読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金がない時に心が安心する場所【クレジットカード、キャッシング、稼ぐ】

お金がない・・・どうしよう。から脱出したいなら役立つはずです。お金に関する安心を求めるならここしかない!行動を起こすなら今しかチャンスはない!

キャッシングする理由って何?第1位から第10位まで厳選紹介!

キャッシングする理由って何?第1位から第10位まで厳選紹介!

今回は早速、キャッシングする理由を第1位~第10位まで見てみましょう。

実は離婚理由にもなる輝く、第1位の正体やいかに!?

 

 

第1位はやはり、生活費、養育費が圧倒的

生活費、養育費は収入不足が原因です。

消費税等も上がる見込みですし、子供の将来も不安なのでしょう。

 

借り入れ件数は圧倒的です。モビットの会員数は40万弱。

プロミスの会員数は150万弱です。

 

この内の30%が養育費、生活費でキャッシングを利用しています。

そこから先はガクンと比率が下がります。

 

子供の養育費は学資保険や自動積立定期預金、国債投資信託などがおすすめです。

投資はちょっと・・・と言う方は保険や自動積立がおすすめです。

 

【第2位は商品の購入とサービスの利用】

主婦の場合は、急な出費もあるそうですが、第一位は変わりません。

商品の購入とサービスの利用が第2位に輝きます。

 

新商品が出るとどうしても欲しい、ブランド物が欲しいなど。

エステや話題のサービスを利用したい、こう思う人が多いのです。

 

とは言っても、全体の7%にも満たないです。(と言っても1位以外は同じです。)

 

【第3位は事業資金や冠婚葬祭】

会社を興すために必要な資金を借りるため、冠婚葬祭は主婦の場合です。

会社を設立するなら事業者ローンがおすすめですが、どうも認識がない様子です。

 

事業者ローンは会社設立や事業資金に適したサービスでキャッシング利用よりお得。

これを知らないと、最初からつまづいていると思った方が良いです。

 

まだまだ勉強不足だなと私も思いますが、これは知っておいて下さい。

 

【第4位は住宅ローン、借金、買い物】

借金の返済や住宅ローンの返済です。主婦の場合は買い物が多いそうです。

先ほどから主婦を混ぜているのは意外と多いためです。

 

主婦の意識調査の結果なので、ある程度は信用あります。

借金を返済するために借金をすると言う原理が理解できませんが、仕方ないです。

 

もの凄く、焦っていて何も考えなしに借りるのは危険と言う意味で言っています。

おまとめローン、手数料無料、シミュレーション、弁護士への相談。

 

これら全てで住宅ローンや借金の返済にあてて下さい。

副業と言う手段もありますよ?

 

【第5位はギャンブル、遊びのお金】

学生の場合、旅行に行くためのお金が上位にいきますが一般的には第5位です。

主婦の場合は上記に書いた以外の雑出費でしょう。(その他なので)

 

しかし、意外にもギャンブルに

はまっている人が借りている事が少なく年収が400万円以上の人だそうです。

 

ギャンブルに使っても、すぐに返済できる見込みがある人が利用しています。

これは、私的にも意外でした。

 

「ギャンブルをやる人がキャッシングする」のイメージはあり得ないのです。

 

【第6位は保証金、借金の肩代わり】

主婦は第5位までで終わりです。後は一般的な話しになります。

保証金や借金の肩代わりで、キャッシング利用。

 

これは、間違いのパターンです。保証金は絶対に駄目です。

 

知らない人のために保証金は

「もし、返済駄目だったら返してね?」の役割を持つ事です。

 

借金の肩代わりと同じ意味でも良いのですが、ちょっと違います。

保証だけ任せて逃げる人もいる世の中。信じる者は己のみ。

 

【第7位はケガ、病気、家族の治療費】

もっと上でも良さそうなものですが、治療費やケガが原因になります。

キャッシングに悪いイメージを持つ人もいますが、これで考えが変わるでしょうか?

 

家族や自分のケガのために多少借りる、凄く良い使い方だと思います。

 

何故かお金が無くて、そういう時に限って

ケガをしてキャッシングする人も結構います。

 

【第8位は貯金を多くし過ぎるため】

第8位以降はあまりないレアパターンですが、貯金のし過ぎです。

積立をすれば、お得になる!と思ってやり過ぎた人。

 

生活費と言えば生活費ですが、ちょっと違いますよね。

他にも継続的に借りている人、借金をして返して借金をしての繰り返し。

 

【第9位はまとまったお金が必要、もしくは旅行】

主婦友達が一緒に旅行に行くとか、一度だけまとまったお金が必要だとかです。

「これ」と言う理由がないのが、第9位です。

 

人によって様々で、旅行で少し借金の返済で少しなど。

使用用途がバラバラなので、あまりランクインしないのです。

 

【第10位は来るだけの人】

ここまでで実質終わりです。第10位は利用しようと設定はします。

しかし、使わない人です。

 

クレジットカードでもそうですが、設定だけして終わりです。

一体何のためにキャッシングを利用しようとしたのか?

本当にお金に困っていたのか?

 

店舗に来て、やっぱり止めたと考えます。

結果的に言えば、一番幸せな道なのですが、気付くと店舗にいないパターンもあり。

 

キャッシングする理由は結局は生活費や養育費が多く、健全

借金と言う悪いイメージのあるキャッシングサービス。

しかし、キャッシングサービスを利用する人は日本人口の10分の1程度です。

 

随分、多くの人が利用する様になったと言えます。

前時代的なキャッシング=お金の無い人のイメージはありません。

 

普通に一般に浸透しており、テレビでも堂々とCMされる程有名です。

 

生活費や養育費のためにキャッシング

を利用したら更にお金に追い込まれるだけと思うでしょうか?

 

良く考えてみると、今その時が大変なだけで何とかしようとしているはずです。

給料が上がるなら返済の見込みもありますし、副業でもOK。

 

返済できる可能性があるなら、困っている時に利用するのも一つの道です。

 

もちろん、キャッシングサービス

を利用しなければ何かが不都合になる訳でもありません。

 

しかし、子供のため将来のためと考えて

自分の稼ぐ金額を先に前借りしておくのが

キャッシングと考えてみてはいかがでしょうか?

 

そうすれば、自然とキャッシングに

対する悪いイメージはなくなるかも

知れませんね!

 

では、また次回!!