お金がない時に心が安心する場所【クレジットカード,キャッシング,稼ぐ】

楽天カードが10月22日(月)10:00~10月29日(月)まで7000pにアップ!ビックカメラSuicaカード2019年1月31日(木)まで8000pに緊急UP!イオンカード11月30日(金)まで8000円分にUP中♪yahooカード10000Pにアップ!タイミングは?リクルートカード限定8000p!記事更新情報:新記事毎日:ビックカメラSuicaカード(10月20日)上級者愛用の理由は?等。VIASOカード更新(4月27日)、リクルートカードは2018年最高は9000円。公式で確認♪楽天カードは現在、

リップル(XRP)の今後と将来性!2020年には10万円だと・・・!?

リップルの今後と将来性!2020年には10万円だと・・・!?

f:id:tuieoyuc23:20180306134722j:plain

リップルXRP)の今後と将来性について調べたところ、2020年には10万円にいくと予想。

 

リップルXRP、Ripple)と呼ばれている仮想通貨は、一般的に人気が高くアルトコイン(オルトコイン)の中でも今後と将来性を期待されています。

 

仮想通貨ニュースを更新しました!

tuieoyuc23.hatenablog.jp

 

本当かな?と思い、インターネット上の情報を寄せ集めて見ました。リップルの予想はほぼまとまっているので、これから買おうと思っている人方もぜひ読んで見て下さい。

 

BTC価格は125万円を突破。この記事の時点では落ちていますが、150万円は見えて来ました。

 

そろそろ、1月の大暴落も終焉を迎えそうでなりよりです!リップルの明るいニュースや噂などをまとめましょう!

 

リップルの購入はお得なGMOコイン。

GMOインターネットグループの【GMOコイン】

 

 

 

 

1、リップルの今後と将来性

噂では、「コインベース」なる場所にリップルが上場すると言われていました。この噂は途絶えた後に、しばらく身を潜めています。

 

グーグル(Google)やSBIといった大手企業も参入。信用性はかなり高いと見て間違いないでしょう。

 

しかし、2018年3月6日時点の噂を見るとまたも再浮上。一般的に上場するとコインの価格は「信用された」事になり、少し上がります。

 

機を逃すと暴落に巻き込まれる可能性もあるため、おすすめはできませんが一応その様になっています。(上手くやればいけるかも?)

 

「コインベース」がどの様に信用されていて、どの程度利用者がいるのか?を把握しておく事で随分違います。

 

リップルの価格の予想は誰にもできません。外国の有名な人でもロボットを使った実験でも全く訳が分からない市場です。

 

唯一言えるのは、下がったからと言って焦らない事。「その内上がるだろう」くらいの気持ちが今は大事。

 

ただし、リップルだけでなく、他の暗号通貨についても注意点や気にして欲しい部分があるので、これは後述します。

 

話しを戻し、リップルの今後から。

 

GMOコインでリップルを買うとお得な理由

GMOコインならXRPの取引手数料が最安価

 

リップルビットコインを超える?

リップルは今後、一年間の間に様々な噂が流れています。まず、リップルの今後の価格予想から。

 

・2018年に200円くらいだろう

・2020年に10万円にいく

・2020年に210円くらい

・2018年5月暴騰・・・?

・2018年には8ドル~10ドル

・800%の上昇もある

・とんでもない価格になる

・実は事件とは何の関係もない

・株式に影響される事がない

 

ビットコインの送金時間に比べてリップルは短縮する傾向です。実際に仮想通貨の中で一番の可能性はリップルXRP)ではないでしょうか。

 

リップルの初開発は2004年。カナダの開発者による開始。ビットコインの致命的な弱点のスケーラビティ(送金)や消費電力といった問題を克服。

 

ビットコイン技術も使われており、ビットコインでは10分以上(程度)掛かる決済がリップルXRP)では数秒。

 

技術の段階ですでにビットコインを超えており、リップルを推す人の中には手数料や送金までの時間で考慮する人も。

 

