お金がない時に心が安心する場所【クレジットカード、キャッシング、稼ぐ】

お金がない・・・どうしよう。から脱出したいなら役立つはずです。お金に関する安心を求めるならここしかない!行動を起こすなら今しかチャンスはない!

dカードプリペイドが新リニューアル!使い方やdポイントが使える店、読んでお得な1記事!

dカードプリペイドが新リニューアル!使い方やdポイントが使える店、読んでお得な1記事!

 

dカードプリペイドはお得な使い方がたくさんあり、お得に生活するために欠かせないい一品となります。dポイントが貯まる店やdカードプリペイドが使える店などお得な情報をまとめています。

 

【目次】

1、dカードプリペイドとは? 

2、dカードプリペイドの詳細説明まとめ!

3、支払いができる!使えるお店一覧!

4、dカードとdカードプリペイドのお得の違いと比較

5、dポイントが貯まるサービス一覧!

6、dカードプリペイドは結局、お得なの?

 

 

1、dカードプリペイドとは?

f:id:tuieoyuc23:20171008141431p:plain

上記の画像の通り、NTTドコモが発行するプリペイドカードです。

【特徴】

・12歳以上なら誰でも発行可能

・審査なしでネットから簡単発行♪

・利用停止も公式サイトからOK

・dポイントが使えて、貯まる

・ローソンでのお買い物が3%割引

・年会費無料、発行手数料無料

 

【発行方法】

・インターネットのみ

現在、店舗での配布は行っていませんので、インターネットの「dカードプリペイド」で検索し、公式サイトから申し込みをして下さい。特に審査もなく、クレジットヒストリーとは関係ありません。

 

・カード発行にはdアカウントが必要

カードの発行は申し込みをすれば、いいのですが「dアカウント」を新規で作る必要があります。dアカウントはdポイントを貯めるのに必要ですから、損はありません。また、dアカウントはdポイントをお得に貯めるためには必需品です。

 

現在では、マクドナルドで割引になったりMastercardとして支払ってもOKと言う事が分かりました。iDの機能も付いており、これ一つで様々な支払い方法ができる様になっています。

 

マクドナルドで試したところ、「iDプリペイド」での支払いが可能でした。店員さんにカードを渡すのではなく、機械にかざすだけでチャージ金額から差し引かれます。iDは一般的に携帯電話と合算支払いと思われますが、そうでもありませんでした。

 

iDとiDプリペイドは全くの別物で、iDプリペイドはチャージしてあるお金を消費するだけです。使ってみれば、すごく分かりやすいカードです。

 

dカードプリペイドを表で説明!

f:id:tuieoyuc23:20171008142921p:plain

店舗でもインターネットでもチャージした分を利用できるため、dポイントを大量に持っている方は要チェックです。よく「稼げるサイト」でdポイント25%アップをしていますが、これを利用するとさらにお得になります♪

 

上手く活用する事でクレジットカードの還元率を遥かに上回る事が可能です。とは言っても、iDとMastercard加盟店しか使えないのは痛いです。

 

意外とMastercard加盟店でないところもあり、聞いてみないと分かりません。レジに表示がなくても使えたお店もあるので、一応聞く事をおすすめします。

 

2、dカードプリペイドの詳細説明まとめ!

カードの特徴としては上記にも記載しましたが、細かい部分で多くの特徴を持っています。

 

1、前払い(チャージ)式

あらかじめチャージして使う形のカードなので、クレジットカードの様に使い過ぎの心配がありません。チャージ金額は30万円分ですが、自分のお財布の紐を考えて「絶対これくらい使っちゃうな」を抑える事ができます。

 

2、セキュリティ万全

万が一の時のために利用停止サービスを始め、各質問を承っています。単純にdポイントが貯まっている証拠、どこで利用したか?いつ使ったか?残りの金額などdカードプリペイドを発行する事でもらえるマイページから確認できます。

 

また、dカードプリペイドを利用するとメールが送られてくる設定も可能です。利用したのが自分である事を確認するための通知です。

 

「使わないな」と思ったら、スマホで利用停止の手続きが可能です。紛失時でも盗難時でも利用停止の手続きが可能です!

