読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金がない時に心が安心する場所【クレジットカード、キャッシング、稼ぐ】

お金がない・・・どうしよう。から脱出したいなら役立つはずです。お金に関する安心を求めるならここしかない!行動を起こすなら今しかチャンスはない!

滞納したでしょ?クレジットカードの支払いを地獄にする前に

滞納したでしょ?クレジットカードの支払いを地獄にする前に

 

滞納したでしょ?なんて失礼な事を言いました。

クレジットカードの支払いを滞納する人もいます。

 

誰でもやります。

忘れたとか面倒だとか

どうしても欲しいものがとか!!

 

・・・許されるのは1度、2度だけです。

それ以降は許しされません。

 

「仏の顔も3度まで」と聞いた事があるでしょうか?

同じです。カード会社も3度目

以降はもう取り返しがつきません。

 

【目次】

・クレジットカードの信用は5年間消えない

・ローン、カードローン、クレジットカードの審査を諦める

・リボ払い地獄を抜け出す方法

ブラックリストに載ってしまう実例

・クレジットカード地獄から抜け出す・脱出方法!

 

クレジットカードの信用は5年間消えない

 前にも記載しましたが、個人信用情報は5年間記録されたままです。

何を言ってもあなたが悪い訳です。

 

一生ではないのできちんと

返済して、それから5年間反省の色

が見えれば消えます。

 

反省の色とはきちんと返済する、滞納しない、延滞しないです。

滞納と延滞はほぼ同じ意味です。

 

延滞と滞納の期限は3ヶ月。絶対です。でないとブラック行きです。

 

3ヶ月延滞、滞納。更に5年間、個人信用情報に影響が出る。

するとどうなるのでしょうか?

 

借金地獄になります。一度の滞納が2回、3回の滞納地獄になる訳です。

 

 

ローン、カードローン、クレジットカードの審査を諦める

 住宅ローンもだめ、カードローンもだめ。クレジットカードの審査

も通らない。最後のクレジットカードの審査だけは何故かなあ?

と疑問に思う人も多い様ですね。

 

【全ての個人情報はCICの元で行われる】

クレジットカードの審査に通らない原因はただ一つ。

全てのクレジットカードの審査にはCICを通すからです。

 

要するにあなたが過去に延滞して5年間のブラックに入っている

事を把握しているのです。

 

なので、どこのクレジットカード会社に申し込みをしても無駄

です。当然ですね。支払える信用がもう無いのですから。

 

体験談を見るとかなり深刻な人もいますね。

・支払いを滞納していたのにクレジットカードだから

 いいかとどんどん滞納。それでも1000円位の

 サービス付きセミナー!ま、いいかと。

 

更にせっかくの大学生。社会人になる前の最後の遊び放題

プレゼントみたいなもの。

 

遊んで遊んで遊んで。お金が無くなって。それでも楽しくて。

気付けば、家賃、光熱費滞納。貯金なし。

 

カード会社から催促の電話。家賃も支払えない。

一日中仕事をして、お金を支払い終わった!と。

・・・でも、5年間のリスクは消えない。

 

クレジットカードの5年間リスクに加えて

ローンも組めない5年間のリスクを抱えます。

 

ネットでは、ブラックになっても大丈夫だった!

なんて言っていますが、信じない方が安全です。

わざわざ、危険な道に行かないで下さい。

 

この方は友人の事とか記載がありますが、自分の事でしょう!

よく何か聞く時に「俺、私じゃないんだけど」の言葉を使う

人がいますよね?バレバレなのでやめましょう!

 

一人に通じても、もう一人には通じません。

 

CICはどう判断しているのか?】

CICは1ヶ月滞納すると「未入金Aマーク」を付けます。

これは一時的なものですが、「チェック人物」になった訳です。

その後で支払いが問題なければ、「$マーク」として信用が上がります。

 

クレジットカードの支払いを滞納しない場合、「$マーク」のまま維持されます。

しかし、支払いに問題があるとすぐに対応してくるのです。

自分の信用情報なんて見ていないと思うかも知れません。

 

しかし、CICに情報開示を求めると

きちんと見ている事が分かるはずです。

 

もちろん、「$マーク」の方が信用が高く

何も問題ない人物として登録されています。

 

もしも、「$マーク」がない場合、

クレジットカード会社が「$マーク」を付けない会社かも知れません。

 

なので、言葉は悪いですが、早とちりは考えてからにして下さい。

 

諦めるのは早い!リボ払い地獄から抜け出す方法!

