お金がない時に心が安心する場所【クレジットカード,キャッシング,稼ぐ】

楽天カードが10月22日(月)10:00~10月29日(月)まで7000pにアップ!ビックカメラSuicaカード2019年1月31日(木)まで8000pに緊急UP!イオンカード11月30日(金)まで8000円分にUP中♪yahooカード10000Pにアップ!タイミングは?リクルートカード限定8000p!記事更新情報:新記事毎日:ビックカメラSuicaカード(10月20日)上級者愛用の理由は?等。VIASOカード更新(4月27日)、リクルートカードは2018年最高は9000円。公式で確認♪楽天カードは現在、

ライフカードの解約方法は?お金とか必要!?キャッシング残高はどうなる?

ライフカードの解約方法は?お金とか必要!?キャッシング残高はどうなる?

 

ライフカードの解約方法は電話番号で音声ガイダンスによる退会となりますので、解約する時は誰かと話す訳ではありません。

 

ただし、下記にも記載していますが、解約する時に未払い残高が残っている状態では解約できません。他にも条件がありますから、参考にしていって下さい。

 

解約したかどうか?を確認したい方はLIFE-Web-Deskが一定期間後に削除されるなど、分かりやすい様で分かりづらいです。

 

【目次】

1、ライフカードの解約方法まとめ!お金は?

2、解約前にもう一度チェック!ポイント!

3、現在、支払い中のお金がある場合は?

4、キャッシング残高とか支払いはどうなるの? 

5、ソフトバンクの方へ。ライフカードって何これ?

・身に覚えのない請求が来た・・・・540円、594円、648円

6、auの方へ。ライフカードについて

 

 

1、ライフカードの解約方法まとめ!お金は?

ライフカードの解約方法は最初に述べた通り、電話によるガイダンスです。昔はもう少し単純でしたが、今は関係ありません。下記のケースにあたる場合は音声ガイダンスではできないので、確認しておいて下さい。

 

お金が必要なのは、解約時の解約金ではなく、利用残高がある場合やキャッシング利用の分、分割したお金がある場合です。基本的にクレジットカードを解約する時は一括払いで全て支払いを終えた後に解約となるため、その様な情報が出回っています。

 

ライフカードを解約するだけでお金が掛かる心配はありません。もしも、解約金が必要だよ~とかあるならそれはただの詐欺です。

 

【下記のケース】

・利用残高がある場合

・暗証番号が不明な場合

・カードが手元にない場合

・ETCカードの契約がある場合

 

音声ガイダンス・・・045-914-7003の後に32♯を押す

オペレーター・・・・042-914-7003の後に7♯を押す

 

音声ガイダンス受付時間・・・8:00~23:00

オペレーター受付時間・・・・9:30~17:30

 

日曜・祝日・1月1日~1月3日は休みです。公式サイトにも記載がありますので、そちらを確認してもいいでしょう。

 

公式サイトに行くには?

1、「ライフカード 解約」で検索

2、「カードを脱会したいのですが?」をクリック(タップ)

 

これでいけます。

 

利用残高がある場合

利用残高があるからと言って解約できない訳ではありません。後日、コンビニや銀行で一括支払いするための用紙や案内が送られてきます。支払いが完了して遅くて一週間で解約できます。

 

分割払いやリボ払いの場合は一括で支払う必要はなく、いつも通りに支払いをしていって、全て完済したら解約の流れです。リボ払いや分割払いについて一度0に戻したいなら、残りいくら払えばいいのか?を聞いて払ってしまいましょう。

 

支払い期日もありますから、余裕がない場合は解約時期を選んだ方がいいとインターネットでもアドバイスされていました。

 

ライフカードで現在、支払い中の利用残高がある場合、会社の指定する口座に指定日までにお金を支払う必要があります。ライフカードの締切日はショッピングが毎月5日、キャッシングは毎月月末締め、翌月支払い開始です。

 

分割払いやリボ払いは上記にはありませんが、その時は解約予約になる事があります。解約予約とはクレジットカード自体の利用は停止されますが、支払う金額残っている状態です。

 

リボ払い、ショッピング支払い、キャッシング支払い、分割払いのお金を全て支払った時点で解約されるのが普通で、それ以外は「解約予約」となります。

 

音声で省かれた場合も、普通にオペレーターに相談すれば場合によって対応してくれる可能性はあります。

 

暗証番号が不明な場合

暗証番号が不明な場合は、ライフカードの解約をすぐにする事ができません。解約するためにはLIFE-Web-Deskで変更手続きをして下さい。

 

暗証番号の照会方法は、LIFE-Web-Deskにログインした後にお届け内容の変更を選びます。その後にカード暗証番号の照会→後日暗証番号通知書を郵送してくれます。