 

3、繰り返し使えて、繰り返し同じカードにチャージ可能♪

カードの券面に有効期限はありますが、いつでもチャージして繰り返し使う事ができます。現在は、ポインコデザインになるので、ゴールドは期待しない方がいいです。

 

【有効期限は更新されるから安心♪】

dカードプリペイドは有効期限が記載されていますが、過去にさかのぼり、1年以内にチャージや利用していると自動で有効期限が更新されます。

 

券面に記載されている有効期限になっても、1年以内に利用もしくはチャージしているなら、自動で次回のカードに移行されます・・・・と公式に記載がありました。

 

非常に不安だと思うので、こちらを見て頂ければと思います。

dカードプリペイドは三井住友グループ(銀行のイメージでもいいです)

が経営しています。もちろん、ドコモ運営です。

qa.smbc-card.com

 

チャージ方法はWEBからのチャージ、ローソンでのチャージのほかにドコモの携帯電話なら携帯電話料金と合算でもお支払い頂けます!

 

4、ポイントが貯まる♪

利用金額(200円に1ポイント)でポイントが貯まります。貯まったdポイントをさらに1000円以上なら1円単位でdカードプリペイドにチャージ可能です。

 

5、ローソンでのお買い物が3%OFF

使った金額の3%が翌月の中旬頃に自動チャージされます。dカード(クレジットカード)を持っていなくても、dカードプリペイドがあれば、いつでもずっとローソンで3%割引が可能です。

 

消費税が2017年10月時点で8%なので、5%の時代に戻ったかの様ですね♪

 

6、マクドナルドで最大4、5%OFF!

dカードプリペイドは公式サイトにもある様にマクドナルドでも使える様になりました。3200円以上なら4.5%還元になり、非常にお得です。もちろん、dカードプリペイドを提示しただけで1%OFF!

 

さらにdカードプリペイドの機能であるiDのお支払いで3%OFF!上乗せされる還元率なので、4%までは現実的です♪消費税4%になったみたいです!

 

OFFされますよ!と記載がありますが、その場で引かれる訳ではなく、使った金額のOFF%分が翌月の中旬頃に進呈されます。ここは注意です。

 

7、dポイント加盟店ならカード提示でポイントが貯まる

詳細は下記をクリックでページを開き

キャンペーンの下辺り、「近くのお店を地図で探す」

の上に書いてあります。矢印で右や左に進むので、全部見れそうです♪

dpoint.jp

 

8、電子マネー(iD)でかざして使える!

iDマークのあるお店なら、電子マネーiDとしてタッチで支払いできます。レジのところに「iD」の黄色いマークがあれば、OKです。

 

9、dポイントでチャージできる!

dカードプリペイドを利用で貯めたポイントでも、元々のdポイントでもチャージが可能です。絶対に現金でないとダメって事がないので、非常にお得です。

 

賢く使うとdカードプリペイドだけで普段が過ごせそうです。

 

10、インターネットショッピングができる

ほぼクレジットカードの様な機能が付いているので、インターネットショッピングも可能です。アマゾン、楽天、Yahoo!とMastercard加盟店はたくさんあります。クレジットカードと似ていて、微妙だなと思う方は素直に使わない方がいいかも知れません。

 

11、使う前の疑問点と解消された事、実際の使い方!