滞納したからと言って諦めるのは早いです。

リボ地獄から抜け出す方法はあります。

 

まずは、自分の支払い状況を確認しましょう。

1、繰上げ返済で支払い額を増やす

2、リボ払いを解除できないか相談する

3、月々の返済額は決してお得でない事を理解する

 

今更・・・と思うかも知れませんが、リボ払いはお得ではありません。

利息が増えるばかりの分割払いよりも更に痛いやり方です。

 

キャンペーンポイントが魅力でリボ払いしたくなる気持ちは分かります。

しかし、それでは損をする結果となるのです。

 

一概に言えませんが、1番から順番に確認していきましょう。

 

【1、繰上げ返済で支払い額を増やす】

繰上げ返済すると、毎月の自由に使えるお金が減ります。

しかし、一時的に減るだけです。

 

すでにリボ払いにした事が間違ったと思い、支払い額を増やして下さい。

 

【2、リボ払いを解除できないか相談する】

難しいかも知れませんが、リボ払い設定を解除できないか相談しましょう。

どうしても利息的に返済できなくなる事を伝えれば何とかいけるかも知れません。

膨れ上がり過ぎたリボ払いの額は弁護士や司法書士のレベルになります。

 

状況が50万円以下でない場合、無料相談する区域に達しているのです。

 

【3、月々の返済額は決してお得でない事を理解する】

月々の返済額は一定で見ただけだとリボ払いは計画的な支払い方法です。

しかし、ネットを検索してみて下さい。

 

「リボ払い 地獄 脱出」「抜け出す」

この様に検索に引っかかるはずです。

 

難しい事を記載されて、数字だらけで

素人に分かりづらくしていますが、リボ払いは支払いとしてゴミです。

 

言葉が悪いですが、計算するとそう言いたくなります。

 

一括払いと比べて気付いたら

10万円とか20万円とかリボ払いだけの利息で支払っていますよ。

 

あなたの支払いを詳しく調べれば分かるはずです。

リボ払いの利息がどれだけ大きいか理解できるでしょうか?

 

難しいと感じるなら支払い明細を持っていって

恥ずかしがらず計算してもらいましょう。

 

自分が今まで苦しんだ結果がリボ払いだった事に気付くはずです。

 

ブラックリストに載ってしまう実例

インターネット上の話しでも役立つと思います。

早速ケースを見てみましょう。

 

・多重申し込みをする

・お金を支払わない期間が長い

・クレジットカード現金化を利用

・自己破産や任意整理をする

・会社自体が同姓同名と勘違いしてしまった

・携帯電話の支払いが滞っている

 

様々なケースがありますが、一番多いのが支払いが遅れる事。

やはり、滞納するとブラックリストに載ってしまう可能性が

非常に大きくなります。

 

最終的に裁判になったら大変です!

滞納したら、3ヶ月程度で訴訟問題になる可能性が出て来ます。

とにかく、放置よりも電話です。

 

電話に出続ければ一応、訴訟は回避できます。

例え、5年のリスクを抱えても

訴訟よりは安心できます。

 

弁護士や司法書士に相談する事も可能なので

もしも、滞納問題で悩んでいるなら

その線を考えてもいいと思います。

 

クレジットカード地獄から抜け出す・脱出方法

クレジットカード地獄から抜け出す方法は簡単ではありません。

それでも、知っておいて損する知識ではありません。

 

クレカ地獄は何も使い過ぎる事から始まる訳ではありません。

見落とすだけで借金地獄にはまる可能性もあり、最悪な状況になります。

 

中には気付かない内に100万円の借金になっている人もいるのです。

あなたはどうでしょうか?

 

クレジットカードは気付かない内に100万円の借金になるかも?

繰り返しか・・・と思ったでしょうか。

クレジットカードを作る時、リボルビング払い設定をONにしましたか?

 

リボ払い設定をONにしただけでは大丈夫です。

問題は、店舗でよく「一括で宜しいですか?」

この一言です。

 

余計な事を考える人やメールを

見る人はリボ払いにするとお得ですよ~!

とか見ると思います。

 

しかし、リボ払いにすると上記の様な結果に陥ります。

これは、後からリボ払い設定をした場合も同じなのです。

 

要するに

1、店舗で一括払いでお願いしますと言った

2、メールでリボ払いがお得!を見て、じゃあやろう!

3、一括払いにした事が抹消され、リボ払いになってしまっている

4、明細を見ていない人がいつの間にか1年後に100万円の借金

 

これは、実際にクレジットカードを初めて発行した人がはまった罠です。

明細を見ていれば、そんな事はありませんが、最初は要注意です。

 

一度リボ払いで作った借金は消せません。

支払う事になってしまうのです。

 

この方の場合、ポイント、ポイント!

お得、お得!とクレカの便利さにはまってしまった例です。

 

考えずに使うと、どんな便利なものでも牙をむきます。

皆さんがそうならない様に

これからもこのサイトでお伝えしたいと思っています。

 

では、また次回!!