お金がない時に心が安心する場所【クレジットカード,キャッシング,稼ぐ】

楽天カード9月25日(火)10:00まで7000pに緊急UP!お買い物パンダモバイルバッテリーが当選するかも!?yahooカード毎週末10000Pにアップ!リクルートカード毎週末限定8000p!記事更新情報:新記事毎日:ビックカメラSuicaカード(4月26日)上級者愛用の理由は?等。VIASOカード更新(4月27日)、リクルートカードは2018年最高は9000円。公式で確認♪楽天カードは現在、5000p。月間アクセス3万2千突破!

ANAマイレージを貯める方法!面倒抜きで簡単な貯め方を知りたい!

ANAマイレージを貯める方法!面倒抜きで簡単な貯め方を知りたい!

f:id:tuieoyuc23:20180308172144j:plain

ANAマイレージを貯める方法はたくさんありますが、どれも面倒過ぎてパッとしないものかと思います。記事は順次更新予定。

 

貯め方を知れば、1年間優雅に過ごす事も可能なので、面倒抜きでざっくり説明していきましょう!人によっては20万マイルも・・・?

 

ANAマイレージを上手く貯める事ができれば、無料で航空券を手に入れる事が可能。実はこれだけ理解すれば、記事を読む価値あり。

 

ネット情報はバラバラ過ぎます。この記事で完結しておきます!

 

【目次】

1、1番の貯める方法は、ANA VISA Suicaカード! 

2、クレカ以外で貯められないか?

・マイルはどうやって貯まる?貯まっている?

ANAマイレージクラブモールを使う

ANAマイルを稼ぐ手段を用いる

3、ANAマイレージを簡単に!現実的に貯める手段

4、何が年間30万マイル!?すごくない、すごくない!

5、ANAマイレージを駆使して貯めるには!?

 

 

1、1番の貯める方法は、ANA VISA Suicaカード!

1番お得なクレジットカードはANA VISA Suicaカードがおすすめされています。入会マイルとマイル付与率であれば、こちらがおすすめ。

 

貯める方法はクレジットカードが第一位。やはり、マイラーに必須。

 

ANAマイラーが持っているカードと言われます。まず、これがおすすめなのは間違いなさそうです。

 

年会費が掛かるのがおっくうなところですが、マイル付与率と入会マイルでカバー。貯め方もあるので、先に見ておきましょう。

 

f:id:tuieoyuc23:20160904132832p:plainチェック!ポイント!

f:id:tuieoyuc23:20160904143042p:plainANA VISA Suicaカードは基本がマイル付与

f:id:tuieoyuc23:20160904143042p:plainショッピングで貯まる

f:id:tuieoyuc23:20160904143042p:plainSuicaオートチャージで貯まる

f:id:tuieoyuc23:20160904143042p:plain入会マイルがもらえる

f:id:tuieoyuc23:20160904143042p:plain継続時にマイルが付与される

f:id:tuieoyuc23:20160904143042p:plainフライトボーナスがある

f:id:tuieoyuc23:20160904143042p:plain特典航空券への還元が1、5円分

f:id:tuieoyuc23:20160904143042p:plain提携店を知る事が第2STEP!


ANA VISA Suicaカードならではの特典が並びます。面倒であれば、ここまででOKだと思います。段々と知識を蓄えていけば、その内TOPレベルに上昇します!

 

まず、ANA VISA Suicaカードを使ってみて、「どうお得になれるのだろう?」と疑問に思う事から始まります。最初は入会マイルのもらい方を見れば十分でしょう。

 

もちろん、ANAマイルを貯める前提でしたら、ショッピングも全てANA VISA Suicaカードを使い、ANAマイルを貯めていきたいところ。

 

基本的に普段からANAマイルを貯めようとするのが一番です。レストランとかお買い物とか普段の生活で使う場所はANA VISA Suicaカードを持っていき、ANAマイルを貯める様にしましょう。

 

更にクレジットカードの基本である提携店。ANA VISA Suicaカードにもしっかりありますから、提携店を覚えてANAマイルをお得に貯めましょう。

 

基本還元率が低いので、普段のお買い物に向きませんが特典航空券に交換する事で実質1、5円になるそうで、お得感はあります。

 

ただ、他のポイントも貯めている場合はANA VISA Suicaカードばかりとは行かないかも知れません。しかし、ANAマイラーが持っているのですから、年会費以外は気にならないと思います。

 

2、クレカ以外で貯められないか?

普段のショッピングでクレジットカードで使うのは、クレジットカードを使います。では、さらに手抜きで貯める方法はないか?と模索。

 

ある程度、「貯める」と決めるとANAマイレージプログラムの内部を知らないといけません。

 

どうやって貯まっているのか?どの様にお得になっているのか?です。ただ単純に飛行機に乗ってもマイルは貯まりません。

 

では、簡単説明。

 

マイルはどうやって貯める?貯まっている?

クレカ以外で一番いいのは、ANAマイレージクラブカード。

 

ANAマイレージANAの公式サイトやANAプリペイドカードなどマイルを貯める事ができるカードを持つ事で、保有できます。

 

もちろん、上記に記載したANA VISA Suicaカードやソラチカカードがクレジットカードでおすすめされています。

 

しかし、クレジットカード以外であればANAプリペイドカードやANAマイレージクラブカードがあります。入会費・年会費は無料なのでこちらはまず基本。

 

ANAマイレージクラブカード」と検索するとすぐ出てきます。

 

プリペイドカードやらデビットカードがありますが、ANAマイレージクラブカードが何もないANAのポイントカードです。

 

まず、ANAマイレージを貯める上でこれは知っておきたいところ。

 

ANAマイレージANA公式サイトでログインすると見れます。詳しくは公式サイトに行きましょう。

 

ANAマイレージクラブモールを使う

ANAマイレージクラブモールを使うとさらにポイントを節約可能。じゃらんnetやDHCなどを利用でマイルがもらえます!

