お金がない時に心が安心する場所【クレジットカード,キャッシング,稼ぐ】

楽天カードが10月22日(月)10:00~10月29日(月)まで7000pにアップ!ビックカメラSuicaカード2019年1月31日(木)まで8000pに緊急UP!イオンカード11月30日(金)まで8000円分にUP中♪yahooカード10000Pにアップ!タイミングは?リクルートカード限定8000p!記事更新情報:新記事毎日:ビックカメラSuicaカード(10月20日)上級者愛用の理由は?等。VIASOカード更新(4月27日)、リクルートカードは2018年最高は9000円。公式で確認♪楽天カードは現在、

AMEXAMEXゴールド・カードの新規入会キャンペーン!最大5万マイル貯まる2018年のメリットは?

f:id:tuieoyuc23:20180918154031j:plain

ANAAMEXゴールド・カードは旅行はもちろん、日常のシーンでも使えるカード。

新規入会キャンペーンでは何と最大5万マイルもらえます。

公式サイトでは、ANAカードと提携するAMEXカードの中で最高マイル数です。

 

年会費は高いですが、ゴールドカードや最大獲得マイル数に何ら問題なく、よく比較されるカードである、ANAAMEXカードと迷うところです。

 

私としては背伸びしない範囲で、ANAAMEXカードが一番です。

最安値で元を取るのも簡単な方です。

空港ラウンジが同伴者無料は大きいカード。

tuieoyuc23.hatenablog.jp

 

 

スポンサーリンク

 

 

1、ANAAMEXゴールドカードの新規入会5万マイルの獲得方法

f:id:tuieoyuc23:20180918140136p:plain

出典:ANAAMEXゴールド・カード

私はゴールドカードを発行する方ではありませんが、ANAAMEXゴールド・カードはデザイン性も抜群で、何より最大5万マイルが魅力的なカードです。

 

f:id:tuieoyuc23:20180918140255p:plain

出典:ANAAMEXゴールド・カード

5万マイル獲得も入会から3ヶ月以内の利用と簡単で直近で70万円使う予定であれば、最大マイル数の5万マイルを入手できます。

 

1、入会特典で2000p

2、カード入会1ヶ月以内に3回利用で2000p

3、入会3ヶ月以内に30万円利用で6000p

4、入会3ヶ月以内の70万円利用で33000p

 

条件は下手なゴールドカードより簡単なところがAMEXの良いところです。利用する方に対するボーナスなので、当然と言った考えでしょう。

 

ポイントの入手しやすさであれば、AMEXとANAの提携カードは一歩前です。

特に注意点もなく、簡単に言えば70万円以上使う予定ならOKです。

 

ANAAMEXゴールド・カードのお申し込みはこちら

 

2、ANAAMEXゴールドカードのメリット

f:id:tuieoyuc23:20180918140838p:plain

出典:ANAAMEXゴールド・カード

旅行や日常のシーンで使えるANAAMEXは年会費31000円+消費税と高いですが、家族カードは半分の値段で受け取る事ができます。

 

最大のメリットはANAマイルを無期限で貯められる事。特典の航空券に交換できないと言う事はなく、空港でもおススメされるカードです。

 

流石にゴールドクラスだけあり、ANAAMEXカードの上級版です。

下記にメリットを挙げる事ができます。

 

   ANAAMEXゴールド  ANAアメックス
 カードブランド  アメリカン・エキスプレス  アメリカン・エキスプレス
 年会費  31000円(税別)  7000円(税別)
 家族カード  15500円(税別)  2500円(税別)
 ポイント移行コース  無料  6000円(税別)
 還元率  100円=1p  100円=1p
 ANAグループ利用  2倍  1、5倍
 ビジネスクラスカウンター  可能  なし
 フライトボーナス  +25%  +10%
 ポイント有効期限  無期限

3年

ポイント移行コースで無期限

 継続ボーナスマイル  2000マイル  1000マイル
 空港ラウンジ

・国内28空港、海外2空港

・同伴者1名無料

 左に同じ
 海外旅行保険  1億円  3千万円
 キャンセルプロテクション  あり  なし
 リターンプロテクション  あり  なし

 

他にも手荷物無料サービス、空港クロークサービス、空港パーキング優待はどちらのカードにも付きます。

 

・エアポート送迎サービスはゴールドカードのみ。

・海外旅行先での日本語サポートはどちらもあり。※

 

※ゴールド・・・オーバーシーズアシスト

※一般・・・・・グローバル・ホットライン

 

ANAカードファミリーマイルも付くので、ANAマイルを無期限に貯めたい方はこの2つのカードのどちらかを選ぶ事になるでしょう。

 

ボーナスマイル的にもフライトボーナスでもANAAMEXゴールド・カードの方がお得に思えますが、実際は使い方が難しいです。

 

ネックは年会費。始めはANAAMEXカードの方が使いやすいはずです。

 

