お金がない時に心が安心する場所【クレジットカード,キャッシング,稼ぐ】

楽天カードが6月11日(月)AM10:00まで7000p!記事見てね!毎週末限定でyahooカード10000Pにアップ!記事更新情報:ビックカメラSuicaカード(4月26日)上級者愛用の理由は?等。VIASOカード更新(4月27日)、リクルートカードは2018年最高は9000円。公式で確認♪楽天カードは現在、5000p。月間アクセス3万2千突破!

三井住友visaカードのポイントの貯め方!還元率で勝負!

三井住友visaカードのポイントの貯め方!還元率で勝負!

 

三井住友visaカードはクレジットカードです。。visaは「国際ブランド」の中の一つで他にもJCBやMastercardなどが存在します。

 

三井住友visaデビュープラスは年会費無料のカードが登場しています。インターネットの記事は古いかも知れないので、ご注意。

 

クレジットカードは欲しくないけど三井住友カードが欲しい!visaカードが欲しい!と思っている方は要注意です。知らない間にクレジットカードを持ってた!なんて事にならない様にしましょう。

 

【目次】

1、三井住友visaカードは世界シェアNo1!

2、発行可能なカードは3種類

3、三井住友visaデビュープラスカード

→ゴールドへ保証された一枚がデビュープラス

4、三井住友visaカード簡易比較表(学生)

→年会費、海外旅行保険、ポイントについて

5、ランクボーナスあり!現金キャッシュバックは損!

6、入会した後もキャンペーン利用で全額キャッシュバッグも!

7、ポイントのお得な貯め方!

 

 

1、三井住友visaカードは世界シェアNo1!

visaカードでもあり、クレジットカードでもある三井住友visaカード。クレジットカードを持ちたくない方は発行を止めておきましょう。

 

三井住友visaカードは世界で最も信頼されているvisaカードをメインとしています。公式サイトでも記載がありますが、visaカードは安心と信頼のクレジットカードです。

 

日本で初めてvisaカードを取り入れたのが三井住友カードで会員数は2014年の時点で2300万人を超えていました。その後、2016年の半ば辺りで2400万人を突破しており、2017年には2500万人を超える勢いです。

 

2018年、2019年と会員数を延ばす見通しで3000万人も夢ではないでしょう。それだけ安心と信頼のある大手企業で初めてのクレジットカード発行にも向きます。

 

安心と信頼を心掛けているので、三井住友visaが信用できないなら、他のクレジットカードもダメでしょう。会員数約2500万人は安全とセキュリティ万全の証拠です。

 

visaカードと言うだけあり、国際ブランドはvisaのみ。ちなみに三井住友マスターカードもあります。

 

2、発行可能なカードは3種類(ゴールド以降は入れてません)

三井住友visaカードで発行可能なカードは一般カードだと3種類あります。学生に向けたカード、外に出して恥ずかしくないカード、海外に強いカード、定番を求める方向け、会員数2400万人が信じられるカードとラインナップも強いです。

 

ただ、学生向けカードだけは年会費が無料ではない、などちょっと優しくない部分もあります。

 

実は三井住友「デビュープラス」と記載がありますが、学生の場合は他2つの方がお得になれるかも知れません。旅行に行く時に旅行傷害保険を付けたいのは当然です。デビュープラスよりもクラシックやアミティカードの方が優遇されています。

 

インターネットで三井住友visaカードの待遇が「ウラヤマシイ」と記載している方も「クラシックカードA」と「クラシックカード」の待遇面を話しています。

 

選ぶならデビュープラスよりも無条件で年会費無料の「クラシックカード」を選ぶ方がお得でしょう。女子学生ならケータイやスマートフォンのポイントが2倍になる「アミティカード」の方がお得です。

 

ただ、デビュープラスは将来、ゴールドカードへの自動切換えが約束されており、還元率が1%をキャンペーン期間終了後もキープできる唯一のカードです。

 

海外旅行保険なんて別にいいや!って方はデビュープラスカードにすると普段のお買い物もオトクになります。 

 

特にクラシックカードとアミティカードは在学中年会費無料なのが、いいところです。

 

3、三井住友visaデビュープラスカードについて

18歳~25歳限定のカードで初年度年会費無料、次年度も一回の利用で年会費無料です。いつでもポイントが2倍になり、プライムゴールドカードへ自動でランクアップする形をとっています。

 

クレジットカードを持っていて延滞や強制解約などがない場合、自動でプライムゴールドカード、ゴールドカードへのランクアップができます。将来を約束されたクレジットカードとして人気が高い・・・そうです。

