お金がない時に心が安心する場所【クレジットカード、キャッシング、稼ぐ】

お金がない・・・どうしよう。から脱出したいなら役立つはずです。お金に関する安心を求めるならここしかない!行動を起こすなら今しかチャンスはない!

クレジットカードの審査の不安を消そう!8つの秘策で即解決!

クレジットカードの審査の不安を消そう!8つの秘策で即解決!

 

【目次】

・クレジットカードの審査に申し込む!

・8つの秘策で審査を突破!

・通りやすい人、通りにくい人の違い

・落ちる理由とは?

 

クレジットカードの審査に2回も3回も落ちたらどうしよう?

クレジットカードの審査は最初は

誰でも不安が多く、怖いです。

 

実は私も初めてのクレジットカード審査

の時は若干ですが、不安だったのを

覚えています。

 

ポイント狙いと言う事もあり、

「そんな気持ちで通るのか?」

と自分一人で悩んでいました。

 

実際に2回、3回審査落ちしたらどうなるのか?

二度とクレジットカードを利用できないのか?

どうしてもその会社でないと駄目なのに!

 

審査の要点や基準は必ずあります。 

 

この様な疑問を今回は記事にしています。

 

クレジットカードの審査を申し込む!

クレジットカードの審査に臨む前に

したい事!それは、早く申し込んでみましょう。

 

ちなみに私は4回連続でカード発行

に成功しています。

 

いずれも一日以内に審査に通って

いる事実を持っています。

 

審査基準は年収、居住年数、会社の規模

や個人の気持ちもあります。

 

8つの秘策で審査を突破!

8つある秘策ですが、8つ全部を

こなしたからと言って、確実に通る

とは言えません。

 

一応、私の体験談も含めて審査に

通った状況を解説します。

 

1、【紙なら丁寧に書く事】

 

紙の申込書で書くなら文字が汚いと

結構審査に落ちやすい傾向にあります。

 

お金の管理を任せてくれるのが

クレジットカードの審査と言う

ものです。

 

一度目は疲れる程に真剣に入力

しました。

 

インターネット申し込みなら入力

間違いのない様にしたいです。

 

2、【嘘を書かない】

 

クレジットカードの審査でよくいるのが

年収に嘘を書く人です。

 

嘘と言っても、190万円を200万円

と記載するのは四捨五入的にありです。

 

ネットにも年収を少し多めに書くのは

問題ないと記載があります。

 

私もそうしました。4回とも全て、

同じ様にしましたが、全く問題ありません。

 

3、【個人情報を気にしない!空欄を埋める】

 

個人情報だから!と言って年収とか年齢

を書きたくないと思う人がいますが

これは99%NGです。

 

年収が分からないと最低ショッピング枠

の10万円程度を12ヶ月使えるのか?

と疑問になってしまいます。

 

私の見解ですが、年収120万円はないと

なかなか厳しいとは思います。

 

しかし、無職でない限り審査に通るとも

言われるので、これは微妙です。

 

この事から個人情報を埋める=支払える人かどうか?

をクレジットカードの会社に伝える事ができます。

 

あまりにも空欄が多いと情報が掴めず

支払えない人なのかな?年収がよっぽど

低くて、書けないのかな?(書くのが嫌)

 

とか、書くと審査に落ちそうだから書かないんだろうな・・・。

 

と勘ぐってしまいます。

 

クレジットカードの審査でよく言われる

「個人の性格」は空欄が多い誤字脱字が多い

で見られている訳です。

 

4、【とにかく見直す】

 

記載が終わった後はとにかく見直しです。

私の場合は向こうから電話が掛かって来る

ぐらいに不明な点を書いてしまいました。

 

しかし、その電話に出た時は

「あの・・・申し訳ありませんが・・・」

と向こうが話して来ました。

 

最終的には

「では、これで最後の審査に移りますね♪」

と電話の向こう側が笑顔な事が分かるほどでした。

 

この時に「自分の性格を見て審査通ったかな?」

と思いましたが、数十秒後「審査に通りました」

のメールが来ました。

 

実に早かったです。電話で私の性格は審査の内

「良好」と判断された・・・そんな気がします。

 

この様に多少間違えても向こうはあまり

気にしません。大切なのは

「忙しいんだよ!!」とか言わない事。

 

怒鳴り散らすと最悪の場合、二度と発行

できなくなります。

 

これもインターネット上にある話しです。

 

5、【キャッシング枠を0円にする】

 

クレジットカードの審査の途中にある

キャッシング枠で使いますか?

