを見付ける

3、Q&A(よくある質問)をクリック

4、ちょっと下の「カテゴリ」の「カードのご入会・更新」をクリック

5、退会をクリック

6、ちょっと下の「退会」の中の退会方法一覧から自分の退会に関する疑問を選ぶ

 

カードを解約する時は電話番号ガイダンスに従う事のみです。

→045-914-7003です。

サービス番号は32♯(シャープ)脱会

 

受付時間は8:00~23:00です。

 

【手続き方法】

・自動解約フォームに申し込む(所要時間4分)

・電話でオペレーターに申し込む’(所要時間は人による)

 

この2つしかありません。

オペレーターに引き止められる事

はないと思いますが、ポイントについてなど色々聞かれるはずです。

 

解約自体はこの手順を踏めば簡単ですが

問題はその前に注意しておきたい事です。

 

 

2、解約できないってどういう事?

普通に解約は可能なカード会社で

別に怪しいとかそういう意味では

ありません。

 

解約できないパターンがある、と

言う意味です。

 

【解約できないパターン】

・利用代金に未払いがある

・暗証番号が分からない

・カードが手元にない

ETCカードの契約がある

 

上記の理由の場合、解約を断られる事

になります。又、利用代金に未払いは

キャッシングサービスも入ります。

 

又、「いつも毎月クレジットカードで支払うのだから、一生解約できないって事じゃないの?」となります。しかし、これは大丈夫です。

 

解約する際は「その月の請求金額の支払いを終えてから解約」が基本です。

ようするに引き落としがある日までは契約が続く訳です。

引き落としと同時に終わり、と考えるとすっきりします。

 

では、どんな場合が

「請求が残っている」に入るのか?

 

【請求が残っているとは?】

・キャッシングリボの最中である事

ライフカードから借りたお金を返していない

 

返済を終えた時点でカードの解約とすると

公式サイトにも条約にも書かれている

ので、間違いありません。

 

ただし、解約と同時に一括払いされる訳では

なく、通常通り支払いが終わるまで

引き落としされます。

 

延滞期限が過ぎた場合や督促状の期限を過ぎた

場合は、逃げようとして解約しても

今度はカード会社から「やばいよ、あなた?」と言う手紙が届きます。

 

すぐにえらい事にはなりませんが、

そのまま放置すると・・・大変な事になります・・・よ?

 

ライフカードでキャッシングする!

ライフカードでキャッシングを考えている人、ライフカードが上級者も使っていると言う噂を聞いて使おうと決めた人、いますか?

 

キャッシングを使う前に知っておきたい事が9つ程あります。

ライフカードはポイント有効期限が5年と長く、レートもなかなかです。

 

キャッシングする時には一括返済など、便利な方法も知っておいた方がおトクですよ。

 

【目次】

1、ライフカードの概要とポイント制度について

2、ライフカードの返済方法はどんな形式なの?

 

1、ライフカードの概要とポイント制度について

www.lifecard.co.jp

 

ライフカードは上級者も好むカードでポイントも貯まりやすいカードです。

実際に私もおトクだと思います。

 

年間利用額に応じて、ボーナスポイントももらえて会社もなかなかの規模です。

ポイントレートがいいとは言え、使わないといけないのはどこも変わらず。

 

ETCカードですらあまり使わない人

なら永久不滅ポイントのセゾンカードの方がおトクです。

 

セゾンカードはポイント有効期限がないので、わざわざ無理して使う必要もなし。

無駄になるくらいなら永久失効なしのセゾンカードが一番のカードになります。

しかし、一年間にクレジットカードで50万円以上使うなら話しは別です。

 

ポイントの交換先によっては、1Pの単価が6円以上になるなど、非常に有利。

一年間の合計金額に応じてボーナスポイント制度もあり、更におトク。

 

では、キャッシングサービスの方はどうでしょうか?

利用方法は以下の通り。

 

・全国のATM

・インターネットオンラインキャッシング

・電話でキャッシング

 

一番、他のカードと比べたいのがインターネットオンラインキャッシングです。

1万円以上なら1円単位で借り入れ可能で、カードがあればその口座で利用可能です。

 

カード引き落とし口座と同じ口座に融資してくれるので、簡単です。

 

2、ライフカードの返済方法はどんな形式なの?

ライフカードの返済方法はリボルビング支払い形式です。

残高元利定額方式とも言います。

 

毎月、決まった金額を返済していくので一見すると生活に支障がありません。

支障はあります。確実に止めて下さいとしか言えません。

 

一万円を借りて、5000円を毎月支払う事にしましょう。

次の月にも一万円を借りるとします。借り入れ金額は合計2万円。

返済した金額は一万円。途中で支払う方式を変える事はできません。

 

利息は?このまま借り入れするとどうなってしまうのか?

たった一万円でも返済できない金額まで跳ね上がります。

 

しかも、毎月の利息が圧倒的に高いのがリボ払い。

その利息は一ヶ月で750円~900円と言われます。

5000円+その金額です。

 

一体、いつになったら返済が終わるのか?

終わりません。使い続ける限り、増える一方です。

 

正直、リボ払い形式はおすすめしません。

一回だけの10万円借り入れで一年間掛かった人もいるのです。

 

これは、他の会社のキャッシングでの話しですが

リボ払いにするといわゆるクレカ地獄に落ちます。

 

決して、良い返済方式ではないので、忘れないで下さい。

ライフカードに限らず、支払う方式が途中で変えられない会社は危険です。

 

リボ払いを使うくらいなら、色々な会社

の繰上げ返済だとかキャンペーンを利用した方が遥かにおトク。

と言うよりも比べる事ができないレベルです。

 

返済まで考えるのがキャッシングサービスです。

お金に困っているのなら、尚更、借りた後の事を考えないと駄目です。