 

最短3日程でカードを受け取る事ができるのも人気の点なのでしょう。

 

【学生専用カードとしての機能は?】

初年度年会費無料+次年度も一回の利用で年会費無料は変わりません。いつでもポイント2倍も学生でなくても同じです。学生専用として違うメリットは入会後3ヶ月間はポイントが5倍である事などです。

 

年一回の利用がない場合、年会費が1250円掛かります。その辺りは色々なカードを持っている時に注意したい事です。年一回なので、三井住友visaデビュープラスしか持っていないなら、お買い物で一回使えばOKです。

 

デビュープラス限定でワールドプレゼントが得になります。

 

ワールドプレゼントとは三井住友visaカードのポイントプログラムです。スーパーのポイントプログラムと同じイメージで大丈夫です。ポイントは1000円で2ポイント。1ポイントは5円相当なので、還元率は1%です。

 

入会後から3ヶ月間はポイントが5倍となるので、三井住友visaデビュープラスだけを使って間違いはないでしょう。

 

貯まったポイントは200以上のアイテムと交換可能です。ANAマイレージからnanacoポイント、アマゾンギフト券など多彩なアイテムが目白押しです。他社のカードではなかなか見ないタリーズカードやプレミアムバンダイポイントに交換可能。

 

ビッグカメラジョーシンヨドバシカメラのポイントに変換できるのはかなり珍しいです。家電店もクレジットカードを出しているので、家電ポイントに交換するメリットがあまりないのでしょう。

 

三井住友visaカードの全てに言える事ですが、ワールドプレゼントポイントはたまに増量キャンペーンをやります。キャンペーン概要を見て、「あ、使えそうだな」と思ったら増量を狙うのもいいやり方です。

 

学生のカードとしてインターネットで話題となりますが、高校生は不可なのが残念。追加カードとして電子マネーが使えるのはいい点です。

 

【使える電子マネー一覧】

ETCカード

・iDカード

pitapa

WAON

・アップルPay

・家族カード

・バーチャルカード

・visapayWave

が追加可能です。

 

家族カードは本カードと同じ機能で使えるのも他社のカードと変わりません。三井住友カードにアップルPay機能やiDをまとめる事でいちいちカードを探さなくて済みます。無理に追加カードを作る必要はありませんが、一応機能として存在します。

 

三井住友visaデビュープラスは最大7000ポイントもらえる!

キャンペーンとして2017年の10月期には最大で7000ポイントもらえるキャンペーンを実施しています。楽天カードやyahooカードに比べると、多少ポイントをもらうのに手順が必要ですが、無理な相談でもありません。

 

7000円分もらえると言うよりキャッシュバックの形が三井住本visaデビュープラスカードです。

 

4、三井住友visaカード簡易比較表(学生)

三井住友VISAクラシックカード(学生)

・年会費無料

海外旅行保険(最高2000万円)

 

三井住友VISAクラシックカードA(学生)

・年会費250円。初年度は無料

・海外・国内共に旅行傷害保険(最高2500万円)

 

三井住友VISAアミティエカード(学生)【女性限定】

・年会費無料

・海外・国内旅行傷害保険(最高2500万円)

 

三井住友visaデビュープラスカード(学生)

・常に還元率が1%(三井住友visaカードの中で唯一このカードだけのメリット)

・25歳までなら審査も容易

・VISAとMastercardが選択可能

海外旅行保険が付いてない

・支払い方法も1回払いに対応

・リボ払い専用ではありません

 

女性で海外旅行保険を付けたい方は間違いなく、アミティエカード。海外旅行保険なんていらない!って方はデビュープラスカードと言ったところです。デビュープラスカードは25歳までなら誰でも持てるカード。

 

26歳以降にゴールドカードへの切り替えが容易にできるところも人気の点。ゴールドカードは年会費も掛かりますし、特にいらない方は年会費無料のクラシックカードへの切り替えも可能です。

 

海外旅行保険以外なら唯一の還元率1%も考えて間違いなく、デビュープラスがオトクとなります。

 

5、ランクアップボーナスあり!現金キャッシュバックは損!

