お金がない時に心が安心する場所【クレジットカード,キャッシング,稼ぐ】

毎週末限定でyahooカード10000Pにアップ!記事更新情報:新記事毎日:ビックカメラSuicaカード(4月26日)上級者愛用の理由は?等。VIASOカード更新(4月27日)、リクルートカードは2018年最高は9000円。公式で確認♪楽天カードは現在、5000p。月間アクセス3万2千突破!

楽天カードの評判の悪さは何故?顧客満足度No1で最高8000ポイント、デメリットが見当たらない

f:id:tuieoyuc23:20171109192743p:plain

楽天カードの評判の悪さはインターネット上でも言われています。しかし、5000ポイント、7000ポイント、8000ポイントの特大キャンペーンに1%還元のユーザーを考えての還元率。

 

さらには、楽天市場を扱っている方なら3倍、4倍とポイントばらまき過ぎじゃないか?と思える程です。顧客満足度No1とテレビでお買い物パンダ君(ちゃん?)が言っている様にどこを取ってもデメリットが見当たりません。

 

楽天カードを発行したいけど、怖いな・・・と思う方はぜひ見ていって下さい。

 

楽天カード新規入会キャンペーンはこちら

 

1、楽天カードはダサい?恥ずかしい?噂の範囲はどこに?

楽天カードを騙るフィッシングメールのせい?

2、女性向けに楽天PINKカードを2015年5月に発表

3、予告なし強制解約・リボ払い地獄・オペレーター微妙

4、強制解約されても高評価する人はいる

・最大8000ポイントキャンペーンは高評価

楽天市場で還元率4、0%と使い勝手もいい

5、評判の悪さは認知度の高さでもある

 

スポンサーリンク

 

 

1、楽天カードはダサい?恥ずかしい?噂の範囲はどこに?

楽天カードの悪口を言う方の中には楽天マークが「かっこわるい」「ダサい」「デートで使うな」と言われ、まず評判を落とします。

 

次に店舗で使うと恥ずかしいとまで言われデザインがダサいと言われる事もプラスして「普段使っている人はステータスの低い人間」と噂が出回りました。

 

人間不思議と皆が言うと「あ、そうなんだ・・・」で理解してしまうのです。実際には還元率1%、発行後のキャンペーンポイント付与、楽天自体のキャンペーン、楽天市場のポイント還元とほぼ言う事なしが私の意見です。

 

さらに楽天Edy楽天ポイントを変換できる事もあり、楽天スーパーポイントの使える幅が楽天スーパーポイントに留まらないとかなりいい感じのサービスです。楽天スーパーポイントが使えないなら、楽天Edyに変換すればいいだけです。

 

結局はイメージを拭えず、「楽天嫌いが言っているだけ」など批判をさらに批判してインターネット上で論争となりました。しかし、一般社会的にはイメージは悪いままです。

 

確かに言われてみればライフカードのブラックカラーやイオンカードに比べて・・・と個人的に考えてしまうので、噂程度は仕方ないかな・・・と思っています。

 

楽天カードを騙るフィッシングメールのせい?

2017年10月24日に楽天カードからフィッシングメールに注意して欲しいとメールがありました。評判が悪いと言いながら引っ掛かる人がいるって事はそれなりに信用が高いと言う事です。

 

楽天カード株式会社です!いつもお世話になっております~とかで文章が始まるのでしょうか。

 

【追記】

ほぼ全ての文章が同じで楽天カードを騙っていました。しかし、請求金額や引き落とし口座が間違っており、今回のメールは個人情報流出が目的だったのでしょう。

 

複数のアドレス向けに配信していたり、文章をよく読み「おかしいな」と思ったらすぐに別のページを開いて請求金額を確認してみましょう。この時にメール内にある文章をクリックしてはいけません。全ての場合に言えます。

 

リンクをクリックするとウィルスに感染するらしいものです。警視庁も注意喚起していましたし、次からは楽天カードも信用ができなくなった・・・と言う訳です。

 

この事件は楽天カードは悪くないので、評判が悪くなるはずがありませんが、一応「楽天カード、こんな事あるのか~」と考えてしまうのは仕方ないです。

 

楽天カードの信用を落とそうとする人やこうした事件の背景も多少はあるのではないか?と考えています。

 