ANAAMEXゴールド・カードのお申し込みはこちら

 

3、ANAマイルをクレジットポイントの他に貯める事ができる

f:id:tuieoyuc23:20180918142928p:plain

出典:ANAAMEXゴールド・カード

ANAマイルを通常利用店舗でクレジットポイントの他に貯める事が可能で、100円で1マイル貯まるのをレシートで確認する事ができます。

 

ANAAMEXゴールド・カードのお申し込みはこちら

 

4、年会費無料カードと比較|31000円(税別)を支払う程?

f:id:tuieoyuc23:20180918143244p:plain

出典:ANAAMEXゴールド・カード

ANAAMEXゴールド・カードに限った特典はフライトボーナスが25%になったり、年間利用金額によって通常獲得マイルが取得できる事です。

 

かと言って、ANAAMEXカードより同伴者2人まで無料と言ったサービスが無く、年会費を支払う事で得られるメリットが多くありません。

 

私としては、ステータス性を求める以外にANAAMEXゴールド・カードを持つ意味はないでしょう。

 

年会費無料カードと比較した時、一般人的な範囲では年会費無料で持つ事が可能なイオンゴールドカードやエポスゴールドをおススメします。

実際、私の様な一般人は「ゴールドカードクラスが必要ない」と感じております。

 

ゴールド・カード以上の最大のネックである「年会費」がやはり掛かります。

ANAAMEXゴールド・カードを持つ時はお金に余裕がある、これが一手です。

 

30歳以上で年収800万円以上であり、年会費が左程気にならない方向けです。

専業主婦の方が申し上げておりましたが、「とても手が出るカードではない」です。

私としてもイオンゴールドカードの年会費無料+イオンラウンジがおススメ。

tuieoyuc23.hatenablog.jp

 

「余裕」を圧迫せず本当に余裕が出た時のみ、ゴールド以上を求めていいと思います。

イオンゴールドカードは本当にサービスが良く、流石インビテーション専用カード!

まさにイオンカードセレクト+インビテーションからのゴールドカードです!

 

・イオンカードセレクト(銀行金利最高)

・キャンペーン豊富!

・イオンで超お得

・ゴールドカードが年会費無料!

 

確かにマイルは貯まりませんが、下記に記載する方法で問題ないはずです。

 

ANAAMEXゴールド・カードのお申し込みはこちら

 

1、実際に言える証拠は?お得ではないのか?

f:id:tuieoyuc23:20180918142928p:plain

出典:ANAAMEXゴールド・カード

ANAAMEXゴールド・カードに限りませんが、年会費の元を取るのはほぼ不可能。

計算式でどうしても元を取るには海外旅行前提となります。

元と言うより、「カードの価値が分かる」方が発行するべきです。

 

私としては、年会費が掛からないイオンゴールドカードを目指しお金を節約。

いっそ、「ANAAMEXゴールド・カード」を発行しよう!の方がいいです。

tuieoyuc23.hatenablog.jp

 

見栄を張っても誰も見てません。

今の時代にステータスは時代遅れなのです。

 

ダイナースクラブカードやAMEXカードも専業主婦が通る時代。

終わったのです。審査も年収500万円で通ります。

誰でも持てる様に段々と変化しております。

 

噂では「無職でも通った」のが最近のブラックカードやゴールド・カードです。

もはや、ステータス性はないでしょう。

 

2、唯一許せる点は?海外旅行が安心な事やプロテクションサービス

f:id:tuieoyuc23:20180918140136p:plain

出典:ANAAMEXゴールド・カード

ANAAMEXゴールド・カードは確かに5万マイルですごくお得になる「感覚」はあります。最初のマイルだけ取り「稼げるサイト経由」でない限り確実に損。

 

普通に考えると年会費31000円を取り戻すのは不可能。

直近で70万円もハードルが高いです。

 

還元率は2倍でも0、6%程度の換金率しかなく、マイル移行コースが無料になってもマイル獲得率的にどうしても年会費がネック。

 

年会費が半分であれば考慮の範囲でした。

唯一発行を決める一手はプロテクションサービス等の独自サービスです。

そのカードにしかない利点で発行しないと失敗します。

 

保険やプロテクションサービスは楽天カード等の年会費無料カードを遥かに凌ぎ、「安心」「安全」を求める方に最適。

 

キャンセル・プロテクション

1つ目はキャンセルプロテクションです。急な出張や病気等でカードで支払った旅行やコンサート等をキャンセルして補償するサービス。

 

出張の多い方が空港ラウンジを利用し、キャンセルする時に使う機能です。

上流階級でない限り、ほぼ一般的には必要ありません。

出張が多い方は気にするサービス。

 

リターン・プロテクション

2つ目がこれです。カードで購入した商品をキャンセルし返品した時にお店が受け付けない場合の補償。

 

