読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金がない時に心が安心する場所【クレジットカード、キャッシング、稼ぐ】

お金がない・・・どうしよう。から脱出したいなら役立つはずです。お金に関する安心を求めるならここしかない!行動を起こすなら今しかチャンスはない!

キャッシングを支払い方法にしない事!返済遅れが厳禁な理由3選!

キャッシングを支払い方法にしない事!返済遅れが厳禁な理由3選!

f:id:tuieoyuc23:20160910022521j:plain

キャッシングで支払えない理由の1つに生活費があります。

現代のキャッシングは本当の意味でお金に困っている人が多く、現実的です。

 

生活費がキャッシングを利用する

人の第一位に君臨するくらいですから相当なダメージがあるのでしょう。

 

だからと言って生活費をキャッシングで工面してはいけません。

生活費は借りて何とかするものではなく・・・とは言えませんが・・駄目です。

 

「自分の生活にキャッシングは欠かせない」

と言うのなら、いつキャッシングから抜け出せるのか?

 

これが重要なのです。

 

【目次】

1、キャッシングを生活の一部にするとどうなる?

2、返済が遅れると更に生活に影響がある?

3、返済できなかったらどうするつもりなのか?

 

 

1、キャッシングを生活の一部にするとどうなる?

キャッシングを使った生活が当たり前になると、どうなるのでしょうか?

仕方ないとは言え、現実は仕方ないでは終わりません。

 

お金は返済するものですし、一文なしでは生きられません。

子供がいるなら養育費や医療費など。

 

自分の趣味も大事にしたいでしょうし、結婚しているなら家庭の問題です。

キャッシングを生活の一部にすると先が見えなくなってしまいます。

 

使って大丈夫な人は返済できる時期をきちんと見据えています。

要するに目処が立っているのです。漠然とでも関係ありません。

 

何か不都合が起きるかも知れませんが、生活の一部でも頼ってはいません。

最終的にキャッシングがない生活でも大丈夫な様に考えているのが大丈夫な人です。

 

 一生、稼げる身体のはずがありません。

生活の一部に組み込むなら未来にどうするか?これが大事です。

 

2、返済が遅れると生活に更に影響がある?

返済が遅れると生活に影響がない訳がありません。

「利息」が掛かるため、余計な出費が増えるのです。

 

収入は同じ。けど出て行くお金が増えるのでは生活に影響があるのは当然です。

ウダツの上がらない世の中ですから、少しくらい節約もしたいところです。

 

単純に生活に支障があるならまだしも、お金を使わな過ぎて、反動があったら最悪。

返済が遅れるにつれてそれが当たり前になるのもキャッシングの怖さ。

 

キャッシングを生活の糧にして生活費

の支払いの一種にすると、とてもやっていけません。

 

それこそ、年収が1000万あっても利息で爆発すれば変わらないのです。

年収が高い程使う額も大きく、結構借金する人も多いのが現状です。