使う前には、「iDって携帯電話と合算する支払いじゃなかったっけ?」でした。また、カードに有効期限やら、Mastercardやら、IDやらチャージがどうとか、dポイントが貯まるとかチャージはどうこうとか考えただけで頭が痛くなりました。

 

一つ一つ素早く解消するために実際に使って疑問点を消しました。まず、有効期限はほぼない事です。1年以内に利用したりチャージすれば、有効期限が切れたカードにチャージしてあっても、新規のカードにチャージ金額が受け継がれます。

 

簡単に言うと、1年の有効期限なのですがよく使うのであれば、ほぼ気にする必要はありません。1円でも使えばOKの様です。

 

次にiDの提携がないサンクスでMastercardとして使えるのか?でした。コンビニの店員さんはdカードプリペイドの存在を知らない方が多いです。知名度の問題でしょう。しかし、「クレジット払いでお願いします」と言うと決済可能でした♪

 

しっかりとdカードプリペイドにチャージしてある金額から差し引かれている事を確認し、Mastercard加盟店ならクレジットカードの様に後払いにならず、その場でお金を引かれている事を確認しました。

 

ここまで来れば、dポイントは200円ごとに1ポイント貯まる・・・どこに?かと思いきや、dカードプリペイドはdポイントクラブでdポイントの利用登録が可能とありました!

 

dカードプリペイドはdポイントカードとしての効果もあり、実際に券面にdポイント番号が記載されています。

 

これを公式サイトから利用登録すると、dポイントの利用ができる様になります。と言う事はdカードプリペイドのdポイント番号を登録すれば、ここにdポイントが振り込まれる事になる訳です♪

 

いつ200円に1ポイントのdポイントが振り込まれたり、OFFになった金額をもらえるのか?は公式サイト通り、使った翌月の中旬頃です。

 

次にiDとの違いです。よく見ればカード券面に「iDプリペイド」の文字がありました。公式サイトで調べると、「iD」と「iDプリペイド」は違うものだと理解できました。違うものなのは理解できましたが、使えるか?が重要です。

 

本当にマクドナルドで4%もお得になるのか?そもそも、使えるのか?本当はiDとして携帯払いとか面倒なんじゃないか?と疑ったので、いっそ購入しました。

 

結果は見事にdカードプリペイドのチャージ金額から差し引かれていました!「iD」と「iDプリペイド」は違う種類で、変な請求が来る事もなく、クレジットカードのdカードとほぼ同等の性能を持つ事が証明できた訳です♪

 

個人的な感想になりますが、考えてみるとクレジットカードよりすごい事が分かります。dカード専用のお得であるローソンでのお買い物、マクドナルドのお買い物、さらにdポイントをdカードプリペイドにチャージして加盟店で使えるのです。

 

クレジットカードの還元率1.0%やライフカードのお誕生日月3倍にかなり追い付いたプリペイドカードです。

 

クレジットカードではないので、審査もありませんしクレジットヒストリーは関係ありません。プリペイドカードの大きな前進が来たとちょっと感じました。

 

使わない方には全く関係ありませんが、dポイントをチャージできるのは素晴らしいと個人的に思います。

 

3、支払いができる!使えるお店一覧!

【dカードプリペイドで支払いができるお店!】

1、マクドナルド・・・・最大4.5%OFF

2、ローソン・・・・・・3%OFF

3、ローソン100・・・同上

4、高島屋・・・・・・・2.5%OFF

5、全国のiD加盟店

6、全国のMastercard加盟店

7、セブンイレブン

8、サークルKサンクス

9.ファミリーマート

10、ミニストップ

11、Yahoo!ショッピング

12、楽天市場

13、amazon

14、ネットショッピングならほぼどこでも

 

などクレジットカードが使えるお店ならほぼどこでも使えます。Mastercard加盟店と言っても、JCBでもVISAでもあまり変わりません。スシローはJCBが使えないので注意です。その内解消されると思います。

 

4、dカードとdカードプリペイドのお得の違いと比較

クレジットカードのdカードとdカードプリペイドはここまでの説明だとどちらも変わらず、お得に違いなどないのではないか?となります。しかし、2つを真剣に比較して考えていくと、dカードの方がお得になるのは確かです。

 