ドル計算は面倒そうに思えますが、グーグル検索で「10ドル」と検索してみて下さい。初心者の方でなければ申し訳御座いません。

 

10ドルは約1062円以上となっていますが、1062円でいいでしょう。端数は特に取引所では計算されませんし、日本で取引をしている以上、日本円計算です。

 

海外取引所の場合はドルの価格を端数まで覚えると楽かも知れません。

 

価格予想は様々ですが、調べるだけでもこれくらい出て来ます。私の個人的な予想は「もう下がらないかも」です。

 

一時的な急落程度はあると思いますが、リップルの価格は115円程度を記録。最近のビットコインの価格推移と計算しても、リップルの上昇の方が早いです。

 

実はビットコインがTVでCMされたりしましたが、2017年飛び抜けたのはリップルネム

 

噂になり過ぎてネムは事件に巻き込まれました。コインチェックは不幸な目に遭いましたが、「コールドウォレット等」に入れておくとか言っていますが反省しているのでしょうか・・・。

 

話しが飛びましたが、リップルの上昇は2018年最も大きいと言われており、価格予想も跳ね上がっています。

 

何故、リップルがおすすめなのか?はこれも後述。

 

リップルXRP)の価格予想はまだまだあります。12月のお祭り相場を知っている人がいれば、リップルが影に隠れていた事を知っていましたか?

 

リップルは1ヶ月の間に15倍に上がり、凄まじい影響を与えました。対するビットコインはせいぜい、2倍程度。

 

2017年の開始には1円~3円だった通貨が突然450円になる程です。価格予想は2018年に明るいものとなって当然でしょう。

 

2018年中に1000円突破し、2020年には10万円。そうなったら、億り人になるのも簡単そうです。

 

GMOインターネットグループの【GMOコイン】

 

リップルの将来性

・コインベースに上場

・今年世界規模の3社が参入

リップル社が100以上の金融機関を獲得

 

コインベースに上昇した事は先に述べました。小さいニュースからいきましょう。大手bitFlyerに上場すると噂されていた事をご存知でしょうか。

 

結果的には「リスク」となりましたが、リップルの信用性はそれだけ高いのです。大手取引所に上場される可能性がある=今後は実装の可能性は十分です。

 

将来はビットコイン価格を超える予想もあり、リップルビットコインイーサリアムの3つと言われます。

 

イーサリアムは「ホリ○モン」さんも推している仮想通貨の一つ。ビットコインは言わずも知れた一番の大手コイン。

 

リップルが3大コインと言われている理由は金融機関の影響もあります。100社と手を結び、世界規模の送金企業が信用してくれています。

 

ツイッターリップル社が発言した事が話題となり、実際に起きた事です。(ソースあり)

 

さらにリップルのいいニュースを。ニューヨーク・タイムズリップル最高経営責任者が利用や使用について疑問を投げかけました。

 

結果は以下の通り。

 

「過去数ヶ月において、銀行や決済業者と話しをしました。本格的に視野に入れてもらっています」

 

このニュースは1月5日の事でした。そして、その後にツイッターで世界5大送金企業の3つがリップルを使用する事を表明。

 

リップルに安全性を感じ世界規模の仮想通貨になっているか分かってもらえたら嬉しいです。

 

仮想通貨リップルXRP)の将来性は明るい未来に包まれていました。もちろん、まだまだあります。

 

リップル世界ニュースまとめ!

・韓国のウリィ銀行で送金開始

・一千億稼いだ人あり

・億り人誕生!

リヒテンシュタインのFrick銀行がXRP開始

・コインベース上場再燃!