 

ANAマイレージクラブに入会すると、こうしたコンテンツを利用可能。普段からANAマイルを貯めるには、貯め方も重要です。カテゴリを見ると以下の通り様々なショップが掲載。

・宿泊予約

・レストラン

・レンタカー

・口コミ投稿

・モバイル・Wi-fiルータ

・総合通販

・ファッション

・百貨店・ショッピングモール

・美容・健康

・インテリア・日用品・雑貨

・フラワーギフト

・スーパー、コンビニ

 

と有名店が並ぶので、宿泊のためにじゃらんnetを使っているなら、要チェック!ANAマイルは分かりづらい部分もあります。

 

しかし、200円で1マイルや100円3マイルといった風にショップの下に貯まるマイルの数が記載されているため、初心者でも理解しやすいです。

 

ANAマイルを稼ぐ手段を用いる

ANAマイルはクレカと飛行機に乗るだけで貯め方は終了・・・とこれだけではただの節約の区域。

 

還元だけでなく、ANAマイルを貯める=稼ぐ方法を身につけたいところ。規約違反になるので、詳しく掛けませんが、そういったサイトは多くあります。

 

ANAマイル 稼ぐ」で検索可能です。

 

3、ANAマイレージを簡単に!現実的に貯める手段

普段、生活している上でできる事は限られています。

 

・ショッピングでANA VISA Suicaカードを使う

ANAマイレージクラブに入会

・ポイントアップショップを利用

Suicaへのオートチャージ利用

ANAマイレージを稼ぐ

ANAマイレージクラブポイントモールを使う

・銀行口座開設でパッと貯めておく

・飛行機に乗る

 

パッと見ましたが、どれも一発ですがいつ終わるか分からないので、銀行口座開設がいいかと思われます。

 

新生銀行スルガ銀行ANA支店でANAマイレージがもらえる事があります。2018年3月時点ではまだやっていました。

 

銀行口座開設なんて面倒だと思いますが、Webから申請できる時代です。新生銀行の方は口座開設で300マイルもらえる様子。

 

又、円定期にするとついでに50万円ごとに最大1000マイルもらえる様子です。キャンペーンは随時行っていると思いますが、ANAマイルを貯める手段としてはいい感じです。

 

加えて、ANAマイレージポイントモールは特にインターネットショッピングサイトを経由できる場所。例えばYahoo!ショッピングを使っているなら、ANAマイレージポイントモールを経由。

 

これでポイント2重取りの完成。ANA VISA Suicaカードを使えばさらに3重取りの完成でしょう。

 

じゃらんや一休、楽天、エクスペディアなど有名どころは満載。現実的な手段としては、このくらいでしょうか?

 

少しだけ普段の生活に取り入れるだけなので、初心者の方も簡単です。

 

ANA VISA Suicaカードを持つのもいいと思うのですが・・・クレジットカードが嫌な人はANAマイレージクラブカードがおすすめとなります。

 

5、何が年間30万マイル!?すごくない、すごくない!

「年間で30万マイル!」「勝てないな~20万マイルだよ~」何がすごいのでしょうか?全部カード払いって事は年間にしたらものすごい値段です。

 

すごくない理由はANAマイレージの稼ぎ方です。そう稼ぎ方になります。クレジットカードの還元で貯めているのではなく、ただ稼いでいるだけです。

 

ANAマイルに交換できる場所はたくさんあります。クレジットカードの還元で20万マイルもいったら余程のお金持ちくらいしかありません。

 

それ以外なら稼いでいるだけです。ただ他の提携ポイントからANAマイルに交換して10%増量!と言う事もあるので、そのパターンならずっと貯めておけば可能ではあります。

 

しかし、現実的ではないので面倒なく貯めるには「3」番に記載した通りが一番です。ちなみに世界一周航空券は20万マイルで可能だそうです。

 

以外と世界一周になると低い数値になります。余程のお金持ちと大富豪しか無理でしょう。

 

5、ANAマイレージを駆使して貯めるには!?

最初にANA VISA Suicaカードかソラチカカード。これは必須条件。そこまで行かないなら、ANAプリペイドカード、ANAデビットカードANAマイレージクラブカードをご用意。

 

稼ぐ手段は当然の区域。お得ルートが一番大事になります。ANAマイレージを最もお得にするにはメトロポイントに交換の後にソラチカルートを通ります。

 

実質、普通に交換するより5000マイルと8000マイル程の差が出ます。数字が大きければそれだけ差も大きいでしょう。

 

どこからどこまでもANA VISA Suicaカードで決済するのがポイントです。ポイント提携店の他、交換でお得になるコンテンツは全て網羅する事が大事。

 

公式サイトにはANAマイレージの貯め方は記載していないので、経験記事、もしくは情報記事頼りになります。

 

分かりやすく説明しているサイトも多くありますから、この記事をパワーアップするまでは他の方の記事をおすすめ。

 

ANAマイレージを駆使して貯める方法は結構ありますが、まだまだ勉強不足なので、この辺りで。