お金がない時に心が安心する場所【クレジットカード、キャッシング、稼ぐ】

お金がない・・・どうしよう。から脱出したいなら役立つはずです。お金に関する安心を求めるならここしかない!行動を起こすなら今しかチャンスはない!

楽天カードが批判される7つの理由とデメリット!批判集中の原因は?

楽天カードが批判される7つの理由とデメリット!批判集中の原因は?

f:id:tuieoyuc23:20170313205924j:plain

楽天カードが批判される理由は何でなのしょうか?

7つの理由と共にデメリットを含めた楽天カード

が批判される理由を多くの視点から検証してみます。

 

ネットの見解と個人的に

使っていて不便なのか?どうなのか?これも同時にまとめています。

もちろん、有名なまとめサイトでどう言われているのかもあります。

 

【目次】

1、強制解約が原因

2、広告メールが多い

3、サポートセンターも対応が酷い(ネットの口コミより)

4、突然、エラーコードが出て、楽天e-naviにログインできない

5、リボ払いの勧誘や詐欺まがいが最大の悪評

6、単に楽天嫌いの人が批判している

7、券面デザインがダサいと言われる

 

【目次2】~デメリットや欠点~

1、入会ポイントが期間限定

2、楽天銀行のカードと一体型

 

 

1、強制解約が原因

楽天カードに批判が集中する理由はネットの意見が多いです。

その一つに強制解約の噂があります。

 

せっかく作ったカードがある時

突然無くなってしまう不安があり

申し込むのをためらう人もいるそうです。

 

しかし、本当のところはどうなのでしょうか?

 

楽天カードをあまり使わなくても大丈夫なのが私の個人の意見です。

何故か月一回は使っていますし、キャンペーンも利用しています。

今のところ、楽天カードから解約について迫られた事はありません。

 

では、ネットの人はどの様に感じているのか気になります。

ネットの人の意見では解約理由に支払いの遅延と他社利用と述べています。

 

他の会社のクレジットカードを使い過ぎると

情報が楽天に伝わり、強制解約の原因となる様です。

 

これは、私もインターネット上で聞いた事があります。

楽天は不定期にカード利用情報を調べています。

その時にタブーに引っ掛かったのか突然解約になった人もいます。

 

【原因と防ぐ方法は?】

口コミに強制解約されると一つあれば、一人だけではないはずです。

多数強制解約されたとの声があるのなら、世の中にはもっと大勢の人が

強制解約になっているでしょう。

 

インターネットに書き込みをする事自体

珍しいとあなたが感じるなら余計に強制

解約者が多いと考える事ができるはずです。

 

他の意見やブログを見ましたが、金融事故

とキャッシングが原因の様です。

楽天カードの規約にも不定期に再審査がある事を確認しました。

 

再審査の時に楽天カードの枠が満額であったり

増枠を申し込んだりすると強制解約になる様です。

 

金融事故と言うより、「お金を借りる」「料金を滞納する」

にもの凄く敏感であるととれます。

 

金融事故や滞納、キャッシングを利用する人は

楽天カードを使う時は注意しましょう。

厄介なのが、楽天カードを塚わなければいいだけではない事です。

 

他のカードの利用状況(キャッシングやローン)

も影響しているので楽天カードじゃなきゃいいんでしょ?の考えはダメです。

 

2、広告メールが多い

楽天カードを発行すると、登録メールアドレス

宛に広告メールが非常に多くなります。

 

楽天カード株式会社は元から、広告メール

が多いと噂ですが、結構多い印象です。

 

自分の大事なメールが隠れてしまう程、

来る訳ではありませんが、毎日メールが来る可能性は十分です。

 

ネットの意見でも広告メールが毎日届き、

ウンザリしている人も多いそうです。

 

キャンペーンの告知など、助かる事も

ありますが、基本的にリボ払いの手続き

方法やリボ払いにしてみませんか?などの勧誘みたいなものが多いです。 

 

しかし、この批判点は配信停止サービスを利用する事で平気になります。

 

楽天e-naviへログイン

メールマガジン配信の登録・停止を選択

・たくさんのメールマガジンの欄が出て来るので、いらない項目のチェックを外す。

 

とこれだけで済みます。しかし、毎月の楽天ポイントのお知らせや

楽天カード決済のお知らせなどは解除できないはずです。

 

・支払い金額のメール

口座振替日のメール

・キャンペーン告知

・ポイント獲得のメール

・リボ払い関連のメール

 

これらは配信を停止する事ができません。

ネットの口コミだと月に3~4通ほど。

私はもう少し多いです。

 

