お金がない時に心が安心する場所【クレジットカード,キャッシング,稼ぐ】

yahooカード毎週末10000Pにアップ!リクルートカード毎週末限定8000p!記事更新情報:新記事毎日:ビックカメラSuicaカード(4月26日)上級者愛用の理由は?等。VIASOカード更新(4月27日)、リクルートカードは2018年最高は9000円。公式で確認♪楽天カードは現在、5000p。月間アクセス3万2千突破!

リクルートポイント、神の使い道!貯め方、マイルでお得になろう!

リクルートポイント、神の使い道!貯め方、マイルでお得になろう!

f:id:tuieoyuc23:20180226223307j:plain

リクルートポイントはポンパレギフトやホットペッパー関連のお店で使うのがお得なのは基本。リクルートポイントは使い方次第でどの方面にも使えます。

 

リクルートポイントの使い道は一つだけではない事が記事内に記載されています。

 

リクルートポイントは期間限定ポイントではじゃらん(宿泊)、ホットペッパービューティ(美容)、ホットペッパーグルメ(食事)、ポンパレモール(通販サイト)で使えるのが特徴。

 

2018年の2月頃まではショプリエの交換で大丸や無印商品に交換もできました。

 

又、じゃらんホットペッパーグルメ、ホットペッパービューティ、ポンパレモール貯めたポイントはdポイントやPontaポイントに交換可能。

 

この使い方は基本で他のポイントからリクルートポイントに交換する事でお得さは倍増。リクルートポイント単体でも活きて来ます。

 

しかし、ポイントの使い道次第でリクルートカードがすごくお得になる方法が隠されているので、そこを念入りに調べてみて、情報発信しました!

 

【目次】

1、リクルートポイントの使い道をお得に!

(使える場所はまず、おさえておきたい!)

リクルートポイントはどの様に使えばいいの?

リクルートポイントの使い方が分からない!って方へ

・お試し引換券はお酒を最大3分の1で買える

(お菓子、ジュース、新商品)

・実際、還元の方法を伝授して!

・ショプリエのアプリで期間限定ポイントが!?

Pontaポイントに交換!さらにdポイントへ!

2、ポイントを無理に「ポイント」として使わない

・ポイント交換はお得にいこう!

・上手に貯めるやり方は大事!

3、リクルートポイントはお得!まとめ!

 

 

1、リクルートカードのポイントの使い道をお得に!

賢い貯め方にもありますが、リクルートカードのリクルートポイントは普通に使っているだけで還元率1、2%は素晴らしいポイント還元率です。

 

●ショッピング(ポンパレモール

●飲食(ホットペッパーグルメ)

●美容(ホットペッパービューティ)

●旅行(じゃらん

pontaポイント交換

じゃらんゴルフ

Oisixの還元

●ブランドファミリーセールサイト

●ショプリエで貯まったポイントを好きなギフトカードに!

●ショプリエで商品と交換!

Pontaポイントが使える場所全部

 

と使えるのがリクルートポイント。貯め方も同じ店舗で貯める事ができますが、WEB限定のポイントのイメージが強いです。

 

2018年2月1日からは大和グループでも貯める、使えるが可能に。

 

「ショプリエ」をGoogleplayやAppstoreからインストールすれば、大丸や無印商品と交換可能。これは一度見て欲しいコンテンツ。

 

ポンパレモールでは還元率3%の商品も多く、年会費無料のリクルートカードであっても還元率を4、2%程度にする事ができ、「リクルートカードプラス」でなくても十分な還元率です。

 

リクルートポイントを貯めるのにリクルートカードプラスは最適でしたが、今はこの方法は使えません。

 

現在はリクルートカードプラスの新規発行は受け付けていません。「リクルートカード」だけです。

 

ポンパレモールには日用品や健康食品、お酒など様々な商品が揃っており、リクルートポイントの使い道に困る事はないでしょう。

 

