お金がない時に心が安心する場所【クレジットカード,キャッシング,稼ぐ】

楽天カード9月25日(火)10:00まで7000pに緊急UP!お買い物パンダモバイルバッテリーが当選するかも!?yahooカード毎週末10000Pにアップ!リクルートカード毎週末限定8000p!記事更新情報:新記事毎日:ビックカメラSuicaカード(4月26日)上級者愛用の理由は?等。VIASOカード更新(4月27日)、リクルートカードは2018年最高は9000円。公式で確認♪楽天カードは現在、5000p。月間アクセス3万2千突破!

楽天カードのメリット・デメリットを徹底解説!還元率1.0%はお得!

f:id:tuieoyuc23:20180220153705j:plain

楽天カードは還元率は1.0%で、楽天市場楽天Booksといった楽天系列のお店ではポイントが3倍、4倍に上がります。

 

楽天カードのメリットは初心者でも上級者でも大量のポイントがもらえる点がまず一つ。1ポイント1円から使えるのもメリットの一つ。

 

又、「初めて利用キャンペーン」もついでお得になる所以。

 

以下に説明しています。

 

入会キャンペーンを常に実施。2018年2月26日までは8000PにUPしていました。

 

楽天カード新規入会キャンペーンはこちら

 

【目次】

1、楽天カードの基本還元率

・還元率を上昇させるには?

2、楽天カードのメリットまとめ!

3、初めてキャンペーン等で楽天スーパーポイント取得

・ポンカンキャンペーンは2018年2月28日で終了

・期間限定ポイントはどこでも使える!

4、楽天カードで貯めたポイントを経由

5、楽天カードのデメリットは還元率&使える場所

 

スポンサーリンク

 

 

1、楽天カードの基本還元率

楽天カードの基本還元率は1%。100円で1Pです。0.5%の還元率のカードもある中で基本の1%は初心者も分かりやすく人気。

 

もらえるポイントは楽天スーパーポイント。その場で付与ではなく、毎月の合計金額(税込み)で計算し、まとめてポイントを付与してくれます。

 

楽天カードは税込みで計算

・合計金額で次の月にまとめて‘P付与

・還元率は1、0%

・キャッシングでは付与されない

 

この辺りが楽天カードの還元の基本。

 

税抜きではなく、税込みはメリットが高く、月合算のため最初に90円払い、次の時に110円なら合計で200円=2Pが付与される仕組みです。

 

これを月毎に合算して計算し、ポイントを付与してくれます。経験済みですが、その場でポイント付与ではないので焦らない様にして下さい。

 

ライバルカードと言われるYahoo!JAPANカードの場合は100円で1P方式ですが、端数は切り捨てです。合算なのか、その場切捨てなのか?はカードごとに違います。

 

その点、楽天カードは合算方式なので1P無駄なく貯める事が可能。又、「これはダメ、あれはポイント付与対象外」とややこしい場合もあるのがクレジットカード。

 

基本的にキャッシング利用によるポイント付与はなく、楽天カードでも同じ事が言えます。

 

還元率を上昇させるには?

楽天グループ系列では、楽天カードの同時利用で楽天スーパーポイントの獲得が上昇します。これが基本です。

 

楽天市場アプリに加え、楽天カード、SPUプログラム、楽天Edyへのポイント交換を駆使する事で、実質的な還元率は大幅に上昇します。

 

楽天市場アプリ

楽天カード

・SPUプログラム

楽天Edy

・ポイント交換

 

これが還元率を上昇させる基本です。

 

還元率を上昇させるには、SPUプログラム(楽天市場)を使ったり、ポイント3倍、4倍のプログラムを同時に使う事が重要。

 

SPUプログラムは楽天市場で開催されているポイントアップ時期の証拠。楽天市場を使うと楽天スーパーポイントが加算されますが、SPUプログラムの場合、さらに上昇。

 

楽天カードを使う事で通常の7倍、8倍のポイント獲得も可能。

 

又、楽天Edyに交換する事で毎日3ポイントずつ稼ぐなど楽天スーパーポイントに留まらないポイント交換もできるため、こちらもお得。

 

2%分獲得なども過去には行われていました。

 

2018年では、毎月楽天市場を利用でポイントが2倍。合計金額15000円以上支払うなら還元率は1.5%~2%に上昇。

 

こうしたキャンペーンは常に開催されており、抽選チャレンジやエントリーだけで楽天スーパーポイントを稼ぐ事が可能など、実質的な還元率はさらに上がります。

 

これにより、楽天カードで獲得したポイントの利用幅が広がります。

 

一見、入会キャンペーンをもらうと解約してしまいそうですが、楽天カードに入会する事で様々な独自キャンペーンに参加可能。

 

最大で1万ポイント当選する等、楽天カード会員だけのキャンペーンは目白押し。

 

楽天カード新規入会キャンペーンはこちら

 

2、楽天カードのメリットまとめ!

・入会キャンペーンが大きい

・1ポイント1円から使える

・初回利用キャンペーンで1000P付与

楽天市場でポイントが最大11倍

楽天カード限定キャンペーン利用可能

・お買い物パンダグッズと交換可能

楽天Pay初めての利用で1000P

楽天証券楽天投資信託で使える

・SPUプログラムで最大7倍

楽天スーパーDUALでお得

楽天スーパーSAELでお得還元!

