お金がない時に心が安心する場所【クレジットカード,キャッシング,稼ぐ】

yahooカード毎週末10000Pにアップ!リクルートカード毎週末限定8000p!記事更新情報:新記事毎日:ビックカメラSuicaカード(4月26日)上級者愛用の理由は?等。VIASOカード更新(4月27日)、リクルートカードは2018年最高は9000円。公式で確認♪楽天カードは現在、5000p。月間アクセス3万2千突破!

ふるさと納税は寄付だけで終わらない!Amazonギフト券1%分がもらえるなどお得でHIS旅行券はすごすぎる!

f:id:tuieoyuc23:20180727173641j:plain

ふるさと納税は寄付して次年度の住民税・所得税が高ければ高い程、お得になる制度。

私も超気になるコンテンツで正直分からない方も多いはず。

 

税務署で問い合わせして2018年8月にUPします。

楽天カードで寄付するとお得ですし、段々とレベルアップしていきたいですね♪

 

 

スポンサーリンク

 

 

1、ふるさと納税って、そもそも何?

会社員でも自営業でもできる節税の一種です。

「ヨッピー様」がおっしゃっている事が本当であればの話しで説明します。

 

「10万円寄付すると翌年度の税金が9万8000円安くなる」

2000円の差額は国庫に収まる形だそうです。

 

これを考慮して考えると2017年に10万円寄付すると2018年の確定申告時に9万8000円分納めなくていい事になります。

 

更にふるさと納税した10万円分で返礼品が来る、と美味しい話しになります。

 

「本当かな?」

 

本当です。(後日追記します)

 

ふるさと納税って事は自分の住んでいた地域?

仮に東京都に生まれたとします。大阪でもいいです。

f:id:tuieoyuc23:20180727161023p:plain

その割には様々な「自治体」とか言う項目があります。

単純明快です。

 

ふるさと納税=寄付金です。

 

どの自治体に寄付する?って話しで終わりです。

私の生まれは東京都だけど、心は大阪だから!で十分です。

 

要するにどの自治体に寄付しても別にいいよって事なんです。

自治体とはふるさと納税する場所と言うか、返礼品をもらうところです。

 

超お得な場所もありますから、別に自治体を気にする事なく好きな商品を選んでもらえばいいって話しです。

 

単純に言うとふるさと納税すると超お得って事にまとまります

単純に言うとふるさと納税は超お得で税金の先払いみたいなものです。

ただ、2000円損しているからこそ、踏み込めませんよね?

私はそれでも踏み込みます。

 

理由は下記の通り。

 

題名通り、私のおススメできるサイト「ふるなび」ではAmazonギフト券が1%分もらえるキャンペーンも実施しました。

f:id:tuieoyuc23:20180727160100p:plain

これは多くあるふるさと納税のキャンペーンの一種。

これだけでもふるさと納税がお得であると理解できるはずです。

 

寄付金額が10万円であれば1000円のAmazonギフト券がもらえます。

もし、10万円の寄付ができればこの時点で負担は1000円。

返礼品は置いておきましょう。

 

まだ損ですよね?

 

2、ふるさと納税で2000円自己負担でお得になる方法は金券

2018年に規制される噂のHIS旅行券。

ふるさと納税 HIS旅行券」で検索♪

f:id:tuieoyuc23:20180727161732p:plain

出典:ふるなび

10万円と記載していましたが、実は2万円程度からあります。

寄付金でHIS旅行券を挙げた理由はあります。

 

・2万円支払って税金が次年度安くなる

・2000円の自己負担

・あれ?旅行券って事は・・・?

・金券ショップに売れる

 

このせいで2018年が限界のふるさと納税となっている可能性があり、2018年度だけでもHIS旅行券で寄付した方がいいです。

 

理由は単純です。

2019年以降、HIS旅行券や超お得なふるさと納税が規制される恐れがあります。

今年度だけでも初金券ショップでいいので、ふるさと納税に初チャレンジして下さい。

 

納税金額が低くなり、Amazonギフト券がもらえて旅行券で稼ぐ。

ちょっと卑怯ですが、今年だけの可能性があるので即で行きましょう。

2019年以降の方法は別の方も含めて情報を集めておきます。

 

追記すると記載した通り8月以降にUPします。

UPしたらTOPページにUPした事を記載します。

 

3、ふるなびでお得なクレジットカードは「楽天カード

f:id:tuieoyuc23:20180727162811p:plain

出典:楽天カード

普段、楽天市場などまるで使わない方も多いでしょう。

初で「どうしようかな・・・」と思う方は楽天市場の「ふるさと納税」でもいいです。

 