さらにリクルートIDを登録する事でポンパレモールから「ポンパレギフト」が送られてくるため、実質の還元率はもっと高くなります。

 

ポンパレモールを見ると、基本還元率は3%で高い還元率の商品は5%を超えるものまで様々。前にドラッグストアで計算し、ポンパレギフトを合わせてどちらが安いか?を計算したところ、ポンパレモールの勝ちでした。

 

リクルートカードを合わせていない時代なので、それでも「還元率が高い」のは嘘ではない様です。

 

又、2017年1月には10万円使うと3万円分のポイントキャッシュバック、2018年2月では、ゲリラセールとして掲載ポイント3%以上+20%還元となります。

 

さらに還元祭りエントリーで10%還元になる、ポイント還元祭りで「何を買っても13%還元祭」も行っていました!

 

2018年2月22日(木)~25日(日)の間です。

 

これがまさに10万円分で3万円分に近い還元祭です。

 

画像が出せればよかったのですが、私のスマホやパソコンには画像があります。

 

「今だけ何を買っても13%以上ポイント還元!!」と記載されていました。リクルートカード所持者でなくても興味があれば参加可能です。

 

この様なキャンペーンがゲリラ的に行われるので、リクルートIDに送られてくるギフト券も同時に使う事で公式も認める22,1%の還元も可能です。

 

欲しい商品次第ですが、チョコとかブラックサンダーが確かに500円で63ポイント以上還元になっていました。(還元率的に13%くらいです)

 

送料も含めるとどうなのか?と思ったのですが、送料無料で還元祭13%+通常ポイント+リクルートカード利用可能もありました。

 

チョコレートだったのですが、バレンタインの時の友チョコにもいいと紹介されていました。

 

貯まったポイントはどの様に使えばいいの?

ここで、貯まったポイントはどの様に使えばいいのか?となります。リクルートカード発行時のポイントは期間固定ポイントなので、Pontaポイントに交換できません。

 

しかし、期間固定ポイントではないポンパレモールで貯めたポイントはPontaに交換できます。ややこしいですが、交換できるかどうか?は交換手続きをした時に分かります。

 

キャンペーンポイントをPontaポイントに交換したり、dポイントに交換できないのはは誰しも一緒。Pontaポイントとdポイントはお試し引換券により3倍程度の値段の力になります。

 

3倍の力になるならPontaポイントとdポイントを使えばいいのかと言えばそうではなく、Pontaとdポイントを持っている時は使った方がいいと言う意味です。

 

「お金がないな」「安く買えないかな」の場合、特売セールや年末年始セールなど広告に目がいきます。特売セールや年末年始セールは使って構いません。あくまで最も安い値段をリクルートカードで決済するとお得なのです。

 

リクルートカードのポイントはPontaポイントとdポイントに交換可能です。

 

Pontaポイントとdポイントはお試し引換券により、本来の値段より3分の1程度で購入する事が可能ですが、クレジットカードのポイント還元では特売品には敵いません。

 

特売品をリクルートカードで決済する方法なら、最もお得になります。この方法で貯めたポイントをPontaやdポイントに交換するとものすごいお得になります。

 

お試し引換券は「コンビニなんて高くて・・・」のイメージが変わった制度とも言えます。このお試し引換券の方法がリクルートカードの価値を引き出しているのです。

 

リクルートポイントの使い方がわからないって方へ

リクルートポイントの使い方がわからないって方はまず、2つ程おさえておきましょう。

 

・期間限定ポイント

・通常ポイント

 

です。期間限定ポイントは名前の通り期間が決められているポイントの事です。メールとかで来るポイントは大体がこれです。

 

通常ポイントはリクルートカードを使った時にもらえるポイント。ポンタポイントに交換したり、様々な商品を購入する事も可能です。

 

リクルートポイントはまず、「ポンパレモール」にあります。

 

ポンパレモール」と検索をすると、一番上に出ます。

そして、ポンパレモールでログインします。

一番上に「ログインはこちら」ってあります。

 

ログインすると、ポンパレモール内にリクルートポイント

が表示されるはず。

 

表示がなくてもログインすれば、購入の時に

使えます!(ポイントを使う等で)

 

これで、お好きな商品を購入可能です!