ほぼ必ず、dカード込みで計算される

dカードプリペイドは確かにお得です。しかし、さらにdカード込みで考える計算式となっている事が多く、クレジット払いの1%分が少しずつ大きな金額に変化します。

 

dカードプリペイドとdカードの差を比較

1、ローソンでは最大3%→5%となる

2、dカードはMastercardに限定されない

3、dカードは国際ブランドにVISAが選べる

4、100円に付き、1ポイントが大きい

5、dカードプリペイドの還元率はdカードの大体半分

6、dカード限定のキャンペーンに申し込める

7、dカードはマクドナルドでも最大5%OFF

8、dカードプリペイドの還元率は0.5%

→dカードは還元率1%が基本

 

まず、この4つですが、4番が特に重要です。200円に付き1Pではなく、100円に付き1ポイントはイコールで還元率1%を意味します。最近では、上手く使うと2%還元になって来ており、場合によっては3%還元も普通です。

 

消費税が上がると同時に還元率も変化しているので、偶然ではないでしょう。企業が狙って還元率競争をしていると思われます。

 

dカードは一応、年会費があり、dカードプリペイドに比べて劣りますが一年に一回使う事で無料になります。電子マネーではないので、「チャージ金額を把握しなくて済む」メリットがあります。

 

やはり、ローソンやマクドナルドで一番お得になるのなら、クレジットカードのdカードなのです。

 

もちろん、dカードGOLDを上手く使えば、キャリアがdocomoなら比較にならない程、dカードGOLDの方がお得になります。

 

dカードGOLDの隠された抜け道

dカードGOLDを持つ最大の利点がdカードプリペイドに隠されています。キャリアはdocomoである事が条件でdカードGOLDの年会費分をきちんともらえる事が条件です。

 

もらえるポイントはdポイントです。dカードプリペイドはdポイントでチャージ可能です。「dポイント」ではなく、Mastercard加盟店とiD加盟店であれば還元されたdポイントをdカードプリペイドにチャージしてそこら中で使う事が可能です。

 

dカードGOLDの国際ブランドをVISAにする事で2つの国際ブランドを同時に持つ事も可能です。普通はあり得ませんが、dカードに限りこうした手段が使えます。

 

dカードプリペイドはMastercard限定なので、dカードの方はVISAにしよう、でもいいのです。しかし、無理にVISAにする必要はありません。

 

こうした流れからdカードプリペイドだけでは、到底追い付く事のできないお得情報が隠されています。

 

結局はdカードプリペイドは「電子マネー」の域を出ず、最高にお得になるのなら、クレジットカードが必要です。一歩手前で止まるか、さらなる高みを目指すか?これは発行する方の判断にお任せ致します。

 

dカードとの比較と言うより、dカードプリペイドの限界と弱点を記載した様に感じますが、クレジットカードの方が基本的に上の世の中です。仕方がないと思うか、絶対発行しよう!と思うかどちらかです。

 

5、dポイントが貯まるサービス一覧!

1、稼げるサイトで交換する

2、クレジットカードのポイント交換

3、dポイントクラブ(アプリ、アンケート)

4、歩いてお得

5、dカードの還元

6、ぐるなび予約

7、dマーケット

8、dポイントカードで貯める

9、pontaポイントを交換する

10、dケータイ払いプラス

 

主な交換方法や稼ぐ方法は10個程度でした。細かい部分を見れば、こうした方がいいと言うのはまだまだあります。ライフカードのポイント交換にもdポイントはありますし、キャンペーンで増量キャンペーンと言うのもあります。

 

docomoが運営するサイトやdポイントを主体にしているサイト、pontaポイントが貯まるサービスを利用して、dポイントに変換する事でdポイントを大量に稼ぐ事も可能です。しかし、普段使いにするならdカードやdポイントカードが妥当な線です。

 

「どうしよう?」と悩まずにdポイントが貯まるサービスで自分が使えそうもしくは、普段の生活に馴染めそうだな・・・ってサービスを取り入れるとストレスなく、dポイントを本当の意味でお得に貯める事が可能です♪

 

6、dカードプリペイドは結局、お得なの?