楽天カード新規入会キャンペーンはこちら

 

2、女性向けに楽天カードPINKを2015年5月に発表

これも評判を落とす訳がないニュースでした。2015年の5月19日にはニュースサイトで楽天PINKカードを発表しており、銀色以外のカードで人気を集めました。女性ならピンク色を好むだろうと思ったのでしょうか。

 

女性のライフスタイルに合わせて楽天PINKカードは作られており、育児や習い事、トラベル、クーポンと自分好みにカスタマイズできる事が強みです。

 

不思議と男性でも発行できるのですが、特に審査で引っ掛かる事はないそうです。この他にも楽天カードは2016年11月に人気だったお買い物パンダデザインを復活させ、2017年11月にはメインキャラクターを勤める程に人気となっています。

 

しかし、悪評は尽きず下記の様な事が噂立ってしまいます。

 

楽天カード新規入会キャンペーンはこちら

 

3、予告なし強制解約・リボ払い地獄・オペレーター微妙

普通に所持しているだけで強制解約などあり得るかな?と言いたい人もいらっしゃいます。しかし、実際に強制解約される人もかなりいます。

 

楽天カードもクレジットカードですから強制解約するには理由があります。人気となり会員数も増えた事でリスク回避をしたいのでしょうか。

 

強制解約させられた人はローンを組んだ、キャッシングをかなり使った、などありますが、完全に「選別」で間違いないでしょう。

 

顧客を集めるために高額ポイントをばらまく。楽天カードの審査を下げて顧客仮確定を行う。「あ、この人ダメだな、弊社に利益あまりないな」と思ったら強制解約。

 

もちろん、延滞したとか色々と理由はあるでしょう。しかし、入会の難易度が低い代わりに強制解約される可能性は高いです。

 

本当のところは楽天カード自体も言いませんから、あくまで予想となりますが、恐らく選別していると思っていいでしょう。

 

噂に聞くリボ払いでもの凄い借金をいつの間にか作ってしまった人がいます。インターネット上でも噂になり、今でも検索TOPに君臨する程、話題性のあるものです。そのせいで何度も私の様な文章を見てしまうかも知れません。

 

現実問題なので、あまり馬鹿にせずリボ払いに注意して欲しいのは私個人としても同じ意見です。強制解約の時にも記載しましたが、リボ払いは正直デメリットが高いです。単純に手数料が高い事はこの際、いいのですが、楽天カードの場合は危険です。

 

リボ払いを使う=強制解約の可能性を上げてしまうと思っていいでしょう。楽天カードはメール配信が非常に多く、気付いたらメール配信を頼んでいた・・・なんて事もあります。そのメールにリボ払いのおすすめメールがショッチュウきます。

 

メールを見るとさも「いや、リボはお得ですよ~~!!」みたいな文章で記載されています。しかし、一括→分割→リボ払いと順番に損して行くのがこの世の中です。一番いいのは当然手数料0円の一括払いです。

 

色々と記事を記載していると「ケチなだけじゃないか?」とか思われますが、真剣にリボ払いの手数料を計算してみて下さい。

 

10万円を使ってリボ払いを放置していたら・・・300万円の借金になった。

 

極端過ぎますし、ほぼあり得ない事ですが手数料で100万円を超えて来るのがリボ払いです。繰り返しますが100万円とか300万円は極端な例です。

 

しかし、分割払いをしている人を今まで見ましたが、気付いたら100万いってた・・・なんて事はほぼありません。

 

楽天カードが人気となった途端にその様な話しが出て来たのです。クレジットカード素人からすれば、「リボ払い」の意味など分かりません。2000Pもらえます!とか言われれば普通はお得な気がします。

 

実際には全くお得でなく、2000Pを犠牲にしてでも利用したくないサービスです。10万円もらえるなら勉強して損しない様にできるのですが・・・。

 

この様なメール配信の多さや楽天カードのリボ払いのせいで100万超えの借金を作ってしまった事が悪評の原因の一つです。・・メール内容もリボ払いのデメリットをきちんと説明して欲しいところですね・・・。

 

リボ払いは利用金額が高い程、手数料が高くなる制度をとっています。毎月1万円~2万円の支払いにしてもその場しのぎです。前述した通り、毎月の返済+手数料分を支払う事になり、結果的にリボ払いを利用した人はほぼ全員、元金が減りません。