楽天のキャンペーンに多く参加していれば

それだけ広告メールも多くなる印象です。

 

私の場合では気になりませんが、

スマホのメールが来た!」

と思ったら楽天だったなんて事もあり得ます。

 

【広告メールの配信が目に入るのも嫌と言う方へ】

メーラー設定と言うやり方でスマホ

メールアドレスに振り分けないやり方ができます。

 

簡単なのが、楽天に登録している

アドレスを「ヤフーメール」や「Gメール」に

変える事。簡単に広告メールの存在があるのにないものになります。

 

メーラー設定のOutlookの設定など工夫次第でどうにでもできる様です。

 

又、Gメールやヤフーメールで振り分け

設定をしておけば、広告メール自体を

別の場所に振り分けられるので、これも一つの方法です。

 

3、サポートセンターの対応が酷い(ネットの口コミより)

私は特にそう感じた事はありませんが、ネットでは評判が悪いです。

言葉遣いはともかく、なかなかオペレーターに繋がらないのは

どの会社も一緒の感じがします。

 

逆に、それだけ多くの方が使っていると言う理由になるので

メリットになるとも言えます。

 

言葉遣いと上記に記載しましたが、ネットの口コミでは

「オペレーターの言葉が腹が立つ」そうです。

「一般常識が通じない」の意見が多く、有名な知恵袋でズタズタに言われています。

 

「当社が言いました?」

「諦めて下さい」

「担当者の名前を言って下さい」

 

と電話口で言うそうです。これをどうとるか?

はその人次第です。高額ポイントを貰っている以上

あまり、文句も言えないものなのでしょうか。

 

サポートセンター自体は悪いのか、

それとも楽天会社の教え方が悪いのかは分かりませし、とらえかた次第だと思います。

 

4、突然、エラーコード2が出て、e--naviにログインできない

ある日突然、楽天e-naviにログインできなくなる話しは有名だそうです。

何の前触れもなくなので、驚く人が多い声が強いです。

 

楽天e-naviにログインしようとすると

「エラーコード2」と出て、

入れなくなります。

 

正しいメールアドレスとパスワードを入力してもダメです。

 

「まだ返済があるから大丈夫!」

と言う安心を見事に打ち破るのが

楽天カードです。

 

例え、支払いが残っていたとしても

強制解約させられるとコレクトセンター

へ問い合わせするしかありません。

 

これを放置すると「料金の延滞・滞納」

にみなされ、厄介です。

 

ようするに強制解約の一種ですが

楽天e-naviのキャンペーンにすら

参加できなくなります。

 

この現象が起きている人が非常に

多いため、悪評の一つとして

ネットに流れています。

 

私の場合はキャンペーンの利用と

同時に月一回~使っているので 

特に問題はありません。

 

やはり、最初のポイントだけ貰う人が

多いので、普段から使っている人

にはあまり関係ないのでしょうか。

 

5、リボ払いの勧誘や詐欺まがいが最大の悪評

「リボ払いにすると~Pもらえます!」

これに引っ掛かり、気付かない内に

借金を抱える人がいます。

 

リボ払い=リボルビング支払い(楽天では自動リボと言います。)

「一括払いでお願いします!」と自分では言っても

クレジットカードの領収書を見てみましょう。

 

ここで、「一括払い」と記載されていればOK。

「自動リボ」と記載されていたらNG。

 

自動リボは簡単に言うと借金の一つです。

分割払いよりも更に酷い金利で支払いを

続けないといけません。

 

結果的に手数料がもの凄い事になり

商品の値段分を支払い終えて、安心

していると手数料分で莫大な借金になっている、と言う訳です。

 

【何でそんな事になるの?】

楽天カードに限らず、クレジットカードを発行する時

よくわからない言葉が沢山ありませんでしたか?

この時にスッとリボ払いにすると~Pプレゼント!

