お金がない時に心が安心する場所【クレジットカード,キャッシング,稼ぐ】

楽天カードが新規入会キャンペーンで8000p+1500p!!Yahoo! JAPANカードが10000pにアップ!リクルートカード限定10000p!ビックカメラSuicaカードが過去最高7000p!イオンカードセレクト6000p♪

ふるさと納税でAmazonギフト券100億還元等が見直し!?「納税でお得、終わり」

f:id:tuieoyuc23:20190209162035p:plain

出典:ふるさと納税サイト

ふるさと納税Amazonギフト券100億円還元キャンペーン等の雲行きが最近怪しくなって参りました。

 

クレジットカード決済のみになる可能性も出て来ており、やばいです!

Amazonギフト券の100億円還元キャンペーンも何とか1月を乗り切りました!

2分で読めます!

 

これからどうなって行く情報を掴んでいるか?

記載しましょう!

 

スポンサーリンク

 

 

 

1、ふるさと納税は見直し、規制、Amazonギフト券の100億円などが絶望的?

f:id:tuieoyuc23:20190209162428p:plain

出典:HIS旅行券

最近、忙しい程に対応されているHIS旅行券等の見直し法案。

すでに消えました・・。

 

「この還元あり得ないよ?」国会が発言。2017年から言われ始め、2018年で本格化。

 

まず、HIS旅行券が消え、実は還元のAmazonギフト券ではなく1万円分等があったのが、ごくごく最近の事。

 

いつもは1年経ってから情報を記載する事もありますが、最近ストレートに早くて色々とふるさと納税に対する対策が止まらないです。

 

1、2018年の10月末でツーリスト旅行券消失

2、12月末でAmazonギフト券や旅行券完全終了

3、生き残った最後の希望が2019年1月末で終了

 

実はこれでも自治体が国会を無視してくれてツーリスト旅行券やAmazonギフト券が入手出来ました。

 

今度はそれに怒った国会が「30%以下にする」と発言開始。

更に「地場産意外認めない!」と言い出す始末。

最後には「無視したから、ふるさと納税の住民税補完なしにするから」となりました。

 

ちょっと分からないですよね?

 

言っては悪いですが、国会の方は給料いいですからこういう法案何だろうなと思います。

 

必死に考えた結果を「いやズルイでしょ?」とか無理矢理対応はどうかな?ですね?

せっかく時間を掛けて努力の成果が結び付き、1分で終わりですよ?

ちょっと分からないですね。

 

2、納税で還元が終わり|2019年6月1日に法案が決まる見通しか?

インターネット上にふるさと納税改悪が決まる見通しです。

記事を見た方、ニュースを知っている方は年収が分かれば考え時です。

 

1、早めに納税がいいか?

2、後に納税がいいか?

 

最近私の経験ですが、利用すると逆の事が起こるので対応策を考えました。

てんやわんやの日常で2018年は厳しかったです。

今の状況を見るとです。

 

迷う方いっぱいいると思うので、対応策です。

1、欲を見ない事

 

年収が分かる人が勝つふるさと納税なので、どちらにしろと言う感覚。

最初から後出し、先出しを決める。

要するに全ルートでやる。

 

どちらかだとどちからかになる恐れがあります。

優先順位としては下の様な感じです。

 

1、日時を決める

2、先に少し納税しておく

3、後に納税する

4、1日後に「ものすごい還元率の納税が!」と出たらそれもやる

5、後に必ず少し残す

 

最後の最後でキャンペーンが来て、1日、2日ふるさと納税に旅行券とかAmzonギフト券が復活する可能性もあります。

 

対応策がグラグラして申し訳ないですが、全ルートが優先的。

簡単に考えて、後でも先でも50%の賭け事。

今回の対応方法はニアピンって奴です。

 

先に納税してお得、後にもお得!

Wお得が感じるので、1年間優待が続くと言う感じです。

これをやると、最初に納税するのでお得は先に出来ます!

 

6月どうなるのかな?と待つ必要性なし。

「勝手にしろ」と言う感覚。

もはや時間の無駄なので、シカトしておきましょう。

 

ふるさと納税より、クレジットカード還元とか副業とかを進めましょう。

いらない悩みの一つです。

 

1、2018年の状況で先に納税して損、後に納税して損と言う本末転倒

箇条書きします。要するに経験があるので、こう言えるのです。

 

1、結局、一番の損は規制される6月以降まで待って「あ~」と後悔する事

2、先にして後悔

3、後にして納税して後悔

 

最悪の状況があった事も想定すると6月を待つ必要性はないかな?と言う感覚です。

12月に経験的には2018年はキャンペーンやりました。

稼げるサイト、ふるさと納税サイト専門。

 

しかし、2019年以降は6月に対応されて可能性的には意味無くなる事もあります。

今、住民税がどうなるのか?と言う法案を見て。

今、納税した分はどうなるのか?これを確定させてからで問題ないでしょう。

 

法案決まるのはいいですが、今納税すると今の分はどうなるのか?

これも大事なので、他ブログを参考にしました!

 

「トラブルに巻き込まれる可能性があり、早めも厳禁か?の答え合わせ」

単純にそうですよね!

6月改定と言う中途半端な時期です。

 

突然変に変わる恐れもあり、結局納税した分取って行かれる気配も。

他の方も同意です。

これを考えると、2019年以降の納税は12月か?と思われます。

 

3、2019年の12月納税はトラブル回避、稼げるサイトのUP、ふるさと納税サイトのキャンペーン!

f:id:tuieoyuc23:20190209172010p:plain

出典:ふるさと納税

私の経験では、12月上旬~12月下旬に掛けて様々なキャンペーンを行います。

全パターンで予想すると、この記事通りです。

 

最終的には「そこまで期待しない」が一番良いです。

 

1、先に納税した方がお得か?

→結局、クレジットカード等の還元率やPaypayの還元の方が高い?

2、後に納税する?

→6月前までにしかない商品があるかも?

3、先に納税、後でも納税!

→法案改定後、2020年にトラブルに巻き込まれる可能性あり!

そもそも不安で仕方ない。

 

ルート別で分けるとこの様な感じで無難は2019年6月改定後の12月下旬。

ギリギリでは国会も動きませんから何も出来ません。

2019年だけは改定後の12月が無難。

 

今年は引っ張るのも方法です。

もちろん、欲しい家電商品があるとなった時、住民税の方が安いですよね?

結果的に改定後に「それは納税対象外ですよ!」だと2020年に損です。

 

博打覚悟で先に納税してお得にするか?

それとも無難な道に走るか?

上手く説明出来ないのですが、何となく分かるでしょうか?

 

私の答えは「年末ギリギリに納税すればいいか?」と思っております。

もし、改定後も普通だった場合、12月でしょう。

稼げるサイト、ふるさと納税サイトの2つで思い切り期待しちゃいましょう!

 

スポンサーリンク