リクルートカード発行時のポイントは

リクルート関連でしか使えません。

 

なので、日用品を購入したい場合は

ポンパレモールを使いましょう。

 

2番目には、Oisixの野菜購入で消化する事が

可能です。

 

Oisix」は知人が一度、ギフトカードを

当てて、有機野菜をたくさんもらっていました!

ちょっと食べましたが、高そうな商品でした。

 

すごく安全なサイトで、いい商品がたくさんあります。

 

リクルートポイントの使い道がなければ

Oisix」を使ってもいいでしょう!

 

お試し引換券はお酒を最大3分の1で買える

お試し引換券はお酒を安く買える方法で、クリアアサヒアサヒスーパードライを本体価格のほぼ2分の1で購入可能。

 

その他にも松竹梅蔵出ししぼりも税込み905円がPontaポイントのお試し引換券の場合、300ポイントで交換可能。

 

905円(2000ml)が300円程度になるので、3分の1程度で購入ができる事になります。

 

リクルートポイントがPontaポイントに交換できる事でお酒が大好きな人も半分~3分の1程度で飲む事ができます。

 

多彩な種類がありますが、「これしか飲まない!!」と言う人には難しい選択になるかも知れません。しかし、覚えておいて損のない方法です。

 

Pontaポイントはこの事も含め、人気があるため月始めですぐに売り切れてしまいます。リクルートポイントを最大限に使うためにはこれしかありません。

 

お試し引換券はリクルートポイントを最大限に活用する方法で、Pontaポイントに交換する事から始まります。

 

Pontaポイントに交換するには手順が必要なので、記載しておきます。

 

実際、還元の方法を伝授して!

まず、公式にはこうあります。(旅行)

 

1、じゃらんnetで予約

2、サービスを利用すると2%還元

3、リクルートカードで決済すると合計3、2%

 

合計換算で3、2%お得になるのですが、本当なのか?と疑いをかけるべきです。大体のクレジットカードは「あれとこれを使った時にお得になる計算です」と小さく書かれています。

 

 

結果的には最低数で計算されていたので、還元率3、2%は本当の様です。しかし、じゃらんでは最大で10%還元もあるので、3,2%以上は望めるかも知れません。

 

【還元のやり方】~Pontaポイント編~

リクルートポイントをPontaポイントに変える事でお試し引換券として利用できるのは以下の通り。

 

・お菓子などの新商品

・お酒(アサヒや宝造酒、サントリー等全部)

・今あるお菓子商品

・飲料水

・カップ麺

・ヨーグルト、ゼリー系

 

ポテトチップスから始まり、午後の紅茶の新作、チョコレートの新作、お酒の新作など様々です。

 

リクルートポイントが例え微妙なポイント数でもPontaポイントに交換する事で商品の値段を最高4分の1まで抑える事が可能です。

 

又、この時にお試し引換券に加えdポイントカードとPontaカードを提示する事でさらにポイントが貯まる可能性や、キャンペーンの応募に繋がります。

 

「dポイントカードを利用した」「Pontaカードを利用した」「ローソンを利用したレシート」があるので、これをさらに先まで使う事もできます。

 

ここまで来ると節約の域を出てしまい、リクルートポイントとはかけ離れます。

 

しかし、実際に私はこの方法を体験しているので、ローソンの月間ローソン1月号~12月号はリクルートポイントを貯めている人にもおすすめです。

 

・ショプリエのアプリで期間限定ポイントが!?

オシャレな無料アプリのショプリエ。スマートフォン専用アプリですが、デジタルギフトコードが送信されてきます。

 

無料アプリですが、お店に行くだけでポイントが貯まったり、期間限定ポイントを大丸や無印商品のお買い物券やポイントに交換可能!

