お金がない時に心が安心する場所【クレジットカード,キャッシング,稼ぐ】

楽天カードが10月22日(月)10:00~10月29日(月)まで7000pにアップ!ビックカメラSuicaカード2019年1月31日(木)まで8000pに緊急UP!イオンカード11月30日(金)まで8000円分にUP中♪yahooカード10000Pにアップ!タイミングは?リクルートカード限定8000p!記事更新情報:新記事毎日:ビックカメラSuicaカード(10月20日)上級者愛用の理由は?等。VIASOカード更新(4月27日)、リクルートカードは2018年最高は9000円。公式で確認♪楽天カードは現在、

NTTグループカードは年会費無料でお得!最大60%還元!

NTTグループカードは年会費無料でお得!最大60%還元!

f:id:tuieoyuc23:20180214151455p:plain

NTTグループカードはNTT関係の通信費用を最大60%還元できるカードで固定電話や通信費、携帯電話料金を合算して計算してくれます。

 

最大還元の60%はハードルが高い様に思えますが、15000円以上を使っているなら9000円のキャッシュバックになる可能性あり!

 

では、NTTグループカードの魅力に迫りましょう!

 

【目次】

1、NTTグループカードで還元するには?

・おまとめキャッシュバックで通信費用をバック!

・ポイントプレゼントコースに変更可能!

2、NTTグループを利用した時、高還元率を維持!

 

 

1、NTTグループカードで還元するには?

お得に還元するには内容を知らないといけません。まず、NTTグループカードで、できる事を知っておきましょう。

 

・毎月の通信料金でキャッシュバック

・公共料金の支払いでキャッシュバック

上記2つでポイント率UP!

・「倍増TOWN」でお買い物ポイントUP!

電子マネーチャージができる

・ショッピングに使える

・おまとめキャッシュバックができる!

・ポイントプレゼントコースも可能!

 

おまとめキャッシュバックで通信費用をバック!

「おまとめ」の名前通り、NTTが掲げるほぼ全サービスの通信費用を合算し、一定額を超えるとキャッシュバックが行われます。

 

NTTグループカードの利用をしないといけませんが、携帯電話料金の利用額に応じてキャッシュバックされる形。

 

1番得するクレジットカードかも知れませんから、要チェック!

 

キャッシュバック率を簡単に説明するためにはどの金額がキャッシバックに応じるのか?を知らないといけません。

 

以下がNTTグループカードでキャッシュバックを受けるための予備知識と言うより、「どこの通信費用がキャッシュバックの基本となるの?」です。

 

・NTT東日本

・NTT西日本

・NTTコミュニケーションズ

・ドコモ携帯の料金

OCN

・WAKWAK

plala

・ひかりTV

・@nifty

BIGLOBE

・おまとめ請求

 

ここに出ている通信費用やサービスを普段から使っているなら最高にお得になる可能性があります。

 

公式にはキャッシュバック対象料金が「15000円を超えた時に乗じた数」とありますが、分かりづらいです。例を出しましょう。

 

・NTTドコモの携帯電話料金を9000円使った

・固定電話(NTTグループ)で4000円使った

・プロバイダー料金で5000円使った

 

としましょう。すると合計金額は18000円です。しかし、計算式には15000円を超えると20000円でも3万円でも15000円にする、とあります。

 

15000円以上使っているなら最初のお得率は完全にクリアー。お得になる可能性がグンっと増えました。

 

次の「乗じた」と記載があるのですが、15000円を基本の計算式にして、さらにそこから、NTTグループ以外のショッピング利用の金額を加えます。

 

また、例を出しましょう。先の例通り、18000円でいきましょう。

 

・18000円使っている

・デパートで30000円使った

 

合計金額は48000円になります。最高キャッシュバック基本は15000円でも使った金額は実際には18000円としました。

 

なので、合計金額は当然48000円となります。そこからの計算が重要です。

 

・15000(基本上限額)×月間利用額合計金額=キャッシュバック金額

 

となります。48000円の場合、表によると3%です。表は下の公式サイトにあるので、気になる方はチェック!

www.ntt-card.com

 

結局、15000円の利用でも18000円の利用でも4万円~6万円の月間利用ではキャッシュバック率に変化はありませんでした。これは、残念な部分。

 

60%の還元になるには60万円以上の出費が必要。ここまでいっても還元率2%の方が高いです。しかし、ひかりTVなどの通信費用専用なら・・・もしくは。

 

確かに携帯電話代からのキャッシュバック率は高いですが、NTTグループのポイントが5000ポイントで2000円分と考えるとどうでしょうか?