・やはり、ニュースでもリップルの上昇目立つ

・アップグレード予定(安全性を高める)

・BTCより非中央集権になる

・ブラジル、インド等の銀行及び送金サービス業者と提携

 

中央集権とは、国家が握っている事です。一般に中央政府に権限があるので、規制により暴落すると思っていいでしょう。

 

その中央集権が非中央集権的になると意見を述べておりビットコイン(BTC)より安全性が高い事を将来的に実現する動きです。

 

海外のニュースがどう影響するのか?までは記載されていない事が多いです。一般的に海外の銀行や送金は非常に事件が多いです。

 

日本がしっかりしているかは置いておき、とにかく事件が多く「安全に資産を守りたい」意思は強いのです。

 

ブラジル、インド等の銀行が送金サービスにおいて手を結び国際送金サービスを安全なものとした時、信用性は格段に増えます。

 

リップルの中身はいいのですが、「安全に国際送金できる手段はないか?」「顧客の資産を安全に送金できないか?」と銀行側は模索します。

 

その結果、2018年にリップルの最高経営者と銀行や決済サービス業者と話しをした事が2月22日のブラジルやインド等の銀行に結び付いた訳です。

 

銀行が手を結ぶリップルXRP)は非常に優秀で有能な仮想通貨。暗号通貨の幅を超える様な取り組みや施策をしています。

 

ちなみにリップルXRP)を取り扱いチャレンジ中の会社は多くあり、一覧表で見れる様なので、そちらも興味があれば。

 

GMOインターネットグループの【GMOコイン】

 

2、何故、リップルを推す人が多い?

一般的にアルトコイン(オルトコイン)と呼ばれているコインを信用する人は少ないです。「ビットコイン以外、信用ならない」人も大勢います。

 

その中で銀行や決済業者が信用するのはリップル。そして、投資家も注目を集めるリップル。何故でしょうか?

 

ビットコインは手数料がもの凄く高く、決済に向きません。実際にビットコインの手数料が高い事で決済を諦めた(停止した)企業もあります。

 

決済を停止した企業はインターネット上で調べてもらえると分かります。

 

リップルは逆に5大送金企業の内、3社を獲得。銀行とも手を結ぶ程進出しています。実際に使うのなら、手数料などいらないのです。

 

注意点はもちろんあります。勘違いしている人はこちらでご確認を。

 

・銀行で使われると決まってない

・RippleとXRPは同じではない

・上場はあくまで噂の範囲

 

別の方が言っていましたが、相場の世界では「噂で買って事実で売れ」だそうです。格言になっているらしく、投資の世界を続けるならこれは覚えておきましょう。

 

リップル社のXRPと捉える方がいいのですが、最近はやたらいい噂が多いので高騰してもおかしくないかな・・・?と思った矢先に2月6日の暴落から一気に115円を越しました。

 

ビットコインよりリップルXRP)の方が上がっていると思われます。他の通貨は絶妙に微妙です。

 

リップルXRP)が推される理由はこうした背景もありますが、実はもう一つ。

 

「価格が安いから大きく買いやすい」のもあります。コインチェックを見るとちょっと前まで40円程でした。

 

ビットコイン価格は60万円。同じ1コインならどちらがいいでしょうか?1コインなら60万円投資するか、40円投資するか?になります。

 

ビットコインでなくてもいいです。「5万円投資しよう!」と考えた時、ビットコインでは1コインも買えません。しかし、リップルXRP)ならもの凄い数値が買えます。

 

低いところで買い、安いところで売る方法は賛成ですが「投資」するならどちらか・・・?です。

 

リップルXRP)で億り人はいる

記事でいくら説明しても、リップルXRP)の良さは伝わらないでしょう。1千億円稼いだ人がいるので、そちらはニュースで。外国の事です。

 

そして、日本でも億り人達成の人はいるのか・・・?と言えば題名通りいます。私は億り人の意見で購入していませんが、(すでに保有)なかなかの将来性があると思います。

 

億り人の方は5億円とか10億円とか目指しているそうで、まだまだ持ち続ける予定の様です。私なら1億円に行ったのなら売り逃げします。

 

後述してありますが、鬼門年があるので様子見です。2020年まではいいと思いますが・・・。

 