 

実店舗のバーコードスキャンでもポイントが貯まります!Pontaポイントを交換でき、リアル店舗で使う・・・これがいいやり方でしょう!

 

ショプリエのアプリをインストールしていない人で、期間限定ポイントを無駄にしている人は即ダウンロード!これで期間限定ポイントが活かせます!

 

インターネット記事によるとMUJIポイントに交換できたりと素晴らしい制度をとっている様子。

 

アプリ内でポイントカードも管理できるので、お財布から取り出し忘れる人は要チェック!「アプリは見るけど、お財布の中から取り出すの忘れた・・・」これは、よくあります。

 

Pontaポイントに交換!さらにdポイントへ

Pontaポイントに交換可能なリクルートポイント(カード発行時のポイントとギフトポイント以外)。

 

ギフトポイントはショプリエを使い、リクルートカード発行時のポイントは自分へのご褒美として使って下さい。

 

リクルートポイントにはそれ以外にショッピング利用によるポイントがあります。リクルートカードがあるなら、何かしらショッピング利用をした事でしょう。

 

それでも還元ポイントが入ったはずです。100P以上でないと交換できませんが、100P以上であれば、Pontaポイントに交換可能!

 

さらにPonta会員IDを持っていて、d会員であればdポイントの利用も可能!dポイントに変換するにはこれも100P以上必要ですが、一気に3個の役割ができました。

 

その上で、Pontaポイントとdポイント、リクルートポイントの各ポイントがどの様に使えるか?をまとめてみました。(全て1P=1円交換で損なし)

 

Pontaポイントによる利用】

●ローソンなど加盟店で利用

●お試し引換券で実質価値2、5倍に!

 

【dポイントによる利用】

●ローソンなどで利用

マクドナルドで利用

●お試し引換券の利用で2、5倍価値!

 

お試し引換券はローソンで利用可能!

 

リクルートポイントによる利用】

●各ポイントへ交換

ポンパレモールで利用

ホットペッパー関連で利用

●旅行で利用

●商品券と交換

じゃらんで旅行代金全てポイント

 

2、ポイントを無理に「ポイント」として使わない

リクルートカードのポイントは期間限定ポイントとありますが、待つとお得になる事もあります。特に年末年始やお正月、ゴールデンウィーク、3月辺りの総決算辺りでしょうか。

 

2016年には10万円使うと3万円分ポイントバック、20%還元!といったポンパレモール限定のキャンペーンも行われていました。

 

この様なキャンペーン時に使うと「ポイントバック」ができるかも知れません。キャンペーン利用術です。

 

その時に期間に余裕があるなら、期間限定ポイントであろうと残しておく意味があります。還元率1,2%を普段から使っているならさらに貯まりますし、無理に使う意味がありません。

 

ここで、期間限定のポイントを使えばポイントで払ってポイントが付く可能性もあります。

 

又、貯まったポイントを交換しても「使い道が・・・」と思うならいっその事、商品券と交換して「現金に換金する」のもあり。

 

金券ショップが近くにあれば、喜んで買い取ってくれます!ショプリエを使うのはこんなところでも役立ちます。実質的に言えばポイントより損ですが、ポイントを無理に使わない事で節約に繋がります。

 

無理に提携店に変えてしまうと「あ、じゃあここで使わなきゃ」と感じる人もいるでしょう。さらに「商品券はたくさんあるんだけど」と言う人も金券ショップの利用はありです。

 

リクルートカードのポイントの使い道は様々。まだまだありますので、見逃さない様にして下さい。

 

ポイント交換はお得にいこう!

