お金がない時に心が安心する場所【クレジットカード,キャッシング,稼ぐ】

楽天カード9月25日(火)10:00まで7000pに緊急UP!お買い物パンダモバイルバッテリーが当選するかも!?yahooカード毎週末10000Pにアップ!リクルートカード毎週末限定8000p!記事更新情報:新記事毎日:ビックカメラSuicaカード(4月26日)上級者愛用の理由は?等。VIASOカード更新(4月27日)、リクルートカードは2018年最高は9000円。公式で確認♪楽天カードは現在、5000p。月間アクセス3万2千突破!

ビットコインが下落?「1万ドル以下で買える最後の月」

f:id:tuieoyuc23:20180509194526p:plain

ビットコインが詐欺だと言われ、多少値段が急落したり暴落したりの繰り返し。

その中で今月に入り、様々な憶測が飛びました。

 

ビットコインは今後、ペースは緩やか

・着実に価値を上げていくだろう

・2018年5月が1万ドル以下で買える最後のチャンス

 

など。本当に色々な事が言われています。

 

知っている人は知っているかも知れませんが、ビットコインは今までに200回終わっています。

 

【GMOコイン】 ならビットコインイーサリアムリップルライトコインあり。

現在キャンペーン中で20000サトシもらえます♪

 

スポンサーリンク

 

 

1、ビットコインが200回終わったとは?

ビットコイン(以下BTC)は、今までに「新しい時代」「新たな幕開け」と様々な規制と共に200回以上も死んでいます。

 

暴落のたびに「BTCは終わった」

急落のたびに「BTCに投資はバカげている」

上昇のたびに「BTCは上昇トレンドか!?」

そして暴落「BTCは何の価値も生まない」

 

・・・・呆れ返る一言の連続。

投資は待つもの。

 

今日、明日で決着が付くはずがないのに、何の価値も生まないなど誰が決めたのでしょうか?

 

実際に200回以上も攻防を繰り返しBTCは見事に100万円。

バブルが終わったなら急落後、120万円に回復、更に70万円に暴落するでしょうか。

 

ひょっとすると、バブルはこれからではないか?

と睨んでいます。

 

2、GWの変化を見て、5月が最後の月と見て

投資家の間では、完全に二分されているBTC。

BTCと同時にアルトコインが上がるのはもはや仮想通貨市場で常識の範囲。

 

リップルのみ反ししている場面やイーサリアムが強い場面があります。

チャートを見ても見なくても、判断を付ける材料は多くあります。

 

GWに上がると言われ、上がった2018年のGW。

ただ、2017年より上がらない予想は当然の区域。

 

2017年の時は口座開設数がパンクし、一気に上がりました。

今年は取引所がひいひい言ってなかったので、微々たる数字でした。

 

2018年5月7日~5月9日時点では急落してました。

ただ、有名な投資家は1万ドル以下で買える最後の月とも。

1万ドル=109万円程です。

 

バブルではない仮想通貨を視る方法は一つ。

「最高値を更新した瞬間に売っていい」

短期投資ならこれで十分。

 

何度かチャートを見ていましたが、最高値更新の瞬間に下がります。

もし、上昇を続けたとしてもレアパターンでしょう。

 

「微妙だな・・・」と思うならいくつかに口座を分けるのも無難。

売る、待つ前提ならそう負けないでしょう。

 

3、緩やかペースで上昇すると見通し

私が視た限りでは、BTCはバブル以外では、非常に緩やかな上昇でした。

投資家からすれば当然かも知れませんが、最高値を更新しつつ、落ちます。

そして、上昇して更新し下がる。

 

この繰り返しで年末まで260万円程と予想したのでしょう。

丁度、計算するとそのくらいになります。

 

Webポットでは年末に10万ドルとか100万ドルと言いますが、Webポットは全部のBTC価格を入れています。

 

ビットコインキャッシュもBTCと計算しているのでしょう。

10万ドルは全て合わせて10万ドルと思われます。

 

2月に何ドルでしたっけ・・・?

キャッシュも合わせると150万円丁度だった気がします。

無理やりですが、一応つじつまは合います。

 

仮想通貨FXも【GMOコイン】

 

4、リップルGoogleが元

リップルに注目を浴びるのはGoogleが元だからでしょうか。

それとも銀行が少しずつ利用を開始したからでしょうか。

 

基本的にリップルを基軸とする企業は多く、大手ビットフライヤーも「リスクではなく、リップルではないか?」と2018年1月に言われていました。

 

結果はリスクでしたが、リップルはそれだけ信用があります。

信用がある=手放す人も少なく需要が増える可能性が非常に高い事になります。

 

もし、BTCのブロックチェーン技術がダメでもリップルがある、と考えているのでしょうか。

 

リップルイーサリアム取り扱い中。

GMOインターネットグループの【GMOコイン】

 

5、イーサリアムはスマートコントラクト

スマートコントラクトとは簡単に言うと取引の結果が全部分かる事。

ブロックチェーン技術以上と言っていいでしょう。

 

例)

A君がB君に100円貸した

A君がB君に100円返した

 

これはブロックチェーン技術で記録できます。

ただ、スマートコントラクト技術のイーサリアムは更に上をいきます。

 

「取引」はブロックチェーンで記録できますが、それ以上の要素はできません。

難しい話しは置いておき、ブロックチェーンより提唱が前と覚えておくといいかも。

 

天才少年が生み出したイーサリアムは世界中で「BTC以上に」との噂。

年末に160万円と呼ばれるイーサリアムは有名な方も投資対象にしています。

 

多少、はしょりましたが、BTCは中身を知ると結構信用に値します。

私の知識も初心者のレベルなので、もう少し詳しく調べた方がいいです!

 

最近はBTCが思わしくありません。

ローソク足しで見ると、雲の下に突き抜けている事も・・・。

これは、9000ドル(98万円)を下回る可能性。

 

恐らく97万円で止まるかな・・・と思います。

・・・あんまり信用しないで下さいね!

 

追記:駄目でした。

GOXさんが売却のニュース、bitFlyerハッキングニュース(後に公式で否定)、韓国の家宅捜索が売りを強くしたそうです。

 

一度、資金を全額逃がした人も。

週明けに戻るかな・・・?

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

仮想通貨取引所QUOINEのお申し込みはこちら

GMOインターネットグループの【GMOコイン】

 

スポンサーリンク