お金がない時に心が安心する場所【クレジットカード,キャッシング,稼ぐ】

楽天カード9月25日(火)10:00まで7000pに緊急UP!お買い物パンダモバイルバッテリーが当選するかも!?yahooカード毎週末10000Pにアップ!リクルートカード毎週末限定8000p!記事更新情報:新記事毎日:ビックカメラSuicaカード(4月26日)上級者愛用の理由は?等。VIASOカード更新(4月27日)、リクルートカードは2018年最高は9000円。公式で確認♪楽天カードは現在、5000p。月間アクセス3万2千突破!

楽天カードとANAカードってどっち?初心者におススメは2枚持ちする事?使い分ける事?

f:id:tuieoyuc23:20180915191704j:plain

楽天カードANAカードのどっちがおススメかはインターネット上でも議論を呼んでいます。私は初カードは楽天カードでした。

 

初心者におススメは年会費無料の楽天カードで新規入会ボーナスも分かりやすいです。

ANAカードは年会費が掛かり「実質楽天カードかな?」と思うところ。

 

ですが、視点によって楽天カードANAカードには大きな違いがあります。

まずは、下の記事でもいいでしょう。

tuieoyuc23.hatenablog.jp

 

 

スポンサーリンク

 

 

1、楽天カードANAカードを一般的な視点で見る

f:id:tuieoyuc23:20180915172725p:plain

出典:お金の法則

一般的な一番のおススメカードと呼ばれたソラチカカードと楽天ANAカードの比較表。

マイルだけ見るとソラチカの方がお得です。

 

様々な視点がありますから、まず1つずつ行きましょう。

 

楽天カード新規入会キャンペーンのお申し込みはこちら

 

2、視点1:マイルとお得でどうか?

f:id:tuieoyuc23:20180915173338p:plain

出典:ANAカード

ANAマイルボーナスとお得=年会費や還元率です。フライトボーナスももらえるANAカードですが、実際のところ、「お得」なら完全アウト。

 

年会費は掛かる(現金が減る)、マイル入手も0、5%。

フライトマイルを入れても年会費無料で現金で払った方がお得。

 

飛行機に乗る機会が少ないと楽天カード決定。

マイルは自然に貯めて、航空券を年会費無料+還元率1、0%で取得。

 

大前提として

クレジットカードで私が「勝てないな」と思える方も「ANAカードやJALカードにコレ!といったカードがない」事がそもそもの話し。

 

私も超比較しましたが、中身が分かりづらく結局年会費無料でないのがネック。

お得なのか?そうでないのか?

混乱させたいだけのカードがANAカードとJALカード

 

これでは、「ANAプリペイドカード」が神として降臨するカードです。

プリペイドカードですが、年会費無料でマイルを貯める事が出来ます。

 

ここまでは「ANAカード無理」のイメージです。新規入会をしっかりお得にするためにも楽天カードの方が断然お得。

 

「何故、年会費を支払う必要があるのか?」

「わざわざ現金を消費してポイントにしたいのか?」の話し。

ポイントで税金や生活費はほぼ無理。

 

相当アフィリエイトや副業で稼げる、お金持ちしかANAカードは必要ありません。

収入が無くなると途端に全てが視えます。

「年会費が掛かるクレジットカードはNG」です。

 

もちろん、1年間の出費によります。しかし、それ以外は楽天カードやイオンカード、リクルートカードが断然お得です。

 

楽天カード新規入会キャンペーンのお申し込みはこちら

 

3、視点2:年会費無視でデザインは超OK!

f:id:tuieoyuc23:20180915174649p:plain

出典:ANAカード

最初の決め手として年会費は目をつぶれるかどうかが重要。楽天カードはデザインやステータス性は皆無で、ANAカード持っている方を見ると「おお!」と感じます。

 

ボーナスマイルやフライトマイルではなく。

還元率でもなく。

デザインは誰が持っていても、「かっこいいカード」です。

 

年会費=デザインがいいから許せる、何となくANAマイルを貯めるならこのカード!

これはOK。

ここまで理解できるなら、ANAカードは絶対的に楽天カードでは勝てないカードに。

 

人による視点を記載していますが、「何が目的か?」を考えて決めると自分なりに納得してカードを発行できます。

 

楽天カード新規入会キャンペーンのお申し込みはこちら

 

4、視点3:新規入会ボーナスやその後で見る

お得はマイルや還元率だけでなく、入会時も重要です。

 

1、しっかり入手できるのか?

2、年会費分元が取れるのか?

3、直近でお得になるのか?

