お金がない時に心が安心する場所【クレジットカード、キャッシング、稼ぐ】

お金がない・・・どうしよう。から脱出したいなら役立つはずです。お金に関する安心を求めるならここしかない!行動を起こすなら今しかチャンスはない!

クレジットカードの仕組みを超理解できる!決済はこんなに簡単!?

クレジットカードの仕組みを超理解できる!決済はこんなに簡単!?

クレジットカードの仕組みなんて今更聞けないよ・・・。どう決済してどう言えばいいのか?クレジットカードの仕組みを説明します。決済方法や注意点、実際に使っている上で気付いた事も記載するので、初めての方はしっかりと読んでもらいたいです。

 

クレジットカードが手元に来るまでの経緯は単にカード会社に発行したい!と審査をお願いするだけです。

 

「クレジットカード おすすめ 2017」とかで検索に出ますので、仕組みを理解できたら、そちらを参考にして頂ければと考えております。私のブログでも様々なクレジットカードの記事を記載していますが、いかんせん信用に足りないかも知れません。総アクセスだけなら始めたばかりですが、3万は超えています。これで信用に足りるかは判断はお任せします!

 

クレジットカードは使い方によって社会人のたしなみ、節約、生活の基礎となる部分があります。段々と持っていて当然のイメージになっているので、仕組みを常識範囲で理解してほしいと思い、この記事を立ち上げました。

 

クレジットカードの仕組みはこうだ!

【クレジットカードの仕組み①】

1、カードをお店で使う

2、お店がカード会社に手数料を支払う

3、カード会社が手数料を確認

4、カード会社がお店に代金を払う

5、私達がカード会社にお金を支払う

 

の流れとなります。図で説明しますが、今はこちらの文章だけで失礼致します。手数料を支払う分、お店側にはダメージとなりますが、今の時代はクレジットカードが使えないお店はNGとなります。そもそも、手数料を支払っても商品を購入してくれた方が売り上げになるので、あまり気にしなくていいです。

 

クレジットカード決済の仕組みは上記1~5の通りですが、クレジットカードを使うと支払う方法を聞いてくるのが一般的です。決済の仕方や仕組みについては下記で記載します。

 

難しそうに他のブログ記事でも記載されていますが、はっきり言ってカードを発行する、カードを使うだけが私達のやる事です。リボ払いやETC、キャンペーンなどは全てオプションの様なものです。

 

カードを使うだけでポイントが貯まり節約になる・・・これだけがクレジットカードと現金だけを使う差です。もちろん、銀行口座にお金がなく、延滞とかの話しになると厄介ですが、仕組み的にはごく単純なのがクレジットカードです。カードを使う人が気にするのは、お金の支払いのみです。

 

【クレジットカードの仕組み②】

支払う仕組みが理解できたら、次は銀行口座との連携です。クレジットカードは「お金の引き落とし」が基本の支払い方法です。

 

お金の引き落としとはカード会社が銀行口座からお金をもらう事です。クレジットカードは商品購入と同時に現金を支払う訳ではなく、「引き落とし日」が決まっています。これは、カード会社によって違いがありますが、大体は10日、15日、20日となっている様でした。

 

クレジットカードで商品を購入した代金はまとめて支払うのがクレジットカードの基本です。これが引き落とし日に一ヶ月分「ドンッ!」と引かれる訳です。20万円使ったら20万円はその場では減らず、カード会社ごとに決められた引き落とし日に「ドカッ!」と来ると考えて下さい。一気に20万円減っているので、これで少し使い方に冷静になるかも知れません。

 

この引き落としはカード会社が勝手に銀行口座を調べるのではなく、クレジットカード発行と同時にお金の支払いをする(引き落としの場所にする)銀行口座との紐付けを行います。手続きが完了すると、正常にカードが使える様になる訳ですが、注意点もあります。

 

【クレジットカードの仕組み③】

引き落としの銀行口座を決めるのはいいのです。問題は残高です。クレジットカードには「限度額」なるものが決められており、カードの発行と同時に一ヶ月で使える金額が決められます。これは、あなたがどれだけカード会社に信用されているかで決まるそうです。

 

「限度額」は持っているお金に関係なく使えてしまう金額です。あなたが全財産合わせて10万円しかなくても限度額が20万円と設定されていれば、20万円分のお買い物ができてしまうのです。これをやってしまい、引き落とし日を迎えると「引き落としできません」と通知が来ます。これが俗に言う「延滞」です。

 

他の記事でも専門家の意見でも見ましたが、最近は「1日でアウト」になっている様です。クレジットカードを発行する審査は緩くなりましたが、「延滞は61日以上でアウト」説はどうやら嘘と言われる様になりました。

 

これを踏まえるとクレジットカードの仕組みの中でも「延滞」はかなりやってしまいがちなミスです。うっかり使ってしまうとすぐに「延滞」「ブラック扱い」になってしまい、最悪の場合クレジットカードを手放す危険が降りかかります。

 

こうならない様に銀行口座の残高を意識しつつ、クレジットカード生活を送る事をおすすめします。よくある質問にも引き落とし日に間に合わなかった、現金を使う事と比べて消費している感覚がなかった・・・とかあります。

 

「延滞」にならない様にクレジットカード引き落としの仕組みはしっかり理解しておいて下さい。

 

ちなみに私の場合は一ヶ月の限度額20万円の場所もあれば、もっと高い場所もありました。これはどうしてなのかと言うと2枚目だからとか延滞しなかったからとか初めてのカード発行だからなどの理由が関わるみたいです。

 

 

 

【始めに:クレジットカードを作る時に必要なもの】

クレジットカードを作るために必要なものは

・明確な住所

・身分証明書

・カードを引き落とすための口座番号

・未成年の場合は保護者の同意書が必要です。

 

運転免許証でも健康保険被保険者証でも住民票のコピー(6ヶ月以内)

でもいいので、とにかく持っていきましょう。(学生証は駄目)

 

【注意点】

引っ越す直前にクレジットカードの審査を通すと駄目な事は知っておいて

下さい。カードが転送不要で送られるので、引っ越すとクレジットカード

を審査を通した会社に返す事になります。

 

今、あなたが住んでいる住所しかだめなのです。

 

基本的にどれを選んでも手間や時間は変わりません。

あえて、言うならインターネットはその場なので

店舗に行く面倒がありません。

 

更にオンラインキャンペーンを利用すると、9000円

だとか6000円だとかボーナスポイントが付く事が

あります。

 

その分だけ、オンラインの方が有利になります。