楽天市場が詐欺したら終わりですので、初ふるさと納税としてはいいと思います。

f:id:tuieoyuc23:20180727163125p:plain

楽天市場からふるさと納税に飛べますので、間違いもなく安心です。

飛んだページ先には寄付した金額も表示され、初心者が分かりやすいです。

f:id:tuieoyuc23:20180727161023p:plain

寄付した件数、合計金額。確定申告時にもいい感じです♪

カード払いでポイントが付いて、楽天市場なので超お得なはずです。

こればかりはポイント投資や手数料0円で現金化する方法も含めて楽天カードです。

 

もし、誕生日月を狙うならライフカードの3倍もおすすめです。

又、nanacoチャージ狙いならリクルートカード。

Suica狙いならビックカメラSuicaカードでもいいでしょう。

 

使う際はよく調べて利用して下さい。

もう1つおススメするならPontaポイントに交換できるカード。

 

お試し引換券やdポイント投資に繋ぐ事が可能です。

 

楽天市場にあるので、基本は楽天カードなので使う金額次第では楽天スーパーポイントも無駄にはならないでしょう。

 

楽天カード新規入会キャンペーン

 

4、お得はクロネコ屋と変わりません♪1位、2位、3位はほぼ確定!

1位:佐賀県みやき町「HIS旅行券」

f:id:tuieoyuc23:20180727161732p:plain

低い金額で2万円からOKなHIS旅行券。

200万円単位等、お金持ちの方も十分に通用するやり方です。

 

結局納税するのですから、200万円を先に支払って金券ショップに売る等の方法で超お得になってしまいます。

 

お金持ちであれば「200万円程度いいか」と思うかも知れませんが、お得はお得。

私の様な一般人は即売ります。

 

もちろん、実際に使う「予定も」ありますよ?

総務省はこうした返礼品を抑える傾向が強く、税金を取る事に関して規制が早いです。

すでに少々規制が敷かれそうな気配です。

 

・返礼品は3割程度に抑える事

・商品券などの換金性の高い返礼品は避ける事

・貴金属、電子機器等の資産性の高い商品は避ける事

 

お金に関する規制が敷かれるのは意外に早いので、2018年がラストチャンスかも知れません。2019年以降は2019年以降で考えましょう。

 

余談ですが、私は基本的に「将来性を以って」を考えますが、今回ばかりは2018年がラストチャンスだと思っています。

 

ふるさと納税は早く自分の人生の歯車に組み込んだ方がいいです。

旅行券は1ヶ月くらいで届くそうです♪

 

2位:大阪府泉佐野市「peachポイント」

Peachポイント

f:id:tuieoyuc23:20180727164700p:plain

大人気商品に変わりなく、ピーチポイントが還元率50%だそうです。

格安航空として定評のあるピーチ航空で使えるポイントです。

 

180日以内とHIS旅行券と比較すると若干落ちますが、大人気商品。

私は旅行に行く前に購入。

ポイントをWebで使って交通費に換える事ができます。

 

恐らくふるさと納税タイミングもどこかに行く時にもらって180日以内に行く、が一番お得でしょう。

 

メールアドレス宛てに送られて来るらしいので、ポイント付与まで時間が掛かりません。メールアドレス宛ての付与は割と早いのが特徴。

 

格安航空を使う方はちょっと考えてしまう商品ですね♪

 

3位:静岡県小山町サーティワンアイスクリームギフト券」

f:id:tuieoyuc23:20180727165308p:plain

出典:ふるなび

第3位まで被ってしまいましたね。

しかし、サーティワンアイスクリームギフト券に有効期限がありません。

 

頻繁に使う事がなくてもサーティワンが好きな方は超美味しいです。

金券ショップで90%還元・・・こちらも・・。

 

サーティワンが大好きな方は年中アイスクリームが食べられます。

もし現金に・・アイスを食べたい方はぜひこちらの商品がおススメです♪

 

次点:商品券、旅行券は最初に検索をおススメ!

f:id:tuieoyuc23:20180727165803p:plain

出典:ふるなび

「ふるなび 商品券」と検索し、その後にページを開きます。

下の方に行くと、左側に「宿泊券」や「スキーチケット」「商品券」と並びます。

 

おススメ第1位~第3位もいいですが、お好きな商品が大事。

稼ぐ目的以外にも様々な商品券、宿泊券、旅行券があります。

 

還元率は2000円程度を考えれば済むので、どれでもいいと思います。

温泉に行きたい方は温泉の宿泊券でもいいでしょう。

 

どうでしょうか?

 

ふるさと納税に損していたと思いませんか?

 

実は「ふるなび」がおススメとされていて、私も「ふるなび」を利用しますがまだまだお得なサイトがありそうです。

 

ふるさと納税前に事前にチェックしておくといいでしょう。

 

5、ふるさと納税のやり方さえ分かれば、後はお得を探す!