 

新規入会ボーナスはANAカードはもちろん、フライトマイルです。楽天カード楽天スーパーポイントです。

 

ボーナスマイルを考えた上でANAカードを発行しても多分よく分からないと思います。

逆に楽天カードは「直近でお得」ですが、ANAマイルとしてはどうなの?です。

イメージの問題です。

 

実際には楽天カードの方がお得でも微妙にANAカードの方がお得に感じる。

これは、「ANAマイルを貯めるのに何故楽天カードなのか?」と言いたいところ。

 

還元率や新規入会ボーナスでは楽天カードが圧倒です。

入手しやすさ、もらえるポイント、簡単さ、初心者向け。

どれを取ってもANAカードと比較になりません。

 

ANAマイルを貯める時もそれ以降も断然お得です。

ANAカード全カードで全く話しになりません。

 

ただ。

 

先程も記載した通り、ANAマイルで楽天カードって言うのが微妙に感じるのではないでしょうか?

 

私も「楽天カードの方がお得」と理解しておきながら、何となくANAカードを優先。

これはもう人間的に仕方ないですね。

 

「どうしても年会費が嫌!」と思った時、ANAプリペイドカードを見付けました。

なかなかのデザインで「マイルが貯まるなら」と思いました。

しかし、プリペイドカードなのです。

f:id:tuieoyuc23:20180915180012p:plain

出典:ANAプリペイドカード

 

何となくクレジットカードではない感覚が微妙に。

では、どうするのか?です。

 

「コレ!」と言うカードがANAカード全種類にない以上は最後は「納得」しかありません。どう考えても年会費がネックですが、後は納得すればOK。

 

持っていて損しない唯一の方法です。

「何故、ANAカードを持つのか」この答えが重要でしょう。

もしかすると、裏ルートがあるかも知れませんが一般的には不可能です。

 

楽天カード新規入会キャンペーンのお申し込みはこちら

 

1、視点3-2:新規入会キャンペーン以外で視る(楽天カード

f:id:tuieoyuc23:20180915181017p:plain

出典:楽天カード

問題は入会後のキャンペーンです。

「お得」「どっち?」ならマイル以外も見ておきたいところ。

早速お得になるキャンペーンを紹介できるのが楽天カード

 

優待店舗でたったの500円使うだけでエントリーOK。

キャンペーンページでエントリーは必須です。

 

さらにディズニーのキャンペーン。(JCB専用)

f:id:tuieoyuc23:20180915181110p:plain

出典:楽天カード

実は新規入会後もキャンペーンが目白押しの楽天カード

入会した方はとっくに1万p当選している可能性もあります。

 

私が年間3万円節約出来た理由もこうしたキャンペーンも大きいところがあります。

当選しなくてもお得ですよね♪

 

顧客満足度1位も納得のカードが楽天カード

最後にコレです。当選した事はないです。

f:id:tuieoyuc23:20180915181321p:plain

出典:楽天カード

結局は、消費しない事が条件で年会費がネックになる大きな理由です。

航空券を5万円購入するとします。

全額還元。「ANAカードは何がお得なのか?」ってなってしまいます。

 

しかも、還元率は楽天カードの方が0、5%高く、ポイントも取得しやすいのです。

ここを記載してしまうと、目をつぶれる方も少なくなってしまいます。

私はこれを知った上で「ANAマイルならANAカード」の想いに到達しています。

 

「何をお得にしたいのか?」も結構重要なところです。

 

楽天カード新規入会キャンペーンのお申し込みはこちら

 

2、視点3-3:新規入会キャンペーン以外で視る(ANAカード)

f:id:tuieoyuc23:20180915181950p:plain

出典:ANAマイレージクラブ

ANAカードを持っていると言う事はANAマイレージクラブも当然入会済みでしょう。

 

これを含めてANAカード自体にキャンペーンが無くてもANAマイレージクラブを存分に楽しむ事ができます。

 

上の画像は「宮崎じまん」がもらえるキャンペーン画像です。2018年9月30日までは行われています。

ここまで何の情報も見ず、記載したところ、下の様な商品が。

f:id:tuieoyuc23:20180915182155p:plain

出典:ANAマイレージクラブ

 

ANAマイレージクラブ会員専用サイトでは高級品が抽選でもらえるキャンペーン中。

宮崎じまんは6つなど抽選で何名かにもらえます。

フライトをした後に地域特産品はなかなかのステータス。

 

やはり、「年会費」がネックですが「サービスで許せる」「デザインで許せる」ならOKのカードとなります。私の感覚ではお金持ちカードですね♪

 

こちらの抽選チャレンジになると、「全額還元」の様なスーパーマーケットの感覚はなく、ステータスが高い感覚です。

 

ポイント還元率では楽天カードANAカードを押しますが、完璧なカードはない証拠。

ポイント的には高くても「特産品」でANAカードの勝利。

どうしようもないです。

 

高級感溢れる商品で楽天カードの様に「イロモノ」感がない、となります。

失礼な事を言いました・・。

 

