読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金がない時に心が安心する場所【クレジットカード、キャッシング、稼ぐ】

お金がない・・・どうしよう。から脱出したいなら役立つはずです。お金に関する安心を求めるならここしかない!行動を起こすなら今しかチャンスはない!

キャッシングをやめたい・・・借金生活から脱出する3つの方法!

キャッシングをやめたい・・・借金生活から脱出する3つの方法

f:id:tuieoyuc23:20160422201447j:plain

キャッシングは贅沢です。自分のお金ではありません。

キャッシングをやめたい人、借金生活から脱出する方法は本当は1つしかありません。

 

ただ止めるなら人に言ってもらう手段

もありますが、お金は好きで使いたいですよね?

 

その生活を本当に手に入れるのが、一番の解決方法です。

 

【目次】

・キャッシングをやめられない一番の原因はお金がない事

・借りてしまう欲を抑える方法

・借金が「クセ」だと知ってた?

 

 

1、キャッシングをやめられない一番の原因はお金がない事

生活費、ギャンブル、買い物、付き合いなど。

お金がない事が原因です。

 

当たり前の事ですが、当たり前ではありません。

キャッシングはやはりお金がないから手を出します。

 

では、お金があれば手を出さずに済みます。

と言っても仕事場を変えるだけではそう簡単にはいきません。

 

景気もあまり良くないですし、何より現実的ではありません。

副業が一番の道です。

 

キャッシングでお金を借りて

買っていた物が稼いだお金で買える様になるまでビジネスを行うのです。

簡単ではありませんが、実は月に1万、2万なら簡単になっているのが世の中です。

 

2、借りてしまう欲を抑える方法

キャッシングは使っている内にどんどん、どんどん使ってしまう魔法があります。

最初は不安だったキャッシングサービスが何もないのです。

 

本当に嘘の様にパッと借りる事ができて、パッと返済したらおしまいです。

これが、キャッシングの魔力でしょう。

 

気付けば不安なんて一切なく

借金しているどころか自分のお金と感じる様になります。

 

これをいつ感じ取り、そもそも止められるか?が問題です。

 

キャッシングをしている事を周囲に伝えたくないのが普通です。

しかし、逆に利用しましょう。

 

誰かに怒られれば使わなくなります。通帳もカードも預けるのです。

プロに相談してもダメな人はダメです。いっその事、家族に相談です。

 

もう、会社の友人でも何でもいいです。しかし、信用できない人はいけません。

とにかく、ショッピング依存などでお金が減るのをストップさせましょう。

 

生活費なんてみんな苦労します。どの様に同じ会社にいながら節約しているのか?

これも重要な事です。

 

言うのは嫌から知れませんが、人生の失敗だと思って間違いを正すチャンスです。

人に知られてしまえば、もう怖いものはありません。

 

真剣に話すと結構理解してくれる人もいるかも知れません。

それと、同じ境遇の人の集まりを探す事。自分一人ではとても無理なのがお金です。

 

3、借金が「クセ」だと知ってた?

借金生活が「クセ」になっている、もしくはなると知っているでしょうか?

もうすでになっている人もいるかも知れません。

 

借りるのが普通、ないと生活にならない、そもそもお金の管理もキャッシング頼り。

キャッシングを含めて生活が成り立っているなど様々です。

 

キャッシングの魔力に魅了され、ないと生活できない程に「クセ」になります。

「借金依存症」と言う病気があるのが大事。

 

アルコール依存症と一緒でリバウンドも起こりやすく、イライラしてきます。

「ないと生活できない」の理由はここから来る事もあります。

 

借金依存症で検索すると出ますが、当てはまる人は以下の通り。

1、倹約家でない(節約する事ができない)

2、家計を把握できない(していない、する気がない)

3、借りたものを返す習慣が昔からない

4、借金=貯金だと考える人がいる

5、「これはないな~」と楽観視している

6、ネットの意見で安心している(もっとひどい人を見る)

7、自分は大丈夫!と思うタイプ

8、ギリギリの生活が当たり前、もしくは普通

9、実は借金依存症は病気なので、治療できます!

 

いかがでしょうか?きちんと借金している事が理解できれば解決の方法はあります。

自分の状況に当てはまるなら

ちょっとだけでもこの記事を読んで真剣になってもらえると嬉しいです。

 

キャッシングをやめられないとつらいと思います。

しかし、病気に発展する前に対処できれば大丈夫です。

 

もしも、病気かな?そこまでじゃないかな?と感じたならすぐに病院です。

面倒だと思いますが、やはり医者でないと治せない事もあるものです。

 

では、また次回!!