お金がない時に心が安心する場所【クレジットカード,キャッシング,稼ぐ】

楽天カードが6月11日(月)AM10:00まで7000p!記事見てね!毎週末限定でyahooカード10000Pにアップ!記事更新情報:ビックカメラSuicaカード(4月26日)上級者愛用の理由は?等。VIASOカード更新(4月27日)、リクルートカードは2018年最高は9000円。公式で確認♪楽天カードは現在、5000p。月間アクセス3万2千突破!

コインチェックが時給1600円!?流出事件の真相は?

インチェックが時給1600円!?流出事件の真相は?

f:id:tuieoyuc23:20180207170629j:plain

インチェック流出事件から数日が経ちました・・・といきなりクレジットカードの事から外れて申し訳ありませんが、今回はお休みです。

 

2月7日最新ニュースを記載!!気になる方はチェック!

 

インチェックの流出事件はセキュリティが万全でなかった事や最低限のルールに違反していた事から起こった事象です。

 

専門家からは「どうしようもない始末」と淘汰されており、ちょっと厳しい声が目立ちます。

 

今回、その流出事件が起こった事で地獄のクレーム対応のアルバイト募集が行われています。

 

真相はまだ分かりませんが、私としては「返金に関するクレーム対応」や「どうなるのか?」の真相が分かる募集だと思います。

 

時給1600円はさておき、内部を知るためには重要なアルバイトかも知れません。

 

【目次】

1、コインチェックは何故流出してしまったのか?

2、コールドウォレット、ホットウォレットの2つが起爆装置か?

3、情報は正確でない可能性もある!注意しよう!

4、時給1600円の真実やいかに!?

5、吉報を待とう!自己資金解決をしてくれる?

 

 

1、コインチェックは何故流出してしまったのか?

気になるのはここでしょう。「セキュリティ関連が」と言われてもピンッと来ないはずですし、これから始める人には不安で仕方ありません。

 

仮想通貨はインターネット以来の革命的技術を支えるブロックチェーンと呼ばれる技術で成り立っています。ある程度の信頼度=セキュリティがないと全く意味がないものとなります。

 

今回のコインチェックの流出事件は不正アクセスを確認する作業を午前と午後の一回だけしか行っておらず、「全くの不十分体制」「不正して下さいと言っている様なもの」だったそうです。

 

と言っている最中、北朝鮮が偽メールで攻撃を仕掛けていた、など噂も絶えず、どこにコインチェック流出の背景があるのか訳が分からなくなっています。

 

簡単に言えば、インターネット記事と専門家が言う様に「セキュリティ不足」で終わります。しかし、本当の真相は「コールドウォレットに保管していなかったため」です。

 

2、コールドウォレット、ホットウォレットの2つが起爆装置か?

ホットウォレットとはインターネット上で常時管理している状態。NEMはこの状態でした。コールドウォレットは隔離された空間に保管する状態です。

 

常時NEMはホットウォレットの状態なのですから、「不正すれば簡単に取れるじゃん!いやっほー!」だったのです。

 

さらに上記に記載した様に不正アクセスの確認を午前、午後の一回きり。(と言われています。)最後には、「人材不足で、おろそかに」と言っていました。(謝罪会見)

 

金融庁は「顧客を優先すべき」と言ったので、以下がメールで届いた文となります。

 

【メール文一部抜粋】

被害にあったお金に関しては私が掴んだ情報では「ザイフ」のNEM価格を確認し、随時対応するとの事でした。確か、88円だったと思います。

 

日本円による返金対応ですが、出金できないコインチェックにおいて最悪の状態です。ずっと前は0、1円とかだったのですが、高騰した時に数百倍に膨れ上がりました。丁度、12月の始め頃のニュースで高騰とありました。

 

その時に購入し、いわゆる「ホールド」していた人は超高値掴み(200円程度か)して、88円で戻される訳です。一つ一つの値段は小さくても、数が揃えば簡単に数百万円の損失になります。

 