 

暗証番号を忘れた場合、かなりのサービスが制限されるので早めに郵送してもらった方がいいです。忘れていなくても変更の際は音声ガイダンスを使います。ICカードの暗証番号を変更する場合は再発行が必要となります。

 

カードが手元にない場合

手元にないと言っても、すぐに用意できる方は抜きます。この場合の「手元にない」はどこにあるか分からないけど電話した、カードを紛失したままで解約手続きをしようとしたなどの「手元にない」です。

 

 

「財布から取ってきてもいいですか!?」程度なら待ってくれるでしょう。

 

ETCカードの契約がある場合

ETCカードをセットで利用している時は電話でオペレーターに伝える必要があります。音声ガイダンスでは、解約ができないため、オペレーターに伝える事になります。

 

私もライフカードを発行する時に電話口で話した事がありますが、とても丁寧なので、不安がる必要はありません。余談ですが、あの時は会社名が微妙だったので、電話が掛かって来ました。

 

ETCカードを使う予定のある方は解約の時期を考えた方がいいでしょう。

 

2、解約前にもう一度チェック!ポイント!

危ない橋を渡らないためにチェックしたいポイントをまとめておきます。

 

・公共料金支払いに設定していないか?

・携帯料金支払いに設定していないか?

・ポイントは全て失効するので注意!

・一年~半年間利用したか?

・ETCカードを同時契約して忘れていないか?

・家族カードはどうなっているか?

・いつの間にか未払いが増えていないか?

・リボ払いの残高は意地でも確認!!

・おススメは面倒でもオペレーターに未払い残高や妙な残高がないか教えてもらう事!

 

この辺りはチェックしておいた方がいいでしょう。特に公共料金や携帯料金の場合、クレジットカード支払いに慣れているとミスしがちです。どんな理由にしろ「延滞した」事になるので、ライフカードに限らず、解約する時は注意したいです。

 

ポイントを使うのを忘れた、公共料金のカード変更を忘れた程度はまだ可愛いです。この中で一番はリボ払いの残高です。

 

リボ払いは支払うお金を一定にして、負担を減らす方法・・・と記載があります。さも、お得な様に記載があり、私のところにもたまにメールが来ます。これはどのクレジットカードでも同じ様にお知らせが来ます。

 

確かに毎月の負担が減った様に見えますが、当然の様に手数料が高いではなく高過ぎます。逆に損する事になるので、できれば使いたくないです。リボ払いを放置して借金地獄になった方も少なくありません。

 

負担が低いから大丈夫、まだ大丈夫・・・と連鎖するのを避けていきましょう。将来的に不安になる要素はまだあります。

 

これもライフカードに限りませんが、カードの解約と同時に公共料金の支払いや携帯料金の支払いが滞る事が多くあります。皆同じですが、同じではいけません。

 

カードの解約時のトラブルはインターネット上で噂されており、半信半疑だったのですが、一応信憑性の高い情報を見付けておきました。

 

・カード解約と同時に携帯電話の料金が滞った場合、「ローン」の延滞となる

・分割払いは=ローンと同じに扱われる

・新規で携帯電話を購入する時、分割払いが通らなくなる

自動車保険、家のローンなど全てのローン審査に落ちる

 

昔には住宅ローンを組む時に「クレジットカードを解約して下さい」と言われる事もあったそうです。今でもあるかも知れません。

 

クレジットカードの使い方が最も重要となっている事もあり、要注意事項です。一度個人信用情報に「滞った」事が記載されるととても厄介です。自分から消す事はできず、何年か待つ事になってしまいます。

 

破産レベルなら10年、延滞なら5年といったところです。履歴がマイナスになるとかなり住宅ローンなどの審査が厳しくなるので、ライフカードを解約したい方に限らず、クレジットカードの解約は要注意です。

 

3、現在、支払い中のお金がある場合は?

リボ払い中、分割払い中、キャッシングの返済中は全て通常通りに支払う必要があります。一括で返済したい場合は、オペレーターに電話して「全部完済して迷惑が掛からない様にしたい」などの言い方で、一括返済を申し出てみましょう。

 

【一番の注意点】

解約手続きをした後では支払い方法の変更ができません。支払い方法の変更をしたいのであれば、最初に電話して確認しておきましょう。

 

また、いつ引き落としがあるのか?を確認しておきましょう。一括か今まで通りになるのか?も大事ですが、延滞を避けるためです。

 

もしも、解約手続きをした後でもダメ元で電話で聞くといいかも知れません。

 

【手数料の支払いを止める】

支払いが残っている時は手数料を止めるのも一つの手段です。基本的に分割→リボ払いと支払う金額が増えていきます。(手数料が高くなるため)

 

多少生活が苦しいかな?と思っても支払う金額が増える事を考え、何としてでも一括返済してすっきりしておきたいです。一括返済できるならやるべきだとインターネットの方も情報サイトでもアドバイスしています。

 

キャンペーンのポイントはどうなる?

