読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金がない時に心が安心する場所【クレジットカード、キャッシング、稼ぐ】

お金がない・・・どうしよう。から脱出したいなら役立つはずです。お金に関する安心を求めるならここしかない!行動を起こすなら今しかチャンスはない!

金利無視は絶対駄目!読んで得するキャッシングの知識3選!

金利無視は絶対駄目!読んで得するキャッシングの知識3選!

f:id:tuieoyuc23:20170109222757j:plain

キャッシングでお金の借り入れをする時に気になる金利や利息。

考えてた人も考えていない人も重要なんだと意識して下さい。

 

お金を借りる事はイコールでお金の管理力も問われます。

自分がお金管理に弱いと思うなら、金利は気にしていないはずです。

 

きちんと返済する事を考えている人は金利までちゃんと見ています。

だからこそ、今から自分が借りる場所の金利は何%なのか?

この検索がインターネットでも非常に多くなっています。

 

【目次】

・たくさん借りる程、金利が安くなる?

 ・実際にはまとめて借りる方がお得

金利よりも無利息期間を利用する

 

1、たくさん借りる程、金利が安くなる?

キャッシングの金利の幅が「00%~00%」となっています。

この時、一体どの程度の金利を計算すればいいのかは実は簡単です。

 

初めての場合は数字が一番高い金利です。

要するに利息がたくさん掛かります。

 

限度額最高で借り入れした時は数字が低くなります。

要するに利息が少ないのです。

 

これは、利息制限法で決まっている事なので、騙しもないですし違法でもありません。

では、たくさん借りた方がお得なのかと言えばそうでもありません。

 

たくさん借りたと言う事は利息の額も非常に高くなります。

1000万借りた時に例え利息が10%でも100万円の利息です。

逆に100万円借りた時に掛かる利息が20%でも20万円の利息です。

 

これだけ見ると「返済できないな」

と思うかも知れませんが、

実際には低く見せるため一見して返済できる様に感じます。

 

月々で計算すると1000万円

借りたら10年返済の場合、相場だとせいぜい17000円前後です。

 

上の数字は気にせず実際には非常に高い利息が掛かっている事を意識して下さい。

ここで、重要なのは借りる場所です。

 

家のローンを支払う時に大体が銀行から借りるはずです。

これは、絶対的な位置で「銀行の金利が安くなるから」です。

 

金利の幅を見る時はコツがあり、家の場合、買い物の場合と分けて考えると良いです。

家の場合、基本的に金利の安い場所を選びややこしい返済にならない様にします。

方法は何パターンかありますが、詳しくはこちらから→

 

2、実際にはまとめて借りる方がお得

かなり危険な考えに思えますが、実際にはまとめて借りる方がお得です。

例えば同じ100万円を借りる場合、上記の様に考えると。

 

100万円を10回に分けて借りる→金利が10%

100万円を1回で借りる→金利が5%

 

本当の計算がこうではないにしろ、返済する額は1回で借りた方が安くなります。

この考えは、借りた事がない人にはできないでしょう。

 

お金に困っているからこそ、追い詰められてこういった考えに至る訳です。

 

3、金利よりも無利息期間を利用する

金利金利と言うよりもまず無利息期間を利用してからです。

最初に借りる時には利息なんて掛かりません。

 

無利息期間のサービスはどの企業よりも大きな魅力です。

何社かが行っているサービスですが、これを利用しない手はありません。

 

このサービスがある企業は審査に通りやすいと言えば通りやすいのです。

 

何と言っても、無利息期間の間に

返済してくれる可能性があり逃げられる心配が少なくなります。

 

お金を借りる時に何を始めに考えるかと言ったら3つくらいに分かれます。

・電話がないか?(在籍確認がないか)

・大丈夫なのか?

・返済できるのか?

 

大体がこんな不安です。

無利息期間のサービスがあり、在籍確認がないとなると実は厳しいのが現実です。

唯一、プロミスが無利息期間があり、在籍確認をなしにできる会社です。

 

在籍確認なしの会社はモビットもそうですが、無利息期間がありません。

 

プロミスで在籍確認なし+無利息期間を利用する手際のいい順序

1、プロミスのホームページからWEB申し込みを行う

2、入力はどちらでもいい、フル入力なら問い合わせ

(カンタン入力なら勝手に電話が掛かってくる)

3、電話連絡をなしにして欲しい旨を伝える

(この時に無利息期間サービスが適用されるか聞く)

 

更に郵送物をなしにして欲しい場合はWEB契約申し込みを行います。

もう一つ。WEB申し込みをして自動契約機でカードを受け取るにします。

 

プロミスにはもう一度無利息期間を契約できるポイントサービスがあります。

メールアドレスとWEB明細の利用が条件ですが、非常に効果的です。

 

お金を借りる時にもポイントが貯まる制度を利用し、少しでもお金を減らします。

これで、返済できるかどうかを悩むならどこでも同じです。

 

支払う利息が少しずつカットされていくので、返済も可能となって来るのです。

キャッシングを利用する時に金利はここまで重要となります。

 

できれば、借りる前にきちんとキャッシング会社に相談し返済可能かどうか?

を確認し、自分の給料やつい買い物したくなる性格だとか全てを伝えた方が後が楽です。

 

では、また次回!!