ANAAMEXゴールド・カードに付く機能で、ノーマルカードにはありません。2つで迷った時にこの機能がないと不安な方もいるでしょう。

 

ANAAMEXゴールド・カードのお申し込みはこちら

 

5、ANAAMEXゴールド・カードはANAAMEXと迷った時に

f:id:tuieoyuc23:20180918145855p:plainf:id:tuieoyuc23:20180917163636p:plain

出典:ANAAMEXゴールド・カード

年会費無料カードもある中で、リターン・プロテクションやキャンセル・プロテクション以外では海外旅行が多い、出張が多い方は発行するカード。

 

結論的には上記2つのカードで迷った時に違いを見て発行を決めて下さい。

年会費でほぼ損をしないカードはANAAMEXカードの方。

上手く使う事で元を取る事は十分に可能です。

 

ANAAMEXゴールド・カードはほぼ無理です。

「安心」や「ボーナスを多くしたい」方は発行はOKです。

年会費は目をつぶる事をおススメします。

 

全ての安全を求めると結局は「ブラックカード」でないと保管出来ません。

どうもゴールドカードは年会費の割に中途半端です。

一般的には分かりませんが、年会費無料でほぼ十分な時代です。

 

私の意見だけでも無理があるので、有名な評価のサイトで評判を見てみましょう。

 

ANAAMEXゴールド・カードのお申し込みはこちら

 

6、ANAAMEXゴールド・カードの評判はどうか?

ここまで、私は評判を見ずに記載しました。

 

流石に意見はずれると思いますが、私の感覚的な意見を無視し、別の視点で見ましょう。これでほぼ意見が確立できるはずです。

 

・プライオリティパスの付帯ありならもっと良かった

・おすすめしない

・飛行機によく乗る人の必須の1枚

・ポイントが貯まりやすい

・メインカードです

 

SFCタイプではないAMEXゴールド・カードはNG、年会費が高く飛行機の良く乗る人以外はアメリカン・エキスプレスのグリーンカードがおすすめされていました。

 

コスパは優れませんが、お財布から消える事はないでしょう。

ゴールドカードとしては年会費が高い。

 

様々な意見がありました。総評すると年会費は目をつぶる方向が良く、飛行機に良く乗る人以外はNGだそうです。

 

ステータス性を気にする方は全くいませんでした。

「それなり」「ないのでは?」との意見。

 

やはり私の意見通り、キャンセル・プロテクションの飛行機の予約をキャンセルした方もいて、10万円補償してくれるのは有難い様です。

 

普通に使う時、ANAAMEXカードの方がコスパに優れているため馴染みやすいとは思います。ただし、キャンセル・プロテクションは付きません。

tuieoyuc23.hatenablog.jp

 

ANAAMEXゴールド・カードのお申し込みはこちら

 

7、ANAAMEXゴールド・カード以外のカードはどうか?

ANAカードには「コレ!」と言うカードがないのが特徴です。必ず年会費が掛かるため、コスパ重視であれば楽天ANAマイレージクラブカードです。

 

年会費無料でANAマイルを貯める事が可能。

tuieoyuc23.hatenablog.jp

 

ただし、ANAマイルを無期限で貯めたい方や期限を気にしたくない方はANAAMEXカードの優遇はとても有難いはずです。

 

ノーマルカードのANAカードを選ぶくらいであれば、デザインを気にしない限り、楽天ANAマイレージクラブカードの方が断然お得。

 

ANAマイレージクラブに入会出来て、キャンペーンもお得。

楽天サービスのキャンペーン付きです♪

 

ANAマイルで迷っている方はまず楽天ANAマイレージクラブカードを気にした方が無難ではあります。ただし、これは「お得」の視点です。

 

ANAカード」の中から選出したいと思った時やANAマイルを気にする事なく貯めていきたい方は多少の年会費は支払っても良いでしょう。

 

最安値と呼ばれるANAAMEXカードは納得出来るカードでもあります。

 

外国で使うなら「アメックス」より「VISA」「Mastercard」ブランドがおススメですが、ANAを使う方は外国に行くまでに必要になります。

 

マイルを賢く貯める時、ANAマイルの融通が利く(無期限になる)ANAAMEXゴールド・カードとANAAMEXカードにはそこに魅力があります。

 

難しいですが、ANAマイルは元々難しい制度なので、年会費無料で慣れてから考えるか、「元を取る」気持ちでANAAMEXカードを発行すると成功するでしょう。

 

「ちょっと難しいな・・」と言う方は勉強あるのみです。

まず、ANAAMEXカードの方が良いかも知れません。

 

ANAAMEXゴールド・カードいかがでしょうか?中身を知ると難しい部分もあり、意外に年会費無料カードも光るところがあります。

 

ぜひ、ご自分に合うカードを見付けて真のお得を作り上げて下さいね♪

 

ANAAMEXゴールド・カードのお申し込みはこちら

 

 

スポンサーリンク