3、リップルXRP)の危険、暗号通貨の鬼門年

リップルXRP)、ビットコイン(BTC)、ネムXEM)・・・なんでもいいです。暗号通貨には「半減期」と「鬼門」があります。

 

半減期はマイニングをしている人の給料みたいなものが下がる時。この時、仮想通貨の値段は大幅に上昇します。(2倍くらい)

 

そうでないとマイニングをしている人の給料が下がるためです。ただそれだけで上がります。ビットコインは2020年を予定していました。

 

もちろん、OKコインや他のコインも半減期はあります。リップルXRP)にはありません。と言うより分からない仮想通貨が多いのです。

 

実際に前のビットコイン半減期にはピッタリ2倍くらいに価格が上がったので、それを狙い、遅くても3ヶ月前に購入しておくといいと言われます。

 

噂なので、2020年にどうなっているか分かりません。そして忘れます。

 

そして、ここからが本題。暗号通貨(仮想通貨)全体の噂です。危険な年(鬼門)があります。

 

私の記事を覚えていればいいのですが、2021年が暗号通貨全体の鬼門と言われています。どの噂を辿っても「オリンピック」の文字が出ますが、これは間違いです。

 

2020年にオリンピックが開催。そして、その後の2021年が最悪の年となる予想です。

 

リップルXRP)の話しを超えて、仮想通貨全体の話しになりますがリップルXRP)も暗号通貨の一つです。そのため、無関係ではありません。

 

私の話しは「覚えておく」程度でいいです。危険と感じるなら2020年後半から2021年は注意しましょう。

 

投資家やインターネットの情報を見ると大体、2021年が危険と言われています。情報的にこれが一番の収穫になると思われます。

 

特にビットコイン(BTC)には要注意。2020年にマイニング半減期があると記載しました。

 

その半減期の後が問題なのです。丁度、オリンピックが終わる・・・と思わせておいて、実は内部ではマイニングの半減期が終わりを告げます。

 

さらに追い討ちで2021年は「鬼門」と言われている・・・。ビットコインなら要注意です。

 

リップルXRP)の場合でも変わりません。2021年は同時に鬼門となります。噂の真偽性は遠過ぎて確かではありませんが、そう言われるのですから何か理由があるはずです。

 

と思ったら、オリンピックの後の年やバブル崩壊が3年だった事など様々。2017年の暴落はバブル崩壊ではなく、SQ前や大事件の影響でしょう。後は国絡みで規制を強めた結果かと。

 

その後も仮想通貨は強いです。リップルがまさか短期間に115円以上まで伸びるとは思いませんでした。

 

40円の時に買っていたら、資産約3倍。すごい事になります。

 

事件とリップルの関係性

コインチェックでもリップルXRP)を取り扱っており、一時停止となりました。事件が起きた後に暴落した様に感じる仮想通貨市場。

 

全く関係ないとは言い切れませんが、関係はない様子です。まさか一ヶ月で信用が戻る事はありません。(実際には2週間程)

 

1月16日に始まった暴落。そして2月6日までです。この間にコインチェックが事件を起こした訳ですが、それなら1月20日頃に起こるはず。

 

それまでは規制ラッシュ程度で何も起きていません。コインチェックが責任ではない訳です。「どっちにしろ暴落した」の方が正しいです。

 

リップルXRP)の価格上昇を見ると理解できると思いますが、まさかの2週間で200円行くのかな・・・?と思える程です。2月16日には115円推移。

 

恐らくですが、一瞬だけなら200円近くまで上がったと思われます。チャートを見ると2018年の一番高いところ(1月9日辺りか?)で320円程度でした。

 

そこで一瞬450円と言っていますから、実際には115円でも225円程度なのかも知れません。簡易チャートではいくら見ても分かりません。

 

情報を合わせて「おそらく」の数字に照らし合わせているだけです。この瞬間に売る事はできないでしょう。(FXでも現物でも無理です)

 

試すのは構いませんが、待った方が早い事もあるので、ご自分のご判断にお任せ致します。

 

4、2020年には10万円だと・・・!?