それともショッピングですか?の二択。

 

普段のお買い物とかに使うの方を選ぶ

のが最大の攻撃点。

 

できる事ならリボルビング支払いも

全く使いませんよ?の方が全然いいです。

 

実際、私もこの2つは0円のままです。

・・・勝手に付けられたのは向こうの都合でしょう。

 

6、【審査の前に電話して誠心誠意を見せる】

 

グレーゾーンとも言われますが審査の際に

電話をする方法です。

 

確実に発行できるとは言いません。

しかし、向こうが性格を知る事ができます。

 

顔が見えないネットの申し込みの前に

電話であなたの性格が良好である事を

アピールします。

 

ここまでする人はそういませんが

どうしても御社のカードが欲しい!

と言う事で審査に通りやすくなる・・・そうです。

 

7、【落ちるカードに申し込まない】

 

題名通りですが、クレジットカードヒストリー

と言う言葉が存在します。

 

最初に審査の厳しいカードに通そうと

すると心が折れますし、「ああ・・・」

となってしまいます。

 

審査の緩いカード、厳しいカードは

この世に存在すると知っておきましょう。

 

特に楽天カードやYJカードは流通系カード

と呼ばれ、非常に審査が緩いです。

 

YJカードは審査が最短2分で速攻で

大量のポイントがもらえるキャンペーン

もやっています。

 

逆に三井住友クラシックカードなどの

銀行系カードとなると難易度が上がります。

 

消費者金融系→流通系→信販系→航空系→銀行系

の順番に厳しくなるはずです。

 

ネットでもよく言われるACマスターカード

は審査が一番緩いカードの一つです。

 

ただ、リボ払い専用なので普段使いにおすすめは

しません。クレジットカードヒストリーを積む

ためにはいいカードです。

 

8、【自分がカード会社ならあなたをどうする?】

 

カード会社からすればお金を支払って

くれれば、それでOKです。

 

今のあなたの状態はあなたにしか

分かりません。

 

「もっとヒドイ人いるよ、ゼッタイ!」

とかではなく・

 

「私を落としたらカード会社潰れるな」

くらいのステータスをお持ちでしょうか。

 

ステータスと言っても年収や居住年数

になるのですが、どうでしょう。

 

落ちた理由は実は分かってると

言う顔で調べまくる人もいます。

 

しかし。今の状態でダメなら

さっさとステータスを上げる

のが先決です。

 

それがクレジットカードヒストリー

に繋がる訳です。

 

一度落ちても、半年あければ

再審査を受け付けてくれます。

 

連続申し込みは更にNGになる

ので要注意。

 

 二度とクレジットカードをその会社で発行できない!

と言う訳ではなく、「見送りにされた」と思いましょう。

 

【審査落ちの理由】

・一度、クレジットカードの審査に落ちると再申し込みしても

 同じ結果になる事がほとんど。(普通のレベル)

 

・半年の間、信用情報の「ブラックリスト」に載るので

 再申し込みしても審査落ちする可能性がある

 

・過去の金融絡みで何か借りて問題を起こさなかったか

 考える事(借金を延滞したなど)

 

カード会社も一般会社なので、発行するのは簡単でも

必ず、信用情報機関に問い合わせをしています。

 

カード会社はお金を支払えない可能性のある人に

お金の支払いが「後払い」になるカード発行は

審査を厳しくせざるを得ないのです。

 

要するにあなたが全く知らない他人に100万円

貸したら、不安になりますよね?

 

カード会社も同じです。こっちは知っていても、向こうは

知りません。

 

だからと言って、カード会社も全くの他人を信用する訳

ですから、過去に何らかの「金融事故」がなかったか調べる

と言う流れになります。

 

もちろん、期間など関係なしにクレジットカードの審査に

申し込みできる会社も多くあります。

 

【どうしても同じ会社でカード発行したい!】

私もそう思います。何故かその会社でカード発行したくなります。

悔しいのか何なのか分かりませんが、気にはなります。

 

他のクレジットカードの会社にはCIC」と言う個人情報機関

を通じてばれてしまうので、避けては通れません。

 

前述した通り、「審査落ちしても自社なら!」と言う場所はあります。

 

【審査落ちした場所に再申し込みするなら、基準と原因を】

審査落ちしてそのままでは2回、3回落ちるのは99%の確率です。

事実、ネット上にも店舗にもそういった話しをする人は

巨万(ごまん)といます。

 

・安定した収入が見込めない

・他社からの借り入れが多い

・他社借り入れが年収の3分の1ぎりぎりの数値

・信用情報にキズがある(返すのを無視したなど)

・再申し込みは半年後で(自動審査落ちと言うシステムがあります。)

 

最低でも上記の5つは知っておいて下さい。別の記事で取り上げますが

大きな原因はこの5つの項目で十分です。

 

また追加します。

 

お金に苦労するのは今日で終わりに!