三井住友visaカードのポイントプログラムのワールドプレゼントポイント。これは、1P=5円相当となっています。ポイント交換時には円相当の商品と交換できるため、普段から使って損ではありません。

 

ポイント交換コースには現金交換もありますが、はっきり言って損です。1P=3円で交換しますよ~と言っていますから、どうしても現金に交換したい!人以外は交換をおすすめしません。

 

ただし、損だからと言って無駄な商品と交換したり使いもしない、使い方もよく分からないポイントと交換するのはもっとダメです。

 

最初から現金交換目当てなら現金交換で十分です。レートは5円から3円に下がるものの、何かと現金の方が使い勝手がいいのは確かです。

 

とは言っても、「カード利用代金に充当する」ため、単純に現金がもらえる訳ではありません。三井住友visaカードはクレジットカードなので、後払い式です。使った値段が5000円なら、ポイント交換による数値から差し引く形をとっています。

 

ポイント交換した額が1000円なら、5000円が請求される訳ではなく、勝手に1000円引かれて4000円の請求になる、とそう言う事です。さらに重要なのが、「勝手に引かれる事」です。

 

ポイント交換と同時に次の月のカード利用代金にあてられます。(充当されます)自分でこの月!!とか選べる訳ではないのでご注意。

 

インターネットでは、ゴールドポイントカードや楽天スーパーポイントに交換するのがオトクと記載がありました。Tポイントやpontaポイントは4,5円相当になるので、おすすめされていませんでした。

 

利用額に応じてボーナスポイントがもらえる、ランク制度を起用

前年度、その年の利用額に応じてボーナスポイントをプレゼント。年間利用額50万円以上でボーナスポイントが付与されます。三井住友visaデビュープラスだと50万円で50ポイント、ゴールドやプラチナ等は50万円で100ポイント。

 

どのクレジットカードでも同じですが、「キャッシング利用額」「年会費」「各手数料」「一部保険料」「pitapa利用分」等は利用額に含まれません。

 

単純に三井住友visaカードでお買い物した時などが利用額計算されます。年間で50万円と言うと、月に4、5万円出費があるなら、達成できる値段です。

 

1P=5円相当なので、50P=250円です。100Pなら500円分もらえる訳です。注意したいのは、ボーナスがもらえるからと言って使い過ぎる事です。上手いこと、丁度いいくらいに足りなくなるのが、ボーナス制度です。

 

ボーナスが高いから!!とか言い出して300万円使う事のない様にしましょう。無難で無理に使わずに50万円達成できるならおすすめできる制度です。

 

6、入会した後もキャンペーン利用で全額キャッシュバックも!

三井住友visaカードはどのカードに入会してもキャンペーンの利用ができます。もちろん、国際ブランドやカードの種類は関係ないと言う意味です。

 

一人で持てるカードは一枚だけではありませんし、どのクレジットカードを作ろうか悩んでいる方は下記のキャンペーン紹介情報を見て考えるのもいいでしょう!

 

【2017年10月現在のキャンペーン一部】

・ワールドプレゼントポイント10倍!

→(専用のオンラインショップを利用するのが条件)

・家族や友達紹介で1万円分のギフト券プレゼント

ベルメゾンポイント10%増量!

・自治体ポイント交換増量キャンペーン

・id利用キャッシュバックキャンペーン(最大1万円)

・エントリー&新規入会でiD500円キャッシュバック!

・ApplepayのiD利用でワールドプレゼントポイント10倍!

・ココイコ!1周年感謝祭でポイント5倍上乗せ

・50周年キャンペーンで1万円以上利用で抽選で商品プレゼント!

 

など他のクレジットカードに負けず劣らずのキャンペーンが満載です。Yahoo!カードだけは何故か、キャンペーンが少ない印象です。しかし、三井住友カードのキャンペーンの多さは楽天カードと同じくらい多いです。

 

少ないキャンペーンだと当選しづらいですが、三井住友カードの様にキャンペーンが多いと当選する確率も多くなります。そのため、三井住友カードを発行するなら、キャンペーン情報は欠かさず見ておきたいです。

 

7、ポイントのお得な貯め方!

公式サイトに詳しく記載がありますが、一般的に「いけそうだな」と思えるポイントの貯め方も記載しておきます。

 

まずは、貯め方の基本的な情報を記載しておきます。

 

ポイントUPモールを使う

いつものショップで2倍~20倍のポイントが貯まる専用のショッピングモールがあります。オンライン専用なので、オンラインショッピングをしない方にはあまり関係ありません。

 

ざっと見た感じだと私は使わない場所がポイント20倍とかになっていますが、一応目を通しておくとお得になるかも知れません。ポイント2倍~20倍は嘘ではないので、その辺りは気にしなくて大丈夫です。

 

楽天トラベル、amazon、ANA、セブンネットショッピング、HISなど大手ショッピングが揃っています。Wポイントを狙うチャンスです。「稼げるサイト」経由でいけば、そちらの方がいいかも知れません。

 

ワールドポイントプレゼント(三井住友カード)に限らず、2倍~20倍貯まるポイントUPモールの様なオンラインショップと提携しているカードは多いです。ライフカードの「L-Mall」も同じ様な作りです。

 

特に三井住友カードのみのお得システムと言う訳ではありません。すでに発行している方は特に人生で一度切りのカード発行ではないので、気にする必要もないでしょう。

 

ココイコ!街でお得にカードを使える!