 

ちょっとお得じゃないな・・・と思う人は下記を参考!

 

最大還元は毎月の通信費用が15000円を超える事で1%を余裕で超える場合もあり、還元率も1%以上となかなか。

 

dカード&dカードGOLDのシステムが理解できないっ!て人はこちらを検討する価値が十分!

 

ちなみにdカードを発行しているドコモはNTTグループなので、NTTグループカードが勝っても別に問題はありません。

 

ポイントプレゼントコースに変更可能!

おまとめキャッシュバックコースの切捨てがちょっと微妙と感じる人はいつでもポイントプレゼントコースに変更可能!

 

クレジットカードのいつも通り、ポイントを貯めて素敵な商品に交換する機能も充実!景品の他にJALマイレージなど様々な移行ポイントが可能!

 

景品コース、キャッシュバックコース、ギフトコース、海鮮グルメコースなど様々な商品に交換可能です。

 

カタログギフトコースもあるので、じっくり決めたい人はこちらを選ぶのもいいでしょう。

 

クレジットカードの使い方としては10000円以上の合計金額に満たない人は、ポイントプログラムの方がお得かな・・・?と微妙なところ。

 

人によって好みが違うので、現金の方がいいと言う人も景品の方がいいと言う人も望みは叶えられそうです!

 

ポイントの計算式もまたなかなかのもので、NTT東日本、NTT西日本、NTTドコモの利用額は200円に2ポイント。これが高いのかと言うと低いです。

 

5000ポイントで2000円分のギフトカードに換金だと還元率は1%どころか半分にもなりません。

 

キャッシュバックコースを選択しても6000円=10000ポイントなので、あまりお得ではありません。キャッシュバックコースを選択しない場合はこれに注意!

 

私としても1%をボーダーラインに考えていますから、実はポイントプレゼントコースをオススメはできません。

 

NTTグループカードと言うくらいですから、NTTグループを使っているならキャッシュバックコースが有利になる事は間違いないでしょう。

 

2、NTTグループを利用した時、高還元率を維持!

 NTTグループのプロバイダーやひかりTVを普段から利用しているなら、NTTグループカードの還元率に敵うクレジットカードはないでしょう。

 

NTTドコモが掲げるdカード&dカードGOLDも最近ではおして来ていますが、NTTグループカードのキャッシュバックは分かりやすく、お得!

 

固定電話や携帯電話料金がNTTグループの家族・家庭又は一人でも毎月の料金を見て、NTTグループカードにするのもあり!

 

通信費用で節約する方法として、NTTグループカードを推しているサイトはあります!

 

NTTグループカードを発行する前には、月間利用金額と通信費用からどの程度お得になるのか?もシミュレーションする事が可能!

 

もう一度同じサイトです。「シミュレーションはこちら」を選びましょう!

www.ntt-card.com

 

年会費無料、おまとめキャッシュバックとNTTグループを普段から使っている人に向けたサービスは充実。

 

通信費用をただクレジットカードを介しているだけでなく、自分の使っているサービスから見直すと還元率は大幅にUP!

 

NTTグループを使っているなら、決して15000円のハードルは高くないはず。携帯電話料金と共に固定電話料金、BIGLOBE等を使っているなら、通信費用の節約に繋がるのではないでしょうか。

 

入会キャンペーンも行っていますが、こちらは「稼げるサイト」経由で発行がオススメ!

 

人気のクレジットカード以外にもこうした隠れたお得カードはたくさん!還元率を上げるには自分の生活の隅から隅まで徹底的比較!

 

これがクレジットカードで1位のお得になる方法!節約も超えましょう!誰もできない、知らない、でも自分はできる!

 

NTTグループカードをよく調べて、メリットが自分にありそうなら検討の余地あり!すでに1枚持っているなら2枚目として考えてもいいカードではないでしょうか。