読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金がない時に心が安心する場所【クレジットカード、キャッシング、稼ぐ】

お金がない・・・どうしよう。から脱出したいなら役立つはずです。お金に関する安心を求めるならここしかない!行動を起こすなら今しかチャンスはない!

キャッシュカードのスキミング防止7つの習慣と事故事例!

キャッシュカードの悩み記事
キャッシュカードのスキミング防止7つの習慣と事故事例!

f:id:tuieoyuc23:20170305182206j:plain

キャッシュカードのスキミングを防止するために

どんな方法があるのか?習慣付けられればいいですよね!

 

今回はスキミング防止7つの習慣・方法と事故事例を

詳しく説明しています。

 

 

そもそも、スキミングとは何か?

スキミングとはクレジットカードの情報を読み取り

個人情報を把握した上で勝手に使われるシステムです。

 

本当のところは「スキマー」なる機械で情報は抜き取るだけ

なのですが、それだけで終わる人はいません。

 

スキミングされると、あなたのカード情報が

抜き取った本人に知られる事になります。

 

結果的に自分の個人情報が相手も漏れるので

カードを勝手に使われたり、キャッシュカード

から現金を引き抜かれたりと最悪です。

 

主に海外で使われる方法で、日本では珍しいやり方です。

知らない人はこの記事を見ると恐怖になるかも?

でも、防止法や事例は知っておいた方が得な事は確かです。

 

1、接触型と非接触型などスキミングには種類がある

【接触型カードの場合】

接触型は先に説明したスキマーにカードを通す事で

個人情報を抜き取ります。

 

「そんな事ができるはずが」

と思ったでしょうか。では。

 

「ちょっと機械の調子が悪いんで、カード持っていっていいですか?」

 

これで手口は完了です。この時に接触型カードの情報を抜き取られています。

クレジットカードやキャッシュカード、ETCカードがこれにあたります。

 

【非接触型の場合】

こちらは電子マネー系のタッチ型です。

普段、余裕で使っている電子マネーですが

これが問題です。

 

直接、接触させる事がなくても情報を抜き取れるから非接触です。

手口は電子マネーを使った時に発生する電磁波をキャッチする

もので、電車内だとほぼ回避不可能。

 

【お店の場合】

「ピロッ♪」と電子マネーの音が鳴った瞬間に微量の電磁波が

周囲に散漫します。その瞬間に専用の抜き取り装置で

個人情報が向こうに知れ渡る訳です。

 

【電車内の場合】

使わなくてもカードの磁気を利用して情報を抜き取られます。

よく、電子マネーカードが「磁気不良で壊れた」とか

検索する人がいますが、この「磁気」を読み取る訳です。

 

専門家や磁気カードリーダーに携わっていた人が

物理的に説明していますが、簡単に言うと相当に

近付いて、ほぼ直接読み取る様に近付かないとダメだそうです。

 

物理的にほぼ不可能と言っていますが、

その物理法則を破るのが満員電車です。

 

満員電車の場合、「近くにいて当然」

のイメージがあります。手を挙げていても

知らない人がみれば、ただの機械です。

 

電磁波をキャッチできるスキマーを使用するのが

非接触型の主な方法です。

 

機械の性能は科学の進化の証拠ですから、かなり上がっています。

日本ではいいですが、海外でクレジットカードのお店

が多いのは情報抜き取り防止もあるのでしょう。