DAIMALU、松坂屋、紳士服のコナカ、東急ハンズ、タカシマヤ、びっくりドンキーなどのお店でお得にカードポイントが貯まります。三井住友カードだけあり、三井アウトレットパークも入っています。

 

気になる方は「ココイコ」で検索して一番上を見ればすぐにお得場所が分かります!ポイントは2倍~4倍が多く、覚えると三井住友カードのメリットがグッと広がります。

 

ボーナスポイント、プレミアムポイント加盟店、V-collectionなど

ボーナスポイントは年間の利用額に応じて付与されるポイントの事です。年会費無料のカードを使っていないなら、割引のチャンスが2月~翌1月にあります。

 

前年度の2月~翌1月までのお買い物金額によって年会費の割引が行われています。他にもプレミアムポイント加盟店だったり、V-Pass会員限定の通販サイトでお得にポイントを稼ぐ事ができます。

 

さらにワールドプレゼントポイントは他社からのポイント交換で貯める事も可能です。たくさんの貯め方があるので、ぜひ活用してみたいところです。

 

一般的に使えるワールドプレゼントの貯め方は?

上記だと公式サイトを見れば十分の情報ですが、ここからが重要なところです。実際に三井住友カードを持った時に無理なく、無難にポイントを貯めるにはどうしたらいいか?を記載しておきましょう!

 

結局はココイコ!や専用のオンラインショップを使う事になるのですが、流れを掴むと色々と違ってきます。

 

まず、ココイコ!でポイントが貯まる場所を覚える事(確認する事)からです。順番はどちらでもいいですが、ポイントUPモールもざっと見ておく事です。もちろん、三井住友カードを無理に使わずにそれでいて、ポイントを無駄にしないやり方がベスト。

 

・ココイコ!のお店で積極的に使う

・ポイントUPモールを使う

・無料で応募できるキャンペーンは一応こなす

・無理に使わずにポイントの有効期限を見ておく

・提携カードのポイントを同時に貯める

 

一番下の提携カードのポイントは紀伊国屋を使う人、ANAを使う人、京王線系列のお店を使う人専用です。各カードの弱点はデビュープラスに比べてワールドプレゼントポイントが0.5%還元に下がる事です。

 

【ANAカードの特徴】

通常のフライトマイルにプラスアルファで割り増しボーナスマイルが貯まります。さらにワールドプレゼントポイントも貯まるため、お得さは倍増です。

 

紀伊国屋三井住友VISAカードの特徴】

紀伊国屋ポイントとワールドプレゼントポイント同時付与。紀伊国屋ポイントは100円で1ポイント。ワールドプレゼントポイントは1000円で1Pです。

 

【京王パスポートカードVISAカード

京王グループ共通ポイントとワールドプレゼントポイントが同時付与。京王グループのポイント付与率はお店によって変わります。京王百貨店では5%~10%の優待、京王推奨ギフトが10%割引など様々。

 

京王線系列に住んでいて、京王グループのお店を使うなら「これしかない・・・!」と思える様な待遇です。

 

【クレジットカードで悩んでいるなら】

紹介しておいて何ですが、クレジットカードの選び方の基本として「自分が普段から使う場所のカードを選ぶ」と言うのがあります。普段からイオンを使うのであればイオンカードが一番・・・と言った流れです。

 

どのカードでも最高のポイント獲得を狙えれば早かったのですが、そうもいきません。なので、最初に見るのはポイントの貯め方ではなく、普段から使う場所があるかどうか?です。

 

もしも、自分にマッチするカードであればやっと次の段階に進めます。キャンペーンポイントを狙うなら話しは別です・・・。

 

色々なメリットがありますが、三井住友visaカードはクレジットカードであり、ゴールドへ自動ランクアップする数少ないカードです。

 

他のカードと比べてみて、気に入る様なら発行を考えてもいいのではないでしょうか。

 

では、また次回!!

 

三井住友VISAカード お申込はこちら