キャンペーン中にライフカードでリボ払いやキャッシングを使った場合であっても、キャンペーンのポイントは付与されません。どのクレジットカードのキャンペーンの注意事項にも「解約した場合は適用外」と記載があります。

 

もしも、年会費の掛からないライフカードを所持している場合は、キャンペーンポイントをもらって、ポイントを使って解約手続きをするといいでしょう。

 

一度解約手続きをすると取り消しはできません。ポイントも全て失効してしまうので、できる限り使い切ってから解約したいです。

 

4、キャッシング残高とか支払いはどうなるの?

ライフカードのキャッシングは一括払いに対応しており、ネット上で「なかなか」と言われています。解約時も同じ様に一括払いができるか?をぜひ確認しておきたいです。

 

キャッシング残高は専用のWEBサイト「LIFE-Web-Desk」で確認できますが、解約時に電話でオペレーターに聞く方が無難です。急ぎでなければ、キャッシング残高を支払ってから安心して解約した方がいいでしょう。

 

通常通りであれば、一括返済したり繰上げ返済したりと解約前と同じ支払い方法となります。もちろん、解約したからと言って、キャッシング残高が減る訳ではありません。

 

5、ソフトバンクの方へ。ライフカードって何これ?

ライフカードと言うのはクレジットカードなのですが、ソフトバンクの方へ請求が来るのは、540円とかでしょうか。594円とか648円とか324円とか色々あります。

 

ソフトバンクのオプションサービスを開き、「あ、これだ」で解決するなら全く問題ないでしょう。解約する事もできますし、何も問題ありません。

 

ソフトバンクのセキュリティ強化オプションサービスがその正体である事が多く、これに疑問を持つ方が多数いらっしゃいます。

 

どの金額に相当するのか私からでは予想の範囲を出ません。しかし、「継続課金の見方」を一応伝授しておきましょう。

 

1、Myソフトバンクへ行く

2、ソフトバンクまとめ支払い利用履歴を開く

3、ご登録中サービスを見る

 

これで、継続課金一覧が見れるはずです。もしも、自分が悩んでいる金額と同じ金額があり、「継続課金中」とか記載があれば、問い合わせもしくは、解約する方法を探してみましょう。

 

悪質サイトに手を出したのなら、「悪質サイト 解約」とか検索すればいい情報が出るかも知れません。

 

身に覚えのない請求が来た・・・540円、594円、648円

EXPOからの594円 (今では648円かも)、ライフカードが代行して請求している540円など様々な請求があるはずです。

 

EXPOからの請求は2ヶ月遅れてくるそうで、結構ドキっとするらしいです。端末を買っていい気になったかな・・・?とか色々不安な時期です。確認してしまいましょう。逃げても変わらないですから、さっさと解決するべきです。

 

ソフトバンクの端末を購入した時に「別のところから請求来るので~」とか言われたのを何となく覚えていれば話しは早いです。

 

覚えていないなら、上記に記載した「ソフトバンクの継続課金の見方」を確認し、「これ何?」と問い合わせした方がいいでしょう。

 

6、auの方へ。ライフカードについて

こちらもEXPOでしょうか。540円(594円や648円かも)だったら、まずオプションサービスを疑いましょう。

 

ライフカードに請求代行をしているため、請求元がauではなくライフカードとなっているだけです。

 

auの端末を購入した時に「別のところから請求来ますので~」とか言われていたのを思い出すでしょうか?一応、説明はあったそうなので覚えていないなら契約書を見ましょう。

 

契約書がどこかへいってしまったなら、継続課金の見方を伝授しますので、そちらを参考にして見つけ出し、問い合わせして悪質サイトでないか調べるのもいい手段です。

 

1、auポータル

2、au IDトップ

3、auかんたん決済メニュー

4、継続利用サービス一覧

 

でいけます。これで継続課金一覧を開き自分の求めている金額と請求元を見てみましょう。「継続課金中」と記載があれば、その内容を調べて問い合わせする方法が使えます。

 

どこから請求されているのか決済会社だけでは判断が付かないケースが増えていますから、一応注意して使った方がいいかも知れません。

 

ライフカードの解約方法と話しがずれていますが、一応ライフカードの事なので、記載しておきました。

 

また次回!!