 

とか記載があります。これがクレジットカードの落とし穴です。

 

カード発行の時にリボ払いにチェックを入れてしまうと

自分では「後で請求が来るものなんだ」

「あ~これこれ、こう言う支払い方がやりたかったんだよね!」

 

とすっかりクレジットカードの怖さを忘れます。

リボ払いに最初に設定したと言う事も忘れているでしょう。

 

上記に記載した様にリボ払いはただお金を立て替えた訳ではありません。

手数料と悪く言えば、借金を背負う事になっています。

しかも、自動で手数料を支払ってくれません。

 

最初の発行と同時にリボ払い設定をして放置していると

気付かない内にどんどん支払っていない手数料が

溜まっていく・・・これがカラクリです。

 

ネットでも言われている100万円の借金の正体です。

実は誰にでも起こる事だった訳です。

 

楽天カードに限らず、どのクレジットカードでもリボ払い設定の欄があります。

 

多少言い方は違うので、カード発行する

時はその会社のリボ払いの言い方を

調べてから発行しましょう。

 

難しく考えず、「聞いた事ない言葉だな」

とか「聞いた事あるけど、中身を知らない」

と言う場合に調べましょう。

 

はっきり言って1000円程度のPなんて

リボ払いにするくらいならいりません。

 

私なら例え、1万円でもリボ設定しません。

それくらいにデメリットがあります。

 

6、単に楽天嫌いの人が批判している

批判される理由の一つが楽天嫌いの人が理由になります。

 

過去に電話応対で気に入らない事

があったり、オペレーターの言葉がダメだったり。

 

すると、インターネットに楽天カードの批判が集中

すると言う仕組みです。

 

考えてみれば、高額ポイントを最初にもらえて

年会費無料なのですから、言われる筋合いは

楽天側にはありません。

 

しかし、人間、そう簡単にはいきません。

結果的に何かあると高額ポイントなんて

忘れて、批判する訳です。

 

楽天カード保有数は1000万人をゆうに超えています。

これだけの人数がいて、テレビでCMもされれば、認知度

も高くなり、批判する人も出て来るでしょう。

 

ちなみに批判している人もきちんと高額ポイントを

貰っていますし、そこは特に触れられていません。

 

楽天カードの良いところは別に褒めず

悪いところだけネットでばらまくのです。

 

これなら、会員数が多く、テレビでもCMされる

楽天カードが批判集中するのもうなずけます。

 

ネットの口コミに同伴して適当に批判している

意見も多くありそうで、本当に持っているのか

すら、怪しいところです。

 

7、券面デザインがダサいと言われる

口コミで強制解約と同時に見掛けるのがこれです。

「券面デザイン、ダサくない?」

 

店頭で使って欲しくないクレジットカード

にランクインしている(?)そうで

デート中に使って欲しいカードではないみたいです。

 

後はステータス感が半端なくないのも原因と言われます。

「ポイント目当てが浮き出ている」との声もあります。

 

ポイントまで来ると、もはや券面デザインは関係ない

のでは?と言う人もいながら、やはり、

デザインのせいにされる様です。

 

カードのデザインは気にしない様で

気にする人が多く、人前でパッと

出すのは勇気がいるのでしょうか。

 

しかし、カードの機能自体は批判されていません。

ポイント的にはいいですし、キャンペーンもなかなか。

 

デザインが悪いかどうか判断するのも個人の問題なので

ネットで言われている意見を鵜呑みにするかどうかは

お任せします。

 

口コミの中にはカード自体ではなく、楽天のロゴが嫌と言う人もいます。

 

では、少しだけ女性がかっこいい!と思うカードを記載。

 

・ANAアメリカンエキスプレスカード(アメリカンエキスプレス)

・ANA VISAカード(VISA)

・ルミネカード(VISA)

・dカード(シルバー+VISA)

ライフカード(ブラック+VISA)

 

これを検索で調べてみて、楽天カードをもう一回見て見ましょう。

理解できたならいいです。理解できないなら・・・やばいかも?

 

1、入会ポイントが期間限定

「貯まる、使える、楽天ポイント♪」

の入会キャンペーンポイントですが

期間限定なのが最大のミソです。

 

気付かない内と言うより、付与のタイミング

を逃す人がいます。

 

ポイントのもらい方は私のブログの人気記事TOP10

に入っているので、そちらを参考にして下さい。

 

とにかく、期間限定ポイントなのがデメリットです。

もらえない事はありませんが、期間が短いのです。

 

2週間程度しかないポイントもあり

すぐに使わないと失効します。

 

失効したポイントについてはいかなる理由であっても

再付与はしない、のが規約です。

 

カードを最初に使ってから一ヶ月後などに

こっそりと付与されており

いつの間にか失効する人が後を絶ちません。

 

他のカードでも同様にやってしまった方が

いますが、楽天の場合も同じです。

 

カードを初めて使ってから一ヶ月後などに

付与されているので、できれば

楽天ポイントクラブアプリ」でマメにチェックしたいところです。

 

一応、いつ付与されるのかはメールや公式サイトに記載があります。

しかし、それでも仕事が詰まったりすると、忘れるみたいです。

 