 

メリットは上の通り。一つ一つ説明していきましょう。

 

楽天カード新規入会キャンペーンはこちら

 

3、初めてキャンペーン等で楽天スーパーポイント取得

初めてサービスを使う毎に1000P付与される仕組みを利用する事で17個の1000Pを獲得可能。

 

楽天カードを発行した直後から参加可能。

 

合計で17000Pを取得できるため、楽天カード発行後は見ておきたいサービス。簡単な楽天市場の利用から楽天学割など多彩に渡ります。

 

楽天市場

楽天市場アプリ

楽天カードの利用

楽天銀行を開設&入金

楽天マートで税込み7000円以上

楽天Web検索

楽天totoを購入

楽天競馬の会員登録

・Rakuten BRAND AVENUE

楽天Kobo

楽天ペイアプリ

・Ragri

楽天GORA

楽天買取

楽天学割

楽天TV

楽天マガジン

 

これら全てで条件を満たすと初めての時のみ、1000Pが付与されます。合計で17000円分節約になるイメージでいいでしょう。

 

楽天市場は高い」と思っても上手く活用する事で何百円単位でお得になる事も可能。

 

私の場合は、期間限定ポイントに加え、楽天市場楽天アプリの利用でフルで2000P~3000Pお得になった経験があります。

 

コツとしては期間限定ポイントと同時に利用する事です。期間限定ポイントは楽天市場でしか使えないため、楽天スーパーポイントが取得できた時に有効活用できます。

 

実際に初めてキャンペーンを全て利用した訳ではなく、「期間限定ポイントが貯まったら」初めてキャンペーンを使おうと考えています。

 

終了してしまったらどちらにしろ損ではないため(もっと安い場所で購入するのが基本)楽天カードを無理に使う必要もありません。

 

画像があれば良かったのですが、随分昔の話しなので証拠画像が出せません・・・。

 

ポンカンキャンペーンは2018年2月28日で終了

素晴らしい還元率を持ったポンカンキャンペーンは2018年2月28日で完全に終了。

 

ポンカンキャンペーンの利用で1500Pの楽天スーパーポイントを獲得する事が可能でした。しかし、2018年2月28日で終わりなので、これからの利用は別のところに向くでしょう。

 

期間限定ポイントは加盟店ならどこでも使える!

楽天スーパーポイントの一番重要なところは期間限定ポイントから消費する事。楽天カードを持っている上で知っておきたい部分。

 

通常ポイントは楽天Edyに交換できますが、期間限定ポイントは交換できませn。これを利用して期間限定ポイントのみでお買い物する事が可能。

 

マクドナルド

ミスタードーナツ

くら寿司

・カフェ&バーPRONTO

・しゃぶしゃぶ温野菜

・大丸

松坂屋

楽天系列のお店

ツルハドラッグ

ケンコーコム

・紳士服コナカ

・メガネ本舗

 

といった感じに加盟店であれば、期間限定ポイントから消費してくれるのもいいところ。

 

楽天カードを利用して貯まる通常ポイント以外の期間限定ポイントをわざわざ楽天市場で使わない方法もある、と言う訳です。

 

私は楽天市場で使いましたが、(初めてキャンペーンの利用)どちらがお得か?は人によるので、分かりません。

 

しかし、現実的にはアプリ&楽天市場の初めて利用で2000P入るので、一応おすすめです。

 

楽天カード新規入会キャンペーンはこちら

 

4、楽天カードのデメリットは還元率&使える場所

楽天ポイントは100円で1Pと分かりやすく還元率も一見すると1%でいい感じがします。しかし、これは初心者の意見。

 

もちろん、1%すら分からないのが基本ですからご心配なく!(私もそうでした)普通は入会キャンペーンポイントしか見ません。

 

楽天市場を使う上ではまたとないクレジットカードですが、楽天スーパーポイント「安さ」にこだわると話しが変わります。

 

楽天スーパーポイントは使い道が基本的に楽天市場しかなく、無理に使うと非常に損です。

 

実際に楽天市場とAamzon、価格.com等で値段を調べると、差が歴然。これではせっかくの楽天スーパーポイント(入会ポイントや楽天カード)が意味がなくなってしまいます。

 

理由は結果的に「高い方で購入している事になる」ので、総計算した場合「安い方で購入した方が消費していない」事になるためです。

 

楽天カードを使った時に楽天市場・・・だけで損する場合があります。これは、SPUやアプリの利用でポイントを7倍~8倍にした時でも同様です。

 

楽天市場に精通するカードがあるなら、Amazonポイントに精通したクレジットカードもありますし、オリコモールなどのクレジットカード会社が提供する「ポイントモール」の利用でさらに話しが変わります。

 

例を挙げてみましょう。

 

VIASOカードはPOINT.comを経営。中身を見ると楽天市場のポイントを1%還元。そこまではいいです。

 

おすすめショップを見ると10%還元など有名な「GOLDPOINTCARD」(ヨドバシカメラ)と同じ様な還元率を提供しています。

 

楽天カード全てではない」のがすぐに分かる還元率です。デメリットはまさにこれです。

 

初心者だと本当にお得なのか?と悩んでしまいますが、最初は「無理に楽天市場を使わない事」が一番のお得とも言えます。

 

入会キャンペーンポイントも何に使うか?しっかり考えて、ギフト券購入できないか?等の方がお得かも知れません。

 

何で支払っても変わりのないマクドナルド(dカード以外)やミスタードーナツ、しゃぶしゃぶ温野菜やスーパーの日用品はさらにお得です。

 

楽天市場は送料が掛かり、Amazon等の方が値段も安い・・・。そうなると楽天カードで手に入れたポイントは「安いスーパーで消費」するのが一番のお得でしょう。

 

スーパーなら送料も掛からず、「いつもの値段」で消費していく事ができるからです。

 

楽天カード新規入会キャンペーン

 

スポンサーリンク