「使う人や状況による」のが一番の答えです。実はdポイント25%増量キャンペーンを利用し、dポイントに交換してdカードプリペイドにチャージすればものすごくお得になります。

 

しかし、期間限定のポイントと言う事もあり、状況によって大きく変わるのがdカードプリペイドのお得です。

 

把握するのが無理そうであれば、私のおすすめの方法でdポイントを稼ぐのがいいかと思われます。

 

【おすすめの方法】

・dポイントクラブのアンケートとキャンペーンに参加

・普段からdポイントカードを持ち歩く

・有効期限を気にしない様に1Pでもあったら使ってしまう

・dポイントを貯めよう、貯めようと思わず、無理なく貯める

・無理にdポイント加盟店でお買い物しない

 

無理にポイントを貯めよう、使おうとすると返って損です。いつもスーパーを使っているなら、そこから変わらなくて構いません。そのスーパーで一番お得になる方法を探しましょう。

 

dポイントが超お気に入りでどうしても貯めたい方は下記の方法でやってみましょう。

・dカード(クレジット)は欠かせない

・とことん歩く仕事なら「歩いてお得」が基本

・dポイントクラブアンケートに答える

・キャンペーンは絶対参加

・増量キャンペーンを見逃さない

・dポイント加盟店を徹底的に調べる

・「ここは使うな」のお店はdポイントを扱っているか調べる

・dポイントに変換できるポンタサービスを使う

・家族カード(クレジット)で貯める

・電気、ガス、水道を全てdカード(クレジット)にする

・ネットショッピングはポイントUPモールを使う

・ETCカードを使う

・dポイント特約店を調べておく

・dショッピングを見てみる

・稼げるサイトでdポイントに交換

・WEB登録限定~ポイントもらえるを全てこなす

・dマーケットくじで1Pずつ貯める

・有効期限を気にする

・ローソンを普段から使う

マクドナルドもdポイントで

 

実はポンタポイントで適用されていたローソンでのお試し引換券がdポイントでも利用できます。

 

dポイントを節約しつつ、ローソンで約3分の一・・・程度の値段で商品が購入できます。現在、商品を購入する上でお試し引換券以上に節約できる方法はないかも知れません。

 

ポイント還元、クレジット還元、経由で3倍・4倍貯める、ライフカードのお誕生日月の3倍(過去には5倍)を考えても、結局、消費金額が少ない方が勝つのです。

 

確かにクレジット還元、経由で3倍などはお得です。しかし、ジェフグルメカードを金券ショップで購入し、500円の商品が485円で購入できた時、クレジット還元を考えても、せいぜい2%です。(5%でもいいです)

 

500円の2%は10円です。10円節約するなら、元から485円=15円の節約の方が良かった訳です。

 

いや、クレジット還元なら他の商品にできるから・・・と思ってもジェフグルメカードが使えるお店では「ポイントよりも現金が消費しない方がいい」と考えるのも一つの道です。

 

ポイントが貯まり過ぎたら、現金を消費しない様にしてポイントを使う・・・その後にまた繰り返すのやり方をするとdポイントの無駄やポイントカードの無駄はほぼありません。

 

もちろん、各ポイントカードには有効期限がある事もあります。それを利用しつつ、1Pでも無駄にしなければ、「何やってるんだろう?」で終わりです。

 

長く説明しましたが、dポイントはお試し引換券を使う事で保有ポイント以上の効果を出す事が可能です。100Pであれば、約3倍のお金を保有している気分でしょう。

 

お試し引換券では商品が限られていますが、お試し引換券でないと買わなかっただろうなと言う事もありました。新しい商品を試すシステムのはずがすごい事になりました。

 

インターネットでもこの説明はよくされていますが、dカードプリペイドと併せて説明する場所はほとんどありません。お得になってもらいたかったので、dカード、dポイント、dカードプリペイドを一気に比較しました。

 

次回からauウォレットや、ソフトバンクカードはお得になるのか?を記載していこうと思っています。

 

では、また次回!!