2、楽天銀行のカードと一体型

楽天カード」と楽天銀行のカードは同時に持つ事ができません。

 

楽天銀行カードに変えようと

思った時に「楽天カード」を使えなくする形になります。

 

最初に楽天カードを作り、楽天銀行

欲しいなと思った人は「楽天カード」を

解約し、楽天銀行カードと一体型に変えないといけない訳です。

 

楽天カード」の中にあるEdy

電子マネーなので、そのまま使えますし

楽天ポイントもWEBで管理しているので大丈夫です。

 

楽天カードから楽天銀行カードへの切り替えは

 

1、楽天e-naviにログイン

2、各種申し込みの楽天銀行への切り替えを選択

3、カード番号や有効期限を入力

 

この手続きはパソコンのみとなっており、注意が必要です。

スマートフォン楽天カードを手続きした人は

ちょっと戸惑う事になるでしょう。

 

又、元々楽天銀行カードに申し込むとキャンペーンポイントは付与されません。

これには本当に注意が必要です。

 

3、複数のカードが持てない

JCB、Mastercard、VISAの3種類から選択できる楽天カード

家族カードとしてなら複数枚持つ事は可能です。

 

しかし、個人で全てのブランドのカードが持てないのが難点。

海外旅行の時にカードを使い分けたいと考える人

は大きなデメリットとなるでしょう。

 

最初に決めたブランドから変更するには

解約→新しいカードの発行しか方法がありません。

 

nanacoチャージによるポイント稼ぎ

をするためには、JCBブランド

しかダメなので、後悔する人も多いそうです。

 

私はnanacoを使うつもりがなくても

JCBブランドを選んでいます。

理由は、知っていたからです。

 

このデメリットはブランドにこだわる人

や海外旅行の時にカードを使い分けたい

楽天カード一本で行きたいと思う人にとってのデメリットです。

 

特にクレジットカード的に問題がある訳

ではないので、デメリットと呼べないかも知れません。

 

4、ETCカードが有料

楽天カードにもETCカードがあります。

しかし、年会費が540円と有料なのです。

 

わざわざ、無理して楽天

ETCカードを作らなくても

いいのですが、有料なのは今も同じです。

 

別のクレジットカード会社なら

無料でETCカードが作れるので

そちらで作れば問題ありません。

 

楽天カードでクレジットカードも

ETCカードも決めたいと言う方

に痛いデメリットとなります。

 

では、どんな人に有効か?と言うと

月に車で高速道路を10往復すると

600円の通行料なら一回で6P付きます。

 

それを20日間続けて、12ヶ月経過すると

1440円となります。

 

ここまで、高速道路を使う人なら

お得かも知れません。

 

大体のカードは1000円で1Pですが

楽天カードは100円で1P。

しかも、1P=1円で1Pから使えるポイント制度です。

 

一ヶ月毎に収支計算したい場合は

毎月の節約にもなるので

結構、評判がいい部分でもあります。

 

5、他のカードを優先してしまう

楽天カード以外のカードを持つとかなりデメリットが生じます。

楽天のキャンペーンに応募しつつ、ポイントを稼ぎつつ・・・。

 

これを考えると他のクレカの方が良くなります。

そうすると、楽天カードを使う場面がなくなる訳です。

 

結果的にポイント目当ての顧客と思われて

強制解約の道が開けてしまうのです。

 

楽天カードのポイント制度より

携帯電話の料金をこれにすると

かなりお得だよ!」

 

と言った記事をネット上でも良く見掛けます。

私もそれを信用して別のカードを作りましたが

やはり、楽天カードを使う場面が少なくなりました。

 

楽天カードだから楽天市場が超お得になる!って訳でもないためです。

 

6、海外でキャッシングを利用するとリボ払いになる

海外でお金を借りない人には関係ありませんが

海外でキャッシングを利用すると、全てが自動リボ払いになります。

 

楽天カードで現地通貨を引き出せるのは

いいのですが、デメリットがあるのです。

 

楽天カードの公式サイトの注意点より】

 

・海外でキャッシングを使う際には暗証番号が必要

・キャッシングのご利用枠内のみ利用可能

・お支払い方法はリボ払いになる

 

この他、請求月が遅れる場合があるとの記載もあります。

これを回避するためには一回のリボ払い金額を

最大まで引き上げてから、出発する方法があります。

 

しかし、楽天カードを使うくらいなら

別の銀行やカードを使った方がお得

ですし、やはり、楽天カードしか持っていないデメリットになるのです。

 

 

また追加します。

 

では、また次回!!