 

リボ払いについての悪評はまだあり、楽天カードの申し込みの時も問題です。勝手に「自動リボ払い」扱いになっていたり、楽天カードを発行後、「自動リボにすると何千ポイント!!」とか「ポイント2倍!!」とかあります。

 

楽天カードのリボ払いは金利15%なので、限度額近くまで行くと1万円の利息を支払う事になります。利息で1万円です。単純に1~2万円にしても+1万になると言う意味です。

 

楽天カードのキャンペーンはお得ですよ!!と言わんばかりにリボ払いのキャンペーンを推します。オペレーターに聞いてもリボ払いの説明を理解できない方が多いらしく、さらに楽天カードの噂は悪くなります。

 

オペレーターに問い合わせすると、楽天銀行楽天カードをそっちいったりあっちいったりを繰り返し、なかなか回答に辿り着かない事もあったそうです。

 

オペレーターの評判の悪さは聞いてはいますが、急に増えたユーザーに対応できていないのが原因かも知れません。

 

楽天カード新規入会キャンペーンはこちら

 

4、強制解約されても高評価する人はいる

正直、強制解約されそうな私ですが(支払い遅延ではなく、あまり使っていないためです)それでもキャンペーンは利用させてもらっていますし、あまり解約して欲しくありません。

 

7年間使った人が強制解約される程ですが、これはある時期毎に楽天カード内で再審査をしているためです。強制解約されても評価を高くする人もいますし、そんなに悪いところがあるとも思えません。

 

何より、強制解約が怖いとか審査に通らなかったらどうしようと考えるのは後の話しです。もしこの記事を見る前に「不安だな」と思ったら、とりあえず発行してキャンペーンポイントをもらって、退会する手段もあります。

 

リボ払い、自動リボだけ注意すれば後は何とかなります。クレジットカードを使っても一括払いを心掛ける事、キャンペーンポイントがあっても「リボ」の名前を見たら無視決定です。私も「リボ」の名前の付くサービスは使っていません。

 

最大8000ポイントキャンペーンは高評価

楽天カードは2017年に4、5回、8000ポイントキャンペーンを実施しています。11月12日の時点で5回程度8000ポイントにアップしてばらまいています。向こうとしては顧客獲得のためでしょうが、高評価になる決め手です。

 

他のカードと比較してもあっさり5000~8000円分もらえるクレジットカードは楽天カードとyahooカード以外はありません。多少の出費をすれば、他のカードでももらう事ができます。

 

余計なところに使いたくない人は100%還元商品にクレジットカードを使って実質出費なしにする方法もあります。

 

いちいちそんな事をしなくても楽天カードの場合は多少の面倒だけで5000~8000円分もらえるので、評価も非常に高いです。顧客満足度No1の背景には「キャンペーンポイントが全て!」と言う人もいるでしょう。

 

さらに2016年度で評価の高かったお買い物パンダデザインの復活でさらにテレビCMです。悪い事を言う人が増えた=認知度が高くなった証拠、です。

 

この間隔でキャンペーンを行うと8000ポイントにアップする確率は2018年以降も非常に高く、5000ポイントで切るのは少々痛いかも知れません。

 

「稼げるサイト」経由で発行すれば、9000円プラスできる事もあり、キャンペーンポイントをもらって、悪口を言う人はいません。

 

言っていたとしても、キャンペーンのやり方がわからなかったり、もらい損ねた人が大半です。期間限定ポイントなので、付与タイミングも失効タイミングも分かりづらいです。

 

忘れなければ例え、強制解約されても「楽天カードには本当に助けてもらった気分です」の意見が多かった様に感じます。

 

私も強制解約されそうではありますが、キャンペーンポイントについて悪口はありませんし、巷で言われるステータス感も完全に無視しています。一応、断っておくと楽天カードはデートに使うのは止めておいた方がいいです。

 

気にしない方ならいいですが、おすすめはしません。一応の話しなので、流してくれても構いません。

 

楽天市場で還元率4、0%と使い勝手もいい

2017年11月だと街での利用でポイントが2倍、楽天市場で最大還元率4、0%と楽天市場を使うなら楽天カードがないともったいない状況が続いています。他のカードだと還元率1、0%がいいところですが、そこは違います。