ポイント交換はリクルートポイントのまま使うのもありです。しかし、もっとお得に使えないものでしょうか。

 

期間限定ポイントはダメですが、リクルートカードを使って得たポイントなら各ポイントに交換可能。

 

リクルートポイント交換一覧】

Pontaポイント=還元率そのまま

 

たったこれだけと思いますが、Pontaポイントは下記のポイントに交換可能。

 

Pontaポイント交換一覧】

JALマイル

・LINEポイント

 

・dポイント

 

となります。dポイントに交換してもPontaポイントにできますし、dポイントからでもJALマイルに交換は可能です。

 

しかし、ANAマイルになるとクレジットカードを介して大変です。しかし、簡単な方法があります。

 

ショプリエなるアプリを使う方法です。

 

ポイント交換の方法は2018年4月23日で終わってしまいました。リクルートポイントをショプリエに交換し、ビッグポイントに交換後、ANAマイルにする方法がありました。

 

しかし、2018年4月23日で終了してしまうため、それ以降は使えません。やはり、難しい方法は使わない限り、ANAマイルへの交換はダメそうです。

 

上手に貯めるやり方は大事!

ポイントのお得な使い道や使い方を知っても貯める方がダメでは元も子もありません。上手に貯める事で、使い道や使い方に磨きがかかる事は間違いなし。

 

Pontaのサービスは全て使う事ができ、裏技を使う事でPontaポイントを別のサービスポイントに移動、その後にリクルートポイントにする事も可能です。

 

別々のサービスを橋渡しする事でリクルートポイントをお得に貯める方法もあります。ただそのポイントを貯める事に専念するより遥かにお得になります。

 

「1」番の場所にリクルートポイントのキャンペーン利用がいかにお得かが記載されています。33%OFF、13%OFFなどそちらを参照。

 

リクルートポイントの貯め方のコツ】

リクルートカード系列のお得な店を覚える

Pontaとの併用を考える

リクルートポイントに交換できないか?を考える

ポンパレモールのゲリラセールを使う

リクルートID記載のクーポンを利用

 

この中でもリクルートIDのクーポンは何もしなくても2000円以上の購入で500円引きのクーポンが送られてくる事があります。

 

ポイントの貯め方と言うよりお得な使い方の方ですが、リクルートIDのメールマガジンは解除しない方がいいです。

 

用途や期間限定の事が多く、「一回だけ」のクーポンもあります。しかし、ただ使うより、「まとめ買い」の時に便利。

 

送料込みで安いスーパーよりポンパレモールの方が安い事が多くあります。ゲリラセールの時は徹底的に節約の目を光らせるべきです。

 

還元率的に見てもゲリラセールはお得な事が多く、結果的に送料無料の日用品を見つける事ができれば、一番安い場所よりお得になる事もありました。

 

「ゲリラセールなんて・・・・」と思うかも知れませんが、「全商品」の事もあり、私も当時はびっくりしました。しかも定期開催。

 

ゲリラセールは定期的に開催されるので、ポンパレモールを使う人、リクルートカードを使う人にとってなくてはならない存在。数字的に言えば15%~35%OFF。

 

2018年では先に記載した通り、33%OFFだったりと「まとめ買い」に適したセールでした。

 

リクルートポイントが通常の何倍も手に入るチャンスもあります。ポンパレモールのセールは本当に「ゲリラ」なのでいつ開催されるか?は不明。

 

3、リクルートポイントはお得!まとめ!

リクルートカードを使っているだけで還元率1、2%と言う事もあり、Pontaポイントが4万ポイントも貯まったなんて人もいるくらいです。

 

還元率は1%が普通で、期間限定で2%になる程度。リクルートカードの場合は常に1,2%を維持しているので、お得なカードなのは変わりありません。

 

記事にある様に使い道が様々なので、最初のキャンペーンポイントも含めて損する事はないでしょう。ダメならキャンペーンポイントだけで終わりです。

 

期間固定ポイントと期間限定ポイントの違いなど様々ですが、ポイント交換やどこで使えるか?を把握するとリクルートポイントの使い道がグッと広がります。

 

提携店がリクルート関連だけでなく、dポイント加盟店やPonta加盟店も増えれば、使い方が広がるのではないでしょうか。