ふるさと納税=肉や野菜、食べ物の時代は終わりました。

今は「お得こそ全て!」「税金対策!」等が多いです。

 

ふるさと納税のやり方が分からない方は損しているだけで税務署に聞いた方が早い。

「どう、お得でどうなるのか?」

 

結局は1日で毎年毎年金運を逃している事になります。

 

第1位~第3位まで金券であれば、「お金に悩んでいるのに何でやらないの?」と言われた方もいて、何も言えません。

 

一回やり方を覚える、もしくはメモすると毎年お得になります。

節税になり、Webでポイントも稼ぎ。

更にクレジットカードの使い方も熟知して、ふるさと納税のお得さも知れます。

 

更にポイントは現金に交換できる制度もあり、様々な商品に交換できて・・。

最後にはポイント投資。

 

ここまでお得が詰まっていて「やらない」で「お金に困る」はないでしょう、と言われていました。

 

特に節約で頑張っている方にはふるさと納税を先におススメしたいです。

稼ぎ過ぎている方もふるさと納税がお金を戻すチャンスです。

 

やり方さえ分かれば「これお得だな」を使って楽しめばいいだけ

私のおススメはHIS旅行券ですが、2000円の損を考えて当然です。

私どころかネット上超人気だからこそ、規制される話しが出ました。

 

やり方が分かればふるさと納税も楽しくなると思いますし、ちょっと面倒なだけです。

しかも1年に1回面倒なだけです。

 

仕事をしたご褒美の様な物で、わざわざ税金を高く支払うのですから戻って来て当然だろうと言う話し・・・なのでしょうか?

 

確定申告自体はサラリーマンの方は申請すれば戻って来るお金もありますし、行って損はないです。

 

副業している場合は逆に取られます。

 

副業関連が無ければ確定申告の真っ只中でも私の住んでいる場所では別窓口があり、即終わっていました。

 

行けばお金が戻って来るので毎年の確定申告はふるさと納税を抜かしても大事。

 

 

6、ANAふるさと納税、利用率No1のサイト、お礼の品数No1等も♪

f:id:tuieoyuc23:20180727171839p:plain

出典:ANAふるさと納税

100円1マイルと驚異的な還元率のANAふるさと納税

30円で10マイル等、普通は還元率が低下します。

 

ANAマイル目的の方はANAふるさと納税公式サイトでANAマイルを貯めるのもGood!

 

利用率No1のサイト!「ふるさとチョイス」

f:id:tuieoyuc23:20180727172341p:plain

出典:ふるさとチョイス

公式サイトで利用率No1と謳っているふるさと納税No1利用率のサイト。

 

お礼の品ランキングではお肉が多いです♪

f:id:tuieoyuc23:20180727172507p:plain

出典:ふるさとチョイス

商品券や旅行券は置いておき、黒毛和牛ヒレステーキを食べる大チャンスです♪

うなぎとかいくらとか今は何でもあります♪

 

「お金持ちの待遇が良くなっただけ!」と批判も多いですが、私はそこまで稼げるのですから、(持っているのですから)批判しなくていいと思います。

 

そのお金にするまでどれだけ苦労したんだろう・・・と考えてしまいます。

 

商品検索は考える事は同じ?面白いです♪

ある筋の情報で、Googleトレンドを見ると分かるのですが、結構考える事は一緒。

商品検索を見ると面白い商品がたくさんあるのも特徴。

 

・松茸

・松坂牛

・黒毛和牛

・旅行券

・商品券

 

などなど検索の仕方も考える事は一緒の様です♪

私も上記コンテンツは気になりますし、個人情報と言うより「それはそうかも」です。

 

使いこなす事ができれば旅行件や商品券だけでなく、見るだけでもお得です♪

理解した上で物事をこなすと面白いのと一緒です。

 

最後に税務署の話しと経験談です。

 

7、最後は税務署や税理士に聞いてくるのが正解なので、聞いて来ます(追記場所)

お得になるにはコツがありますが、私の理解の範囲ではふるさと納税を知っていても中身が理解できず、何となくスルーする方が多い制度です。

 

ハッキリ言ってWebをそこまで調べる程、暇ではないし、そもそも面倒。

HP見ても「次年度に掛かる税金」がバシッと記載されてない。

 

挙句の果てにWeb上の人は経験がある癖に肝心な「利用して次年度に掛かった金額」をUPしていないと言う始末。

 

私がシビレを切らして税務署に聞いてくる事にしましたので、2018年8月にUPします。

 

経験談と共にUPしますので、お待ち下さい。

ふるさと納税に関して、浅い知識でもないよりはマシです。

使いこなす事ができれば、ほぼ確実にお得になる方法ですよ♪

 

「ここに追記します」

 

スポンサーリンク