お金がない時に心が安心する場所【クレジットカード,キャッシング,稼ぐ】

楽天カードが新規入会キャンペーンで8000p+1500p!!Yahoo! JAPANカードが10000pにアップ!リクルートカード限定10000p!ビックカメラSuicaカードが過去最高7000p!イオンカードセレクト6000p♪

フェイスブックの仮想通貨「リブラ」と同時に株価が上昇!簡単な中身やBTCの追い風になる理由は?

f:id:tuieoyuc23:20190619162836p:plain

出典:フェイスブック

フェイスブックの仮想通貨「リブラ」は以前はビットコインの脅威になると予想もありましたが、2020年にサービス開始と言う事でまだまだ脅威となるには遠いです。

 

大体は直前で反応する人が多いので、2019年以降に脅威となる、と言うのが正しい見解でしょう。ですが、ここに来て、仮想通貨「リブラ」が「追い風」になるのではないか?と言う意見が相次ぎ。

 

ビットコインが5000万になる可能性は・・?

tuieoyuc23.hatenablog.jp

 

気になった記述やビットコインのプラスアルファになる要素はまとめてみました!

リブラの簡単な中身も説明しておきますね!

 

スポンサーリンク

 

 

 

1、フェイスブックの仮想通貨「リブラ」とは単純に何か?

1、リブラの基本性能と道筋

f:id:tuieoyuc23:20190619162836p:plain

出典:フェイスブック

まず、実態はありません。仮想通貨なので画像は電子イメージです。

仮想通貨(暗号資産)を使った金融サービスを始める。利用者間で送金したり、買い物の決済に利用したりする点では他の仮想通貨と同じ

説明するより、「日経新聞」で記述があったので引用。

基本の「仮想通貨」である事は変わりません。

 

現在、ビックカメラで「bitcoinの決済」がすでにある事をご存知ですか?

知らない人は看板でも見て下さい。

 

それと同じでフェイスブックの仮想通貨の「リブラ」も決済としての機能等は特に他仮想通貨と変わらない道を辿っています。

 

【仮想通貨の種類】

●ステーブルコイン

●~コイン

●~コイン

とありますが、リブラは「ステーブルコイン」の場所に入ります。

価格の安定で有名どころでは「XRP」ですが、あれは別です。

 

「ステーブルとなるのか?」と注目はあります。

 

今回のフェイスブックの仮想通貨は「安定性」「速い決済スピード」「銀行口座を持たない世界の17億人に対しての金融サービス開始」と掲げました。

 

ここまでがフェイスブックの仮想通貨「リブラ」の基本です。

 

2、ビットコインとの違い|追い風の意味

f:id:tuieoyuc23:20190617153720j:plain

仮想通貨ビットコイン」は決済手段としては未熟そのものですが、「暗号資産」としてなり得ます。一方、リブラは「送金」「決済」として優秀。

 

ビットコインは何故か「価格の上がる資産」として成り立っている

→デジタルゴールド

●リブラ・・・・脅威になるのはXRP

→送金、金融サービス、決済手段XRPの脅威になり得る。

ビットコインは何故だか知りませんが、「金融資産」として成り立っている?気配があります。実際、100万円突破、暗号資産として~などの声が大きいです。

 

元々、「金」と比較される事も多く、「デジタルゴールド」と言われます。

送金とか決済として使う事はない、とは言いませんが・・・。

このまま行くと唯一使われない「資産」で位置を保つでしょう。

 

ビットコインの他には価格的にも「お金持ちの逃避先」でもなく・・・。

資産としてはBTC以外にはないのです。

 

ビットコインの価格予想です。

tuieoyuc23.hatenablog.jp

 

10兆持つ人が「1BTC持つのか?」「XRPを1BTC枚数分持つのか?」

 

金で考えるとわざわざ「銀」「銅」を持つ様なものです。

 

「金があるのにあえて銅を持つ」と言う考え方です。

あり得ないとは言いませんが、現実的に見ると・・・・・。

 

イーサリアム・・・・・・ブロックチェーンゲーム等

●リブラ・・・・・・・・・決済や送金、金融サービス

●BTC・・・・・・・・・・資産。

 

一つだけ全く違う位置にあるのがよく分かりますよね。

実質、フェイスブックの仮想通貨「リブラ」が追い風になる理由は・・・・。

 

「向かう方向が違うため、仮想通貨業界を広めるポジティブ要素となった」が正解です。

 

その様な理解でいいかと思われます。

リブラとビットコインの大きな違いは「資産」と「決済」です。

 

3、フェイスブックの仮想通貨「リブラ」が抱える今後の課題

簡単です。

私がいつも紹介している「クレジットカード」です。

 

現状、カードは数秒で決済出来ますね!

●リブラは1秒で1000件。

●カードは1秒で6万5000件可能です。

 「私達に関係あるのかないのか」は置いておき、数字的に「カードってすごいな」と言う事なのです。

 

リブラが「決済手段」として成長の見込みがあるのは事実ですが、デメリットで「カードに勝てるのか」時価総額3位~2位の「XRP」に勝てるのか?と言う事。

 

逆にXRPの送金、銀行との連携、金融サービスと同じでは時価総額人気度から「勝つ見込み」が微妙です。確かに「フェイスブック」と言う大手ですが・・・。

 

これが課題ですね!

 

2、フェイスブックの仮想通貨「リブラ」のおかげで株価が上昇!

f:id:tuieoyuc23:20190619162836p:plain

出典:フェイスブック

もう買ってはいけないかも知れませんが、「リブラ」に反応し、フェイスブック社の株価が急上昇し、「買い」を推奨していました。

 

記事時点の1日~2日前なので、ちょっと遅いですね!

その前から買っておきたかったですね♪♪

 

とりあえず、大手「フェイスブック社」が仮想通貨業界に参入+コイン発表で、株価が上昇しました、と言う話です。

 

こういう事はよくあるので、株価が気になる方は情報的に「アリ」ですよ。

やはり、仮想通貨業界に期待する人が少なからずいる証拠です。

 

次も同じでしょうね!

 

3、フェイスブックの仮想通貨「リブラ」まとめ!

f:id:tuieoyuc23:20190619162836p:plain

出典:フェイスブック

仮想通貨「リブラ」により、ビットコインの追い風になり非常に仮想通貨業界が躍進していく可能性を感じました!

 

2020年サービス開始の「リブラ」は本当の追い風になるでしょうか?

XRP」VS「リブラ」の壮絶な戦いが始まりそうです!

記事を理解された方は「ビットコインとは関係ないかな」どころか良い材料です。

 

脅威ではなく追い風。

 

フェイスブックの仮想通貨業界の参入のおかげもあってか、近い内に「1万ドル突破」のニュースが流れるのではないでしょうか?

 

おすすめ投資法::長期保有

おすすめニュース:ETF半減期

 

スポンサーリンク