噂の中で10万円が出てきました。どう思いますか?

 

3月の時点では110円程度が2020年には10万円。あり得・・・ます。10万円ではなく、ビットコインを超えるのではないか?との見方も強いです。

 

ビットコインを超えるは、流石に将来的な話し過ぎて、「その内」になりますがリップルの価格がビットコインと並ぶもしくは超える話しはよく出て来ます。

 

2021年が鬼門なので、ビットコインを超える話しはどうでしょうか・・・?しかし、「2020年まで」なら10万円はあるかと。

 

話しを合わせても2020年には10万円なのでビットコイン価格は超えていませんし、リップルXRP)とネムXEM)の値段はコインチェック内では低過ぎます。

 

ネムXEM)はさておき、リップルXRP)は3大通貨と呼ばれる仮想通貨。ビットコインを超える素材が知れ渡る時、本当の価値が分かる時です。

 

2018年3月(3大通貨)

ビットコイン価格・・・120万円

イーサリアム・・・・・8万8千円

リップルXRP)・・・99円

 

どうでしょうか。他も見ましょう。

リスク・・・・・・・・1800円

ETC・・・・・・・・・2816円

FCT・・・・・・・・・3260円

XMR・・・・・・・・・37982円

REP・・・・・・・・・4793円

ZEC・・・・・・・・・40405円

XEM・・・・・・・・・35円

LTC・・・・・・・・・21785円

DASH・・・・・・・・62432円

BCH・・・・・・・・・130583円

 

コインチェックの並びで参照しましたが、この通りです。取引所ごとに価格は違いますし、記事記載時点でもずれていますから、価格は参考になりません。

 

ここで言いたいのはリップルXRP)の価格。3大通貨と呼ばれる割には随分と低いですね・・・?

 

ビットコインを超えている手数料や送金技術。他2大通貨との価格の違い。そして、時価総額2位のリップルXRP)・・・書き過ぎでしょうか・・・?

 

検索して下さい。真実が分かるはずです。「時価総額2位 リップル」でOKです。

 

5、リップルXRP)の情報まとめ!

いくら何でも10万円に行く予想は行き過ぎと思いますが、2020年か・・・と思っていますから、長期保有が一番。

 

3ヶ月ではなく、長期保有です。2018年に購入したなら2018年の12月初旬辺りまで。(中旬かも)

 

それを過ぎるなら2019年の12月。それを過ぎるなら2020年の前半戦です。2021年は鬼門となっているので、おすすめしません。

 

間違っても、リップルXRP)で1億円行ったからと言って換金した後にもう一度1億円を突っ込む様な事はしないで下さい。破産した人います。

 

正直、リップルXRP)の長期保有で億り人になる可能性は十分あります。

 

ただし、調子に乗ってインターネット上の人の様にアービトラージ取引だとか、「これだけあるなら、少しくらい」のよくある話しにならないで下さい。

 

【2018年リップル価格予想】

・年末に1000円を超える

・2000円まで行く?

・15000円・・・?

・800%以上に上昇!

・現実的に見て、200円程

・快進撃は続く?

・2018年リップルの価格上昇は激しい?

・まだ、本格的な上昇は早い

 

これがほぼ予想の全てです。個人的な意見は抜き、本当に行くのかどうか?を意識した方がいいでしょう。

 

「投資」ですから、2018年3月5日に入れて3月6日に「あ~下がった・・・」はなしですよ?

 

一目均衡線がはかなりいいテクニカル分析と言われています。FXをやるならビットコインの方もこちらの分析力を身につけましょう!!

 

GMOインターネットグループの【GMOコイン】

 

tuieoyuc23.hatenablog.jp

 

tuieoyuc23.hatenablog.jp

 

tuieoyuc23.hatenablog.jp

 

リップル買うならここ♪

GMOインターネットグループの【GMOコイン】

 

スポンサードリンク