上がっている時に購入するのが人の感情だそうで、200円の時に掴んだ人は多かったでしょう。そして、価格が下がった1月15日辺りで「持っていれば大丈夫♪」とささやかれ・・・・・後はご想像の通りです。

 

今回のコインチェックの流出事件はこういった背景があり、痛烈と言わんばかりの事態が一度に重なった事で話題となった訳です。どうでしょうか。

 

現在は、日本円の入金はできるものの送金ができなくなり、アフィリエイトプログラムも停止中。ようするに全くコインチェックからお金が出ない様にしている状態です。

 

今日、2月7日では、「ダークウエブ」と呼ばれる場所でNEM(今回の流出事件の仮想通貨)が取引が行われようとしています。(検索はコインチェックで出ます)

 

3、情報は正確でない可能性もある!注意しよう!

仮想通貨関連の情報は分かっていない人も多く、情報が絡みやすいです。プロも手を出さないくらいの情報流出ですし、分かった事くらいしか情報が出せません。

 

「もしかしたらこうではないか?」の情報で楽しむのはいいですが、あまりインターネット記事に踊らされる事がない様にして下さい。

 

コツとしては、記載した日時と照らし合わせる事。どこのサイトにも言える事ですが、書いた日時があまりにも古い場合、微妙です。

 

普段はクレジットカードの事を記載していますが、日時修正をおこなっているので、日時が記載されていたら信用してOKです。

 

今年で行くと「2018年に修正」とか記載があったら大丈夫でしょう。

 

しかし、仮想通貨の場合は全く違います。過ぎた事を記載して事実として記事にするならいいのですが、憶測で記事にしている場所が散見されます。

 

北朝鮮が絡んでいる」、「実はここが甘かった」はかなり曖昧です。ニュースではありましたが、事実とニュースは違う可能性があるため、注意が必要です。

 

4、時給1600円の真実やいかに!?

クレーム対応間違いなしです。地獄のクレーム作業になるとも言われますが、永遠に電話で謝罪をする事になりそうです。

 

上記にも記載した通り、「真実を知るためには行くか・・・?」なんて人もいそうです。

 

時給3000円なんてところもありますから、時給1600円では可愛い方です。しかし、地獄のクレーム対応になるか?と言えばほぼYESです。

 

怒鳴られたり、「クレーム対応だけで1600円はいいなあ」と思うならコインチェックを助けにいきましょう!インターネットではやはり怒鳴られる仕事、地獄のクレーム対応と言われています。

 

ただ、自分は仮想通貨の事は分からないと言うのであれば、結構平気かも知れません。目の前で謝罪する訳ではないので、電話のクレームに慣れた人ならあるいは・・・。

 

不正アクセスは1月26日、返金はどうなっているのか?今後は?などが聞かれる事でしょう。セキュリティ関連や将来をどうしてくれる!!とか言われる事必須です。

 

5、吉報を待とう!自己資金解決してくれる?

インチェックもその内にセキュリティを強化し、また動き出す事でしょう。メールで88円で返金の時は「クレーム来るな・・・」と思いましたが、大手に変わりはありません。

 

あくまで現在は騒がれていますが、自己資金で何とかするとインタビューで言っていましたし、吉報を待ちましょう!

 

簡単に言えない事件なので、安易な意見も言えませんが、コインチェックを信じるしかありません。私の知人が「最悪な目」にあっている最中なので応援しています!

 

又、これから始めようとしたのに・・・と不安な方は手を出さないのも無難です。

 

仮想通貨も成長段階ですが、まだいったり来たりしています。昨日も20%落ちて、20%回復しました。ニュースが掴めたらまた記載します!

 

今回はクレジットカードと大きく外れ、仮想通貨の話題でした。最近、テレビでもニュースになっているので投資する際は注意して下さい。又、日経平均株価も落ちています。

 

9年の経済が転換期を・・・と証券会社も言っていましたので、今、手を出すのはプロくらいです。素人は止めましょう。