お金がない時に心が安心する場所【クレジットカード,キャッシング,稼ぐ】

楽天カードが7000pに緊急アップ!2018年12月17日(月)10:00まで!7日間限定上昇!最後かも!yahooカードが10000pにアップ!リクルートカード限定8000p!記事更新情報:新記事毎日:ビックカメラSuicaカードが過去最高8000p!イオンカードセレクト8000pに上昇中♪

楽天プレミアムカードは新規入会で15000p!楽天カードからの切り替えで5000pとお得!

f:id:tuieoyuc23:20181114203239p:plain出典:楽天プレミアムカー

楽天プレミアムカードは新規入会&1回利用で最大15000ポイントプレゼントとなっており、お得。

 

2018年11月19日(月)をもちまして終了します。

2018年最後と記載してあるので、来年度もあるかも知れません。

 

ただ、来年度はポイント数が減る可能性もあるので、発行は真剣に。

 

スポンサーリンク

 

 

 

1、楽天プレミアムカードは新規入会で15000p

f:id:tuieoyuc23:20181114203614p:plain

出典:楽天プレミアムカー

最大15000ポイントがもらえる新規入会キャンペーンの楽天プレミアムカード。

楽天カードの8000pキャンペーンと同時期です。

 

前回も前々回も同じ時期だったと思うので、楽天プレミアムカードを来年度発行したいと思う人も下の記事で確認しておきましょう。

 

1、楽天カードとゴールドカード、プレミアムカードは同時上昇

f:id:tuieoyuc23:20181114204016p:plain

出典:楽天カード

私のブログでも「楽天カードが8000pに上昇」「楽天カードが7000pに上昇」と言うので、「楽天ゴールドカード」「楽天プレミアムカード」も同時上昇です。

 

実際に「楽天プレミアムカード」が15000円相当に上昇し、楽天カードも8000pに上昇中。

 

日時は画像通り、11月19日(月)10:00まで。

日時に違いがあると、ポイント付与がおかしくなるのでそうした事はないです。

 

2、楽天カードから楽天プレミアムカードに切り替えで5000p

f:id:tuieoyuc23:20181114204248p:plain

出典:楽天プレミアムカー

楽天カードから楽天プレミアムカードへ切り替えでも5000pです。

新規入会の方がお得ですが、危ないので「切り替え」の方がいいです。

 

審査に通らない可能性もあり、解約→楽天プレミアムカード発行は避けましょう。

切り替えでしたら普通に切り替えが良いです。

 

 2、楽天プレミアムカードは年会費10800円がデメリット

f:id:tuieoyuc23:20181114203239p:plain

出典:楽天プレミアムカード 

 楽天プレミアムカードは最大15000pもらえる事は大きいです。

1年目の年会費が10800円でなければ発行は新規入会だけでおススメでした。

 

ただ、新規入会特典では年会費無料の楽天カードの方が8000円分なのでお得。

楽天プレミアムカードを選ぶ場合、損益分岐点を見る必要があります。

後は、海外旅行やSPU5倍など。

 

1、楽天プレミアムカードは楽天ブラックカードに通じる

楽天プレミアムカードは以下の項目でメリットを見付けましょう。

1、楽天ブラックカードに通じる

2、損益分岐点で判断できる

3、銀カードでは頼りない(海外旅行)

 

楽天プレミアムカードは楽天ブラックカードに通じると言う最大のメリットがあります。

f:id:tuieoyuc23:20181114180730p:plain

出典:楽天ブラックカード

同系列の「楽天ゴールドカード」も体験談がありますが、プレミアムカードも同等。

もし、楽天ブラックカードを発行したい!と思うなら年会費無料では厳しいです。

体験談では「楽天ゴールドカード」と「楽天プレミアムカード」しかありません。

 

将来的に楽天市場で月何百万使う予定を立てたいなら楽天プレミアムカードもGood!

 

2、海外旅行に行く時にゴールドカード1枚は欲しい

よく言われるのが海外旅行の時に年会費無料では頼りない事です。

私もそう思います。

年会費無料でもイオンゴールドカードやエポスゴールドカード等があります。

 

海外旅行に行く時に私の予想通り、ゴールドカードが「あんしん」と言われております。分からない人は「何となくそうした方がいい」でも十分です。

 

楽天プレミアムカードもそうした面では発行が許されるカードです。

 

楽天市場でSPUを5倍にしたい、楽天ブラックカードを狙う方は発行を考えてみてはいかがでしょうか?

 

                 スポンサーリンク