 

8年連続で顧客満足度1位になるだけあり、楽天市場での買い物、普段使いでの還元率、発行時のキャンペーンポイント、発行後の独自のキャンペーンなど顧客がやって欲しい事をかゆいところまで手を届かせています。

 

他にも合計1万円以上のショッピングで全額キャッシュバックキャンペーンなど抽選とは言え、とても無視できない告知がたくさんあります。こう考えて見るとデメリットなどどこにもない様に思えます。

 

楽天ポイント加盟店を把握しておけば、他のクレジットカードよりも楽天ポイントを貯める事ができ、節約にも向きます。1P=1円から使えるのも魅力的で、通販だと送料分になってしまいますが、実店舗なら1円から引く事が可能です。

 

少し前まではサークルKサンクスで使う事もできて、現金の消費なしで随分お世話になりました。使わない分はミスタードーナツでドーナツ3、4個と交換して終わりでもいいんです。

 

デメリットは楽天カード自体ではなく、オペレーターの慣れない対応や突然の強制解約などで、カード自体にデメリットはほぼありません。むしろ、メリットばかりなので、発行前に心配する事はないと言ってもいいです。

 

実際に発行した後は、リボ払いに注意すればデメリットは何もなく、本当に楽天市場のポイントを4倍とか5倍で貯める事が可能で、全額キャッシュバックなどのキャンペーンにも参加できます。

 

330ポイント程度勝手に貯まった経験もありますが、ミスタードーナツで消費しておしまいです。使う場所を把握するとこんな事もできます。大体の方は還元を狙うかキャンペーンポイントを狙うので、どちらかに魅力を感じるなら発行してもいいです。

 

デメリットらしいデメリットがないため、題名にもデメリットが見当たらないと記載しましたが、実際に持っている私がこう答えるので、悪い評価の半分は腹いせかも知れません。

 

楽天カード新規入会キャンペーンはこちら

 

5、評判の悪さは認知度の高さでもある

評判が悪いと楽天カードの発行を躊躇してしまう事もあります。しかし、クレジットカードは使う人によって大きく評価が分かれるものであり、カード自体の性能を考えるのは二の次。

 

2017年11月13日時点で8000ポイントにアップしている楽天カードは発行する絶好のチャンスと言ってもいいでしょう。

 

使い勝手が悪いなら解約すればいい話しです。発行した理由がキャンペーンポイントであっても別にいいと思いませんか。向こうからすればキャンペーンポイントで顧客獲得を目指しているのですから、そこから先を考えるのは発行者次第です。

 

発行してすぐに解約するのはクレジットヒストリー的におすすめしませんが、使わずに持っている事くらいはできます。解約する時にどこかへ言っても紛失ダイヤルとかあるので、大丈夫です。

 

評判の悪さは認知度が高い理由でもあり、発行した人がたくさんいる訳です。評価がどうなるにしろ、とりあえずキャンペーンポイントだけもらっておいてもいいと思います。

 

私の体験談ですが、発行した時は「クレジットカードの審査って通るのかな~?」程度にしか考えていません。キャンペーンポイント目当てと言えば目当てです。発行すれば意外と色々な場所に使えて発行してよかったと思っています。

 

結果的にステータス感がないとか恥ずかしいとか言われますが、インターネット専用のクレジットカードにしてデートとかの時は別のカードを使えばいいんじゃないか・・・?って思ってしまいました♪

 

一人でいるならあまり気にしない方がいいと思いますし、それでも嫌ならインターネット専用カード決定でしょう!お得なのにもったいない!・・です。

 

発行者数もすさまじい勢いで増えており、クレジットカード会社の新規発行数もそれはそれは多いです。私の周りも続々と楽天カードを手に入れて、8000ポイントをもらっているそうです。

 

2016年10月頃からずっと楽天カードの情報を集めて来ましたが、8000ポイントは最大ポイントです。発行するなら今がかなりのチャンスです。

 

宣伝している訳ではありませんが、とにかく評判の悪さは理解できないところもあります。還元率や最初のキャンペーンポイントを見ても評価を悪くする理由は何もないでしょう。・・・強制解約だけは痛いかも知れません。

 

楽天カード新規入会キャンペーンはこちら

 

スポンサーリンク