この様に視点を変えるだけでも楽天カードANAカードが純粋にどの様なカードなのかが視えて来るのです。

 

5、視点4:空港&快適な旅で見る

f:id:tuieoyuc23:20180915184111p:plain

ANAカードと言えば空港&ラウンジ&快適な旅が気になるところ。

1回行けば分かるのですが、旅行でのみ飛行機に乗る方は特別感があります。

 

1、特別な時にANAカードを提示する

2、たった1回のために特別な事をする

 

この2つが私が何となくやる事が多いです。考え方ですが、「普段と同じ」では旅する意味がないので「あえて使う」のです。

 

ポイント還元率は絶対的に楽天カードがお得、と理解しても「空港」「空」と言えば「ANAカードしかない」となるのも確か。

 

旅行に行って将来性を考えるのは微妙。還元率ではなく、「その時」を楽しむのが「旅」と言うものです。

特別な日にいつもと同じ還元率では損している気分です。

 

普段は「節約、還元率絶対」と言いますが、「旅行」や「海外旅行」の時は全く違う人間になります。

 

個人的な見解が強いので、飛ばしてもいいです。

普段は還元率やポイントを重視する人間なのですが、そういう時だけ「別にいい」になります。

 

何も考えないです。

還元率完全無視、旅行の時など関係なしです。気にした事ないです。

行く前にWポイントを試してみよう、くらいな気持ちです。

 

準備段階では還元率を超気にしますが、いざ行くと、もはやクレジットカード払いすらどうでも良くなるタイプなのです。

 

気にしない方がいいと思います。

 

楽天カード新規入会キャンペーンのお申し込みはこちら

 

6、結局、楽天カードANAカードのとちらがお得?

tuieoyuc23.hatenablog.jp

 

楽天カードANAカードはどちらも視点を変えれば優秀なカードです。

特別を選ぶ事でANAカードになるでしょう。

「絶対お得がいい!」なら楽天カードで決まりです。

 

初心者の方はYahoo!JAPANカードが10000pであればOK。

楽天カードも初カードとして異論のないカードです。

 

ANAカードも楽天カードもどちらも良いカードですが、普段使うカードは楽天カードで決まりとなります。

 

実は楽天ANAマイレージカードと言うカードもあり、どっちを選ぶか迷う方も。

f:id:tuieoyuc23:20180915185724p:plain

出典:楽天ANAマイレージカード

 

年1回の利用で年会費無料でANAマイレージクラブの機能も付きます。

200円に付き1pと還元率は0、5%。

機能的には楽天カードとほぼ同等でANAマイルが貯まる分、こちらの方が有利。

 

私も以前は「ANAの機能はいらない」と思い、無視しましたが今では楽天ANAマイレージクラブカードもなかなかだと思っております。

 

特にANAマイレージクラブの機能が使えるのがいいですね。

f:id:tuieoyuc23:20180915190102p:plain

ANAマイレージモールを使う事でマイルと楽天スーパーポイントの2つが貯まります。

楽天カードの機能はなかなかに素晴らしいです。

 

一方、ANAカードの方も♪

f:id:tuieoyuc23:20180915190320p:plain

出典:ANAJCBカードプレミアム

最終的にブラック券面のカードや人気のワイドゴールドカードに変化する予定があれば、全く問題ありません。

 

ANAマイルやANAカードは難しいのでよくマイルに関して知識を養った上でカード発行した方が無難です。

 

少なくとも「ANAマイル」を使った、取得した、還元してみたと言う方でないと理解できない部分も多いです。

 

単純に記事を見ただけでは理解不能です。

荒業としては「フライトして、あ~こうすれば良かった!」で試すのが早いです。

 

一応、ANAカードを持っていって「空港ラウンジが使えなかった!!」など失敗した経験があると実に比較しやすいです。

 

私も国際ブランドでJCBを適当に選びましたが、まさかのVISAでないと支払いができないお店があると思わず・・。コレは失敗談です。

 

VISAで持っていたのが還元率0、5%。

1、0%に出来なかった事から日本でも「VISAがいい」考えになり、推しました。

 

こうした失敗がないと「何がお得なのか?」が伝わりづらいです。

マイルでお得!新規入会でお得!と言われても無理があります。

 

結局は発行して「あ!」と思う事も大事です。

何を発行しても失敗する面はあります。

 

楽天カードANAカードにも言える事ですが、この世に完璧なカードはありません。

いずれも失敗もあり、成功もあります。

 

ぜひ、楽天カードANAカードのどちらかでお得で快適な旅を楽しんで下さいね!

私の初カードは楽天カード

新規入会&その後のキャンペーンでお得♪

 

楽天カード新規入会キャンペーンのお申